映画『イエスタデイ』


『ジョーカー』と『イエスタディ』迷ったけど、
疲れているのかジョーカーの体力精神力なく、
こちらにしました。
ネタ書きますが、ネタバレしてても楽しめるのではないかと
思います。

ある事故の後、ビートルズの曲が存在しなくなっている。
売れない歌手の主人公ジャックがなんとなく弾いたビートルズに
人々が感動!
いくらでも名曲が作れる天才!
最初は大喜びだったジャックも、
だんだんこれでいいのか、とう不安になり…。

クイーン同様、ビートルズファンでもありませんが
とても良かったです。
最初はビートルズ使うなんてズルくない?
って思ったのです。
そりゃあヒットするでしょ。

が、お話自体もとても良かったのです。
さすがはダニーボイル監督。

ビートルズを覚えている2人が
ジャックの様子を怪しく見守り、
ある日、尋ねてくる。

ここもねえ、ジャックびくびくでしたが
思わぬ幸せな終着となるのです。

可愛いリリージェイムズのエリーとの恋愛も
予想はつくのですが、
ハッピーエンド。

幸せな気持ちになれる作品です♪

映画『ボヘミアン・ラプソディ』@星空映画館


お友達からいろんな情報をいただきます。
それもボラプとなると行かないわけにいきません。

博多駅前の明治公園にて19:45スタート。
入場無料。
行った時には既に結構たくさんの方が
地面にシートを敷いて座っていました。
スペースはあるので、sasaも持参のシートと座布団、
寒いのでストール羽織って参戦。

お喋りしたり歩き回ったりする方がいるの覚悟だったのですが、
皆さん真剣に見入っています。
所見なのかヘビーリピの方々なのか。

映像はあまりよくないですが、
久々のボラプ~!

久々のジョン~!

オープニングのブライアンギターも
ライブエイドも決して拍手や手拍子が起きることはありませんでした。

さすがにガガで手を上げてるお2人をみかけたので
sasaもここだけは両手上げました。

エンディングのdon’t stopも
フレディの姿が消えるshow must
でも皆さん立ち上がらずしっかり見ていました。

ボラプ、何回観てもやっぱり感動☆

中村祭

平尾にある中村調理師専門学校の学祭。
ちょうど近くに寄ったのでお昼過ぎに行ってみました。

学祭は数あれど、全てのテーマが食というのは楽しいし、
学生といってもハイレベルなお料理。

まずはスイーツ。
飴細工までついてますよ。
ドリンク付きで600円。

順番逆になったけど、ご飯はワンコインパスタ。

綿菓子50円食べて

パン買って

グルメな1日

RUFF@京都でパンランチ

錦市場近くをぶらついていてみつけたカフェ。
パン屋さんのようです。

ローストビーフ特製バルサミコとフライドポテト
サラダ、パン、コーヒー付で1580円。
ランチなのにお高いかなあと思ったけど、

こ~んなに立派なローストビーフ。
ポテトもたっぷり。
お肉は柔らかいけど正直噛み切れなくて
でも味はいい。

パンはハード系がついていました。
ローストビーフサンドにするとよいです。
単品でクロワッサンとカフェオレとかでも美味しそうでした。

オープンしたばかりのようで、
スタッフさんもフレッシュで感じいい。

適当に入ったのにヒットでした☆

RUFF

旧ヤム鐵道@大阪駅でスパイシーカレー

前回、京都住みの同級生に連れて行ってもらって
また行きたいなあと思ってました。
大阪駅の地下のあるカレーレストラン。

小麦粉を使わない薬膳カレーだそうです。

4つの中から2種を選びます。
映画チケットでミニラッシー付。

やっぱりかなり美味しいです。
スパイスがいい。
また来よう。

旧ヤム鐵道

映画『ライオンキング』

ライオン・キングのイメージ画像1
大阪で1館1回のみ上映あってました。
ミュージカルファンとしては見ておかないとね。

いつも思うけど、映画は台詞がきちんと聞けるから
というか字幕で読めるから生の舞台より
お話の理解は深まりますね。

お話も歌もいいのはもちろんなのですが、
悲しいかなライオンの実写風リアルさが仇になっている。

アニメだと表情誇張して台詞しゃべったりできるけど、
なにせリアルなライオンですから
口を動かすことなく人間の言葉を喋ることになる。
喜びも怒りも無表情。
かといって百獣の王ライオンですから
凛としてないのはおかしいし。

ライオンの群れは雄1匹に他は全て雌ライオン。
なので、ほとんどはタテガミのないあの淡泊な猫顔。
ますます無表情。

何とも言えないのです。
結論から言えば、悪くはないけど1回観ればいいかな。
いまひとつヒットしなかったですよね。
こういうのってみんなが感じたことなのかも。

クレープスタンド シャンデレール@梅田

帰りも新幹線。
早めの便が取れず、夕方まで何しようか。
梅田駅近くのカフェを探していたら
クレープ専門店をみつけました。

お店は満席でしばらく待ちました。
意外にお一人さまの男性も多いです。

クレープセット(1100円)
ドリンクはティーサイダー。
紅茶の炭酸なんて初めて。

クレープはシンプルなフレンチシュクレがおススメのようでしたが
オレンジソースに惹かれてシュゼットシトラス。
このセレクトは間違ってなかった。
酸味の爽やかなソースがクレープによくあう。

