『首切り王子と愚かな女』

■日時:2021年7月17日(土)13:30
1幕1時間15分 20分休憩 2幕1時間10分
■会場:久留米シティプラザ C列
■作・演出:蓬莱竜太
■出演:井上芳雄 伊藤沙莉 若村麻由美
高橋 努 入山法子 太田緑ロランス 石田佳央 和田琢磨
小磯聡一朗 柴田美波 林 大貴 BOW 益田恭平 吉田萌美

◇Story
女王デン(若村真由美)は、
溺愛していた第一王子ナルが病に倒れてからは国政を執らず、
民は貧しさに疲弊し、反乱の気運が高まっていく。
そこで「呪われた子」として離島送りにしていた第二王子トル(井上芳雄)を、
反乱分子の首を落とすために呼び戻す。
谷に住むヴィリ(伊藤沙莉)は生きる理由が見当たらず、
最果ての崖で首切りの処刑を目にする。
トルはヴィリに興味を持ち、召使いとして雇い入れる。

蓬莱竜太さん、王子が大好きな演出家ですよね。
sasaは『トライアングル』が苦手で敬遠してたのですが、
これがまあ、素晴らしい作品でした。
ファンタジーという薄布を纏いながら深淵。

大千秋楽でしたので、ネタバレよいですよね?

オープニングは「生きる意味がない」というヴィリが
崖に向かうシーンからスタート。
いや、ほんとはステージの四方に
楽屋に見立てた透明な部屋が仕立ててあって
その前(開演5分前くらい)から、
役者さんたちは全員そこに座っています。
その後も、はけることはなく出ずっぱり。

物心つかない時から訳もわからないまま島に送られ、
召使と二人だけで暮らしていたトルは
久しぶりに会った母の愛を得ようと必死。
母から命じられた首切りという役目を全うする。

第一王女という美しい妻はいるけど、お互いに愛情ないから
つまらないし、そもそも従者と浮気してる。
そこに現れたヴィリ。
自由だし、面白いこと知ってるし、カードゲームして
一緒にいて楽しい。
初めてできた心許せる相手。
かくしてヴィリは第二王女となる。

でも、ある日突然、ヴィリが冷たくなるの。
遊んでくれない、相手してくれない。
この変化の理由がちょっと不明でして…。
お友達と話してみて
「あわよくば利用してやろうと思っていた野心家のヴィリに
トルへの情が湧いて、距離を置こうとした」
「子供のできない第一王女が哀れになった」
など。

この時のトルが切ないのよ。
初めてできた心許せる相手に突然見捨てられる。
またしても愛がもらえない。
そしてここで、自分がこれまで同様のことをして
第一王女を傷つけていたことに気付く。

でも、本当につらいのはここからで、
トルは結局、病気のナルの身代わり要員だった。
女王は、トルの元気な身体にナルの魂を入れて
ナルを蘇らせることが目的だったの。
そのために、毎日、呪いの毒薬をトルに飲ませる。
女王からの贈り物だと喜んで飲むトル。

トルの身体をトル。
ナルの身体にナル。

いよいよ身体に変化が現れ、
苦痛に倒れるトル。
3日後にナルに変わることが確定する。

ちょうどそのころ反乱軍が城に迫り、
ヴィリは嫌がるトルの手を引っ張って逃げる。
しかし、逃げる途中で撃たれてトルの身体も終わりを告げる。
これは同時にナルの復活も消えることを意味する。

トルは崩れ落ちる前に
「託す!」とヴィリを前方に押し出す。
ヴィリはトルの意思を受け止め進む。

生まれてすぐに親に捨てられ、
呪われた子として島送り、
戻されたと思えば首切りの毎日、
初めて心を許したヴィリには冷たくされ
最後は兄の身代わり。

自分の人生に意味があったのかなあ、
自分って無駄な人間だったのか?
救いのない人生。

そこでヴァリが言うの。
「無駄なんてない!」

これが全てだと思う。

オープニングの
「生きる意味がない」からの
ラストの
「無駄な人間なんていない」。

人は全て価値がある。

そして、全員に認められなくていい、
認めてくれる人は1人いればいい、
とも思った。
ヴィリは全力でトルを助けようとしたし、
トルの最後の思いを受け止めた。
それでいいと思う。

蓬莱さんは他にもたくさんのメッセージを織り込んでいた
ことはわかるのだけど、1回の観劇で理解するのは無理でした。

途中トルが歌う聖なる歌。
がなり立てる台詞が多い中、
いきなり歌い出してもさすがの清らかさ。
歌のシーンはほんの一瞬だけど心に響きます。
王子が出演なのに歌一個もなしとか
蓬莱さんも諦めきれませんよね。

若村さんは演技派だし、
伊藤沙莉さんはすばしっこい少女がぴったりで
軽やかで愛らしかった。

でも、ファンのひいき目なしでも王子の実力が圧巻。
ストプレでもこんなに素晴らしいってどいうこと?
最大の武器である歌を使わなくても
こんなに感動させる力がある。

蓬莱さんと王子とみんなで
大事なメッセージを時間をかけて
読み聞かせしてもらっているような作品でした。

コメント

  1. hiro より:

    そんなに良かったんですね‼️
    昔はストプレの芳雄くんは見ていられなかったけど‥笑 舞台の経験を積んで確実に成長しているわけですね!
    まだ劇場に行く勇気がなく自粛している状態で、ワクチン接種したら行動再開したいと思っています。

  2. sasa より:

    はい、とてもよかったですよ。
    歌は子供のころから上手だったと言ってますけど、
    お芝居は蜷川さんには相当怒られ、苦労しただろうから
    本人の努力と積み重ねですよね。
    他の方が大声でわめきたてると何言ってるのかわからないのですが、
    多喜二経験者は大声出してもちゃんと台詞が聞こえる。
    久留米シティプラザは会場が広すぎて、
    ヴィリとゲームするシーンは少年のように可愛かったです。

タイトルとURLをコピーしました