Voice JAM vol.2 〜ミュージカルスター×実力派ヴォーカリスト 夢の競演〜


■出演:朝夏まなと、Jewel、當山みれい、中川晃教、
橋本裕太、遥海、Flow Back、山崎育三郎、唯月ふうか、
Love Harmony’s,Inc.ミュージカル

ミュージカルってあるからとりあえず録画。
オープニングからアッキーがいるではないか!

が、朝夏まなと、中川晃教、山崎育三郎、唯月ふうか
4人での「Sound of music」
全くあってないなあ。
ふうかちゃんの澄み切った声だけで良かったのではないか?
ラストはみんなで互いをみつめる中
一人だけ正面向きのアッキーに笑う。

いくさぶろ君の「ひそかな夢~Beauty and Beast」
ノーコメントで。

朝香さんの「マイフェアレディ」。
う~ん、先日のNHK「うたコン」の明日海りおさんの時も思ったけど、
宝塚の方って歌が…。
テレビ向きじゃないのかしら。
もちろん和音美桜さんとか好きな方もいるのだけど、
あれれ?ってことが多い。
宝塚ファンの方ごめんなさいね。

そして…

キタ~!!!!!

アッキーの「君の瞳に恋してる」!
前半声が小さめ?
と思ったけど、サビから盛り上げる。
アッキーだって十分クサい表情と歌い方してるんだけど、
歌の実力と愛らしさで許せる、というか愛らしい。
↑完全にエコヒイキ

そしてコラボ企画。
アッキーといくさぶろくん、新旧のヴォルフガングで
「僕こそミュージック」。
あ~アッキーの歌い出しからたまらんっ!
そこにやんちゃなヴォルフがいるのですよ。
舞台の姿が浮かんでくる。

それに対して、いくさぶろくん、
ほら~君はヴォルフじゃなくていくさぶろだよ。

こちらのデュエットはさすがにお2人とも主演なので
声があってる。
が、王子とのデュエットとは違うんだよなあ。
お互いの心遣い、リスペクト感、
作品を大切にする想いが溢れてた。
その感想はコチラの記事ね↓
博多座『僕らこそミュージック』

そして、最後はアッキーが高音を効かせて
仕留めたぞ!

次は、ふうかちゃんで「On my own」
天使のような歌声ですよ。
掃き溜めのような人生だったエポの
心の美しさが表れる。
前半のマリウスの2人の世界を夢見る乙女な表情から
「知ってる、夢見るだけ~♪」
から表情は変わり、現実を見つめる。

ラストはなんと「Seasons of love」でございました。
この歌が来るとは思ってなかったので泣きそうになる。
これはコロナ前のステージではありますが、
なんかねえ、こんな時期だから
みんなで声と心をあわせることに意味を感じる。

でも、このメンバーに「RENT」組いないじゃんと思ったら
遙海ちゃんってミミだったのね。さすがの歌声。
それと、當山みれいさんという方もアッキーとバランスのよい
歌のうまさ。
「RENT」出て欲しいなあ。

会場のみなさんはみんな笑顔で、
そうよねえ、ミュージカルってこんなに人を幸せにするのよ。
こんな日々が戻ることを願う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました