Category Archives: 音楽

TOMOVSKYライブ@紫明会館

■日時2021年12月5日(日)17:00
■会場:紫明会館

土曜日終日仕事だった代休をとって
すかさずトモフスキーライブ@京都。
なんて素敵なタイミングでしょう!

もう、今や、トモフの癒しが入らないとやっていけない。

紫明会館という文化遺産の建物です。
とても素敵な空間。
トモフワンマンなのでバンドはなく、
手配のsole cafeさんかな?音響するくらいで
あとは全てトモフ一人。

脚でリズム隊、
基本のギターに
頑張ってるピアノ
そしてボーカルね。

曲順もいつものように汚いクリアファイルに書いてるけど
その曲順表をなくしてしまい、
しばらく探し回る。

こんなグダグダでもトモフの優しい気持ちが伝わるから
全然オッケー。
ずっと一人で休みなく歌いしゃべり続けて
30曲以上3時間も疾走してくれました。

曲もちゃんとみんなが聴きたい曲が入れてくれる。

終わったらとにかく幸せ感に満たされる。
この後、京都のお友達とご飯行ったんだけど、
あまりにニヤけてて驚かれたわ。

*Set list
もみぢ/紅葉した55歳/ほめてよ/骨/ゴルゴ13 is coming to キッチン/
ワリトスグニ/タイクツカラ/SOX/コインランドリーデート/耳鳴り/
冬の実験/人工流れ星/ほうき/ミトンの季節/夕焼けこやけ/
中国のことわざ/世界が止まってるあいだ/いとしのワンダSKIP/
GO!GO!GO!/無計画という名の壮大な計画/WE GO/光をあつめて/
最高の錯覚/スポンジマン
アンコール:人生は無限だ/こころ動け/
(ここから佐々木さん飛び入り)
作戦会議/いい星じゃんか/脳/真夏/我に返るスキマを埋めろ/
(三宅さんも参加)
映画の中/きよしこの夜

全員が主役でちょい役だよ「映画の中」

ショパンコンクール


クラシック好きのお友達に引っ張られて
ショパンコンクール追ってます。

すごい世界になったよねえ、
ポーランドでの演奏を
日本にいながら生で視聴できるのですから。

なにせニワカなので、これまでがどうだったか知らないけど、
結果だけが伝わってきて
ああ、そうなのかあ、っていう状況だったはずよね?
今では世界中からみんなが聴いて
審査員でもないのにあれこれ意見を言う。
Twitterではいろんな意見が飛び交ってて
いろいろ学ばせてもらってます。

大きくなった牛田さんを確認し、
深夜にもかかわらず、
角野さん反田さんをライブで拝聴。
ここのところ残業続きなので
翌日の仕事はつらかった。

ピアノは習っていたし、
子どもたちにも習わせていたけれど、
クラシックを聴く素養はなく、
引っ張り煽ってくれるお友達に感謝。
どんどん情報入れてくれるので面白くなる。

牛田さんが3次に残れなかったのは大変残念で、
ネットでは角野通過牛田落選論争があっていたようですが、
もともと角野さんはYouTubeをフォローしてたので
そのまま注目。
3次の「葬送」好きだったけどなあ。

ショパンコンクールというものは
ショパンに敬意を払いながら、その心を伝える。
日本人には難しい課題よねえ。

そんな中、
反田さん、小林さん
ファイナル進出おめでとうございます!
小林さん、2回連続素晴らしい!
ライブ視聴は難しいけれど応援しております。

TOMOVSKY新譜『WE GO』


愛するトモフスキーの新譜が到着。
封筒の宛名書きもトモフ直筆。
メッセージもsasaの名前入りで入ってました。
「そっちをたのむぜ!!」
承知いたしました。
でもそろそろ九州にも来てね。

コロナ禍で作った作品なので
意識した歌詞が多い。

「いちいちコロナのせいにしない
コロナ関係なし!」

「しない善よりする偽善」

「ズルをしてても
法にフレてでも
キミは生きててね」

「あの頃に戻りたいって
そういうコト言わない」

ってことで

WE GO!

映画『アメリカン・ユートピア』


話題になってるのでレディースデイの仕事後に
観てきました。

ボラプ同様、トーキングヘッズのファンでもなんでもありませんが、
ミュージカル映画って聞いてたの。

ミュージカル映画ではなかったですね。
トーキングヘッズのライブ?
でも、バンドではないしなあ、
ストーリーはあって曲が流れていく、
デヴィッドバーン曰く「ショー」。
確かに劇場でやってたステージの実写です。

最初に脳みそ(もちろんレプリカ)をもったデヴィッドが登場し、
人の脳みそは赤ん坊の時がピークで
成長するにつれ、失われていく、
つまり大人の方が赤ん坊より脳レベルは低い
とかなんとか…。

それから歌とダンスが始まります。
ステージと衣装はすべてグレー。
そこにライティングで濃淡が生まれたり、
カメラが俯瞰で映したり。
画面の色味が抑えてあるからダンスが映える。

そして、デヴィッドバーンかっこよいです。
とにかくセンスがいい。
かなりのお歳と思うけど、声量に衰えなし。
こんなにかっこよかったのねえ。

選挙啓発に尽力してるらしく
大統領選挙もだし、地方選の選挙率の低さを痛烈に批判。
政治的無関心は日本だけなのかと思ったら、
アメリカもそうなのね。

最後はまた脳みその話になり、
人の脳はどんどん退化するけれども
歳を経れば人と人とのつながりという大事なものは深められる
みたいなことで終わりました。

アルバム『アメリカン・ユートピア』を聴いたこともなく、
全盛期のファンでもなかったけど、
ときどき知ってる曲が出てきたし、
知らない曲も心地よかった。

藤田真央くん@『題名のない音楽界』


4月17日放送。

クラッシックには造詣が深くないんだけど、
たまたまつけた『題名のない音楽界』。
小曽根さんが出演されてたので見始めると、
クラッシック界の若き天才ピアニスト藤田真央くん。

藤田くんの熱望で小曽根真との競演が実現したらしい。

即興が苦手で…という藤田君の質問に応えて、
ちょっとやってみようと誘って二人で8小節ずつ
かわりばんこに弾き始める。
そのうち、小曽根さんが仕掛けてきて
どんどん引っ張って盛り上げていく。

藤田くんの表情がおっかなびっくりから
ワクワクしてきて、その目が可愛い~。

曲も聴いててとても楽しくて。
お友達に聞いたら、藤田くん人気らしいね。