舞台『外の道』

■日時:2021年7月11日(日)14:00 1時間55分
■会場:北九州芸術劇場 中ホール K列サイドブロック
■作・演出:前川知大
■出演:浜田信也、安井順平、盛隆二、森下創、大窪人衛、
池谷のぶえ、薬丸翔、豊田エリー、清水緑

Introduction(公式HPより)
同級生の寺泊満と山鳥芽衣は、偶然同じ町に住んでいることを知り、二十数年ぶりの再会を果たす。
語り合ううちに、お互いに奇妙な問題を抱えていることが分かってくる。
寺泊はある手品師との出会いによって、世界の見え方が変わるようになる。
芽衣は品名に「無」と書かれた荷物を受け取ったことで日常が一変する。
無は光の届かない闇として物理的に芽衣の生活を侵食し、芽衣の過去を改変していく。
二人にとって、この世界は秩序を失いつつあった…。

はじめてのイキウメ、予想通り難解でした。

感じ取ったのは2つ。

手品を見る。
きっとタネはある、
よくわからないけど、
「手品ってそういうもんだ」で納得する。
人はよくわからなくても多くの場合
「そういうもんだ」で済ましている。
突き詰めることってどうなんだろう。
それはメンドクサくてダサいのかもしれない。

芽衣に「無」という荷物が届き、
どんどん生活を侵食していく。
上演中も、かなり長い時間、会場が暗転し、
真っ暗闇になる。
観客も「無」の世界に落とされる。
そこから這い上がるのに必要なのは「想像力」。
芽衣は「あるもの」と思って想像の手すりをつたい、
光ある世界に戻る。
それはこれまで当然だった秩序が崩れ落ちた
今に通じるものかも。
すべてが消え、「無」となった世界からどう進むべきか。
寺泊と芽衣は、怖いねと言いながら無に飛び込み、
ラストは光=希望が見えた。
想像力→想像力で乗り越えられるというメッセージかと。

役者さんたちは、ナイロンでおなじみの池谷のぶえさん以外は初見。
安井順平さんはなんとなく見たことあるなあ、くらい。
まあ、この主役2人がベテランで安定してますからね。

豊田エリーちゃんは柳楽くんの奥様。
やっくんの息子さん薬丸翔さんは、
立派なアラサーなのね。
声が低めでよかったです。

イキウメ前川さんは、舞台好きには人気の演出家で
一度は拝見したいと思っていました。
でも、やはり凡人にはちょっと難しかったな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました