Category Archives: テレビ・ドラマ

テレビ録画『スパイの妻』


【監督・脚本】黒沢清
【脚本】濱口竜介、野原位
【キャスト】
蒼井優、高橋一生、坂東龍汰、みのすけ、玄理、東出昌大、笹野高史

ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した作品。
映画館で見たかったけど、テレビドラマバージョンで。
※ネタバレします。

*1940年の満州。恐ろしい国家機密を知った優作(高橋一生)が、
正義のために国を裏切ってでも真実を世に知らしめようとする。
それを知った妻の聡子(蒼井優)もスパイの妻として、
愛する夫と運命を共にすることに誓う。

主演の二人が上手だから、
愛し合ってるものの本心なのかだましてるのか、
だまされているふりをしてるのか
わざの罠をかけているのか、
ずっと探りながら話が進む。

優作は一人で決行するつもりだったが、聡子の熱意に折れて
一緒にアメリカに亡命し、告発しようと計画する。
現金は危険なので、闇市で貴金属や時計に交換する。
スパイ気分で大はしゃぎの聡子。
この様子をみて、優作に思うところがあったのか、
最初から決めていたことなのか。
一緒にいると危険だからそれぞれ別ルートでの密航を計画し、
船に乗り込んだ聡子は、密告ですぐにみつかり、密航に失敗。

この密告者が優作だったと思われるのだけど、
そこは明らかにはされない。
別ルートでアメリカに渡った優作の消息も知れない。
聡子はその後アメリカに渡るのだけど、
それからどうなったのかも語られない。

なので、受け取り方は観客に委ねられる。
スパイ気分の聡子に、そんな遊び半分の気持ちじゃ
密航なんてできないし、アメリカでも通用しない、
そうなるくらいなら、はやめに捕まった方が
聡子のためだ、という優作の愛ゆえの決断だったと思いたい。

高橋一生は飄々と掴みどころがなく怪しげで
蒼井優は昔の女優風に口を開けない早口言葉に
クラシカルな衣装がよくお似合い。
二人とも美しい。
付け加えると、ナイロンみのすけさんの台詞が
聞き取りやすくてきれいだわ。

録画『負傷者16人-SIXTEEN WOUNDED-』


■作:エリアム・クライアム
■演出:宮田慶子
■出演:井上芳雄(マフムード) 益岡徹(ハンス)
東風万智子 粟野史浩 あめくみちこ

今さらながら、やっと10年前の録画を鑑賞。
予想はしてましたが、重たい作品でした。
ユダヤ人とパレスチナ人のお話ですからね、
日本人には理解できない世界でもあります。

けどね、テーマはちゃんとつかんだ気がします。
舞台はずっとパン屋セットのままで、
ナチスやテロの話はその外での出来事として展開します。
人種や宗教の違いで、外では闘いがあっても、
パン屋の中では、ひとりの人と人。
いくらケンカしても真意は伝わるし、
そんなことは関係なく信頼関係や友情は生まれる。

王子が得意の悩める役。
怒りも悩みも、ラストの葛藤もさすがです。
相手は益岡さんなので大船にのってます。
ハンスの最後の説得が果たされなかったこと、
マフムードにはあの道しかなかったのか、
つらい結末となりましたが、素晴らしい作品でした。

クリスマスの約束2021

もう年の瀬ですが、今日録画を観ました。
ちょうど帰省中の次男もこの番組好きなので
嬉しいことに二人でじっくり視聴。
大好きな小田和正さんの大好きな「クリスマスの約束」。
一体どうすればあの会場に参加できるのでしょうね。

安定の委員会メンバーにJUJUさんなど。
小田さんのお気に入り松たか子さんは
ナレーションのみで会場にはいらっしゃいませんでした。

緑黄色社会は、松井絵里ちゃんがPVで踊ったなあ、とか
「白い恋人達」はサザンよりいいなあ、とか
「流星」は拓郎さんへの小田さんの気持ちが見えたり、
「悲しみにさよなら」だけは玉置浩二さんには負けたな、とか
映画メドレーはミュージカルばっかりじゃん、とか
とても楽しんでいましたが。

「それでは、最後の曲です。
あの頃を思い出そうという曲です」という小田さんの紹介で
始まった曲は
「Try to remember」

う…
ここにきてこんなことになるとは…。
お分かりの方いらっしゃるかな。
この曲、ミュージカル『Fantastics』の曲なのです。
鹿賀丈史さん演じるエル・ガヨが歌います。
ルイザのこと思い出してねって言われてるようで、
涙が出てきました。

