ソニン登場@「アウトデラックス」

大好きなソニンがアウトデラックスにご出演。

一年の半分喋らない女。

ソニンの喉ケアは有名ですよね。
でも、出待ちの対応は優しくて
軽ーくお喋りもしてくれたけど。
今は違うのかなあ。

そのケアに対して知人代表として王子が登場
「耳鼻科か?」(機材がプロ級)
「熱帯雨林か?」(湿度がすごい)
さすが王子!コメント冴えてます。

ソニンのお肌の美しさはこの保湿も大きく影響してるのかな。
すっぴん写真もお肌ピカピカだもんね。

「そんなんじゃ楽しくないんじゃない?」
ってマツコさんからの質問に、
ソニン答えました。

「舞台に幸せが詰まってるんです。
2千人のお客様との3時間に」。

そんなこと言われるとこっちも幸せだわ。

文学座「牡丹灯籠」

■日時:2019年12月8日(日)13:30
■会場:ももちパレス
■原作:三遊亭円朝
■脚本:大西信行
■演出:鵜山 仁
■出演:早坂直家 石川武 大原康裕 沢田冬樹 相川春樹
越塚学 富沢亜古 つかもと景子 山崎美貴 髙柳絢子
大野香織 柴田美波

母親の市民劇場会員チケットを代りに観劇。

題名は有名ですよね。
色恋の怪談。
元ネタは落語なのですね。

前回の市民劇場、こまつ座「木の上の軍隊」があまりに
素晴らしかったので、今回はいたって普通。
お話もそんなに入り込む内容ではないし。

sasaはきっと役者さんを楽しむのが好きで、
今回はどなたも存じ上げない。

だたお客さん、「木の上の軍隊」以上に多かったです。
因果応報がテーマですから日本人に好まれますよね。
いつもは満車となっていても並んでいれば入れる駐車場に入れず、
開演まで待っても無理だったので慌てて有料駐車場探しに出ました。

悪いことをすれば必ず罰が当たる。
これは当然のこと。

何も悪いことしてない方に悲劇が起こるのは
どういうことでしょう。

オオカミの口@姪浜

申し訳ない気持ちになる、福岡は平和です。

以前同僚にいただいたスコーンのお店。
西方面に用事があったので行ってみました。

これぞまさしく今人気の!
という古民家カフェ。

日曜日はランチはなくてスイーツメニューのみ。
店主さんはホンワカというより結構サバサバしてます。

スコーンセットはスコーンもドリンクも選べます。
それもマサラチャイがある!
今、スパイスティーにはまってるからナイス!

プリンも追加しました。
こちらは生クリーム多め。
個人的には卵黄感強い昔ながらの方が好きだけど
これは好みなので。

なにせ古民家なのでちょっと寒いです。
駐車場は近くの興徳寺さんにご厚意で停めさせていただけることになってます。

カフェの本がたくさんあったので見てたら
時間がなくなってきた。

オオカミの口

追悼

U2ライブにて中村医師を追悼。
「一瞬でいい、皆の思いを寄せよう。
偉大なる中村哲医師に。」

ここで初めて中村医師のことを知った日本人もいたようで、
ボノありがとう。

ただ…
ボノ、9日に文大統領と会うらしい。
どういう立場で会うのだろう?

中村医師

講演をお聞きしたことがあります。
*過去記事

中村哲氏講演会

中村哲医師講演会 その2

アフガニスタン人は本来農民。
干ばつで畑が荒れ、農民ができなくなったから
生活のために雇われ兵士になる。
テロとか報復とかではなく、
水を整備することが平和への道。

とても説得力のあるお話でした。

タリバンに対する批判はありませんでした。
タリバンを悪者にしてもなんの解決にもならない
というお考えの通りに。
それなのに…。

ご冥福をお祈りするのみです。

ケラの『桜の園』

ケラ作品というだけで必見なのに
キャストがとんでもないことになってますよ。

え?王子?と驚いたばかりか
大竹しのぶ、宮沢りえ、黒木華、杉咲花、生瀬勝久
鈴木浩介、野間口徹、藤田秀世、西尾まり、半海一晃、山崎一ほか

ケラ作品が俳優陣に人気ってことも確かですね。

どうしましょ!

4月のタイミングって遠征難しいなあ。
う~む…。

トート閣下@FNS歌謡祭

最近はすっかり定着しましたね
音楽番組でのミュージカルメドレー。

仕事中にお友達が情報送ってくれたので
大慌てて帰りました。

王子トートと京本ルドルフの『闇広』。
前回公演見てないからちょっと忘れてたけど、
そうそう、こうだったわあ。

一声目から風格が違う。
トート様が圧倒的な存在でなければならない。
そして王子のトート閣下はものすごく大きくて高いところにいます。
ご本人もきっとそれがわかっていて、
ちょっとドヤ顔。
それもトート閣下ならアリ。

博多座公演楽しみにしております。

母目線。

沙也加ちゃんの離婚。

子どものことが原因ということで、
それは2人の問題ですので。

で、sasaが暗くなってしまったのは、沙也加ちゃんの
「生きてきた環境の中で持って来た考えを変えられず」
のコメント。

これって自分の育った環境、
聖子ちゃんの子育てのことですよね。

よそのご家庭のことが良いとか悪いとかわかりませんが
子どもに子育てを全否定されちゃった。
それも大公開。

子どものこと振り回したかもしれないけど
悪いようにしようと思ってしたことではないはずなのよねえ。
で、ここに来てやり直しもできないし。

母親やるのは初めてなのよ。

なんかツライです。

トモフスキーつながり

先日の京都でのライブから
トモフスキーにハマってます。
カステラ時代よりも、
ソロになってからの方が歌詞が刺さって好き。

そう思いながら暮らしていると
あれこれつながってくる。

まずは、sasaと次男の好きな作家・伊坂幸太郎。
先日映画になっていた「アイネクライネナハトムジーク」
の表紙がトモフのイラストなのです。
伊坂幸太郎がトモフのファンらしい。

もうひとつ、
朝ドラ「カーネーション」で戸田恵梨香ちゃんの妹役の
福田麻由子ちゃん。
なんか個性ある根性娘だなあと思ってたら
カステラドラマーの娘ちゃんなんだって。

トモフはコレクターズのこと好きみたいだし。

いいなあと思うものはつながっている。