FSN歌謡祭

最近はこういう音楽特番に必ずミュージカルコーナーがあるので見逃せない。

王子は次作「ガイズ&ドールズ」を仲良し健ちゃんと登場。
王子が適当に突っ込むのを
よくわからない方向からボケる健ちゃん。
妙に甲高いのもおかしい。
王子がバシッと腕を上げてキメルのを真似てみるけど
キマラナイんだよなあ。
いや、いいんだよ、今や立派なシェイクスピア俳優ですから。
それに誰かさんのように、自分が自分がと出しゃばらず
ちゃんと二人の世界のデュエットになっている。
愛すべき仲間と一緒なので
もはや仕事してるようには見えない。

次に『ジャージーボーイズ』。
ヴァリができるのはアッキーだけだとずっと言われてきて
今回初めてダブルキャストとなった花村想太くん(Da-iCE)。
全く存じ上げないぞ、
まあ、お手並み拝見、
なぁんて意地悪視線で拝見しましたよ。

が、お~やるじゃん!
アッキーより声が少し細いけど、
高~いところからふわーっと出るハイトーンボイス。
舞台よりも歌だけを聴かせるテレビでは、音程が不安定になる方もいるけど、
バッチリですよ。
これは期待☆両キャスト必見だわ。
「君こそ奇跡」ですよ。

そして、上白石萌音ちゃんの「千と千尋の神隠し」。
sasa、ジブリはあまり見ないので、思い入れもなく、
来年博多座にも来るミュージカルにもそれほど興味なし。

本家、木村弓さんとの競演。
これが、木村さんの竪琴と一緒に歌うので
合わせるのが大変。
木村さんは自分で弾いてるからマイテンポで進み、
萌音ちゃんは、その呼吸をよみながら
大人の気遣いで合わせる。
歌声も綺麗で、木村さんの世界にハマっている。
お見事!
見た目も、王子コンサートでのプライベート服も野暮ったかったので
(ほんっとごめんなさいね)
あまり好みではなかったのですが、
ナイツテイルの歌と演技、ダンスといい、
その実力に感服しております。

 


おまけ、ですが、sasa世代には響いたはずの斉藤由貴『卒業』。
生田絵梨花ちゃんとデュエット。
上手なのは絵梨花ちゃんですけどね、
この曲はやっぱり斉藤由貴ちゃんですね。
あの不安定な、大丈夫かなあという震える歌声がいいんだよなあ。
そんなに精力的にお仕事してるようにも見えないけど、
お顔はたるんでないし、あごのラインはすっきりだし
可愛いワンピースのお腹もぺったんこ。
やっぱり芸能人はメンテしてるんだろうねえ。

「制服の胸のボタンを
下級生たちにねだられ~♪」
誰にでも青春時代はあるのだよ。

パラリンピック閉会

パラリンピックも閉会。

競技もときどき見ておりまして、
各競技、きっと試行錯誤でルールを決めて
作ってきたのだろうというのがよくわかる。

健常者がサポートに入りますが、
競技自体を左右しないように工夫されている。

特にボッチャ面白かった。
手で投げられる選手もいれば、
手が使えない人もいる。
それぞれの状況に応じて規定があり、
補助の器具があって、球を投げる。
ゴールボールという白い球にできるだけ近づけた方が勝ち
というシンプルなゲームでわかりやすい。
投球の精度がありえないほど正確で
ゴールボールにぴたりと寄せたり、相手ボールを突飛ばしたり、
投球の度に驚かされる。
1球ごとに状況が変わって優勢が入れ替わるのも面白かった。

思うのはさあ、
開幕前まで
「こんな時期に開催してよいのか?
コロナが拡大したらどうするんだ!」
って文句ばっかり言ってたマスコミは
実際始まると、メダルラッシュとか感動とか言って盛り上がり、
終わってみると知らんぷり。

前も書いたけど、
sasaはもともとオリンピック開催賛成派。
この考えは間違ってなかったと思う。
終わってみて「やらなきゃよかった」という声は聞こえてこないよね。
選手の活躍と開催関係者の努力のおかげで
終了した。

実際、コロナが増えているのは東京だけでなく全国の話だし、
みんなの気持ちのゆるみと
新種が出てきたことが問題であって
オリンピックのせいではないと思う。

「開催前に文句ばっかり言ってごめんなさい」
っていう情報番組なんてひとつもないよね。
間違えたんだから「ごめんなさい」って言えないのかね?