ほんとはガレット&クレープのセットもあったのです。
ガレットも大好きなので次回はいただきたい。

クレープスタンド シャンデレール

次元の違うホットケーキ@Cave de K


土日は入れないのではないかと思い、
平日を狙って伺いました。
リッツカールトン京都のすぐ近く。

すると、店内誰もいな~い!
こちら本来はbarですので、
カウンターにバーテンダーさんと向かい合う形です。
一人だと緊張します。

ホットケーキとコーヒーを注文すると、
まず水からして、氷をガッガッと丸く削り、
冷蔵庫からお酒かのように取り出した水をグラスに注ぎ、
お酒のような扱いで出されました。

気のせいではないと思います。
お水の味に全く雑味がない。

お次はコーヒー。
紅茶サーバーのようなものにお湯を注ぎ、
その上に珈琲の粉を浮かべて
じわっと蒸し、しばらく寝かせる感じ。
フレンチプレスっていうのこれ?

自然に下りたのか押したのか
珈琲の位置が下がってからカップに入れます。

さすがはバーテンダーさん、その所作が美しいのです。
で、珈琲を飲んでる間、なんの動きもないので、
ホットケーキはどうなってるのかなあと思ったら
突然目の前に現れました。

裏でパティシエさんが作ってらっしゃるそうです。

そして、これにナイフを入れると

中からお酒の効いたカスタードクリームが流れ出す。
小麦粉の生地は土台に薄く。
表面はカリッとしててナイフがさくっと入る。

うわあ、珈琲との相性が抜群です。

そうか、これはホットなケーキなのですよ。
間違ってもパンケーキではない。
素晴らしい作品ですわ。

最後まで一人で緊張しましたが、
お話してみると、気さくにおしゃべりしてくださいます。
Cave de K

TOMOVSKYライブ@京都拾得

■日時:2019年10月19日(土)18:30
■会場:拾得 自由席

昔、カステラというバンドがいまして、
20代のころライブに行ったことがあります。
そのボーカル大木知之くんがソロになったTOMOVSKY。

京都の住宅街の、こんなところにライブハウスなんてあるの?
って思う暗い道を歩いて行くと、
蔵のような建物があり、
そこの背を屈めるような小さい重い扉を開けると、
中はワイワイガヤガヤ人々が
ビール飲んだりカレー食べたりしてました。

自由席といっても座敷席にはなんとなく人がいて、
もはや座れるスペースはなく立ち見。

一人だし、なんか無理なとこ来ちゃったかなあ。
と立っていると、
トモフ普通にやってきて、お客さんと同じトイレに並びます。
開演してからの登場も、いったん後方に歩いて行って、
自分で拍手しながら登場。

歌は昔の曲をやるせいか、
歌詞をクリアファイルに入れたものを見ながら歌う。
歌はねえ、こっちを向いて歌ってくれないと
響かないのですよぉ。
いつもやってる曲だけちゃんと歌います。

立ってるのもきついし、途中で帰ろうかなあと思いながら
聴いていると、
ソロになってからの曲って全く知らないのに、
歌詞がよくわかる。
チャラけているようで哲学的。

ぼくのこと後ろ向きっていうけど、こっちが前じゃないの?
とか、
両想いっていうから恋愛の歌かと思ったら、
嫌いだと思う人は、相手も自分のことが嫌い、だから両想い。
とか。
これはトモフ哲学だ~!

その時思ったことをそのまま歌にしてしまう。
今日作った新曲は
「今日のライブまでにちゃんとしたTシャツとギターを
買おうと思っていたのに朝になって気づいた」
というなんともそのままの曲。

今でいう忖度が全くない。
気持ちがいい。

曲もほっこり可愛い。

そして、演奏してくれるポントチョフというユニットが
トモフの曲にぴったりのアレンジをしてくれている。
時にはリハに参加してないトモフが
どこで歌に入ればいいかわからないというハプニングも。
それも素直に言っちゃう。

ライブハウス的に、
21時までに終了というお約束があるらしく、
ギリギリまで突っ走ってくれました。

トモフ、sasaと同じ歳なのです。
若き日のカステラ時代はともかく、
この歳まで真っすぐにバカやってる姿は尊敬します。

シス・カンパニー『死と乙女』

■日時:2019年10月19日(土)14:00
■会場:サンケイホールブリーゼ B列センター
■演出:小川絵理子
■出演:宮沢りえ、堤真一、段田安則

このレビューネタバレします。

相変わらず宮沢りえちゃん、難役されます。

弾圧とか反政府とか独裁政権とかの社会的な
馴染みのない設定のため、sasaの苦手分野。

反政府運動で拷問・凌辱を受けたポーリーナ(宮沢)は
今も心身ともに苦しんでいた。
ある日、夫ジェラルド(堤)が車の故障を助けてくれた医師ロベルト(段田)を
家に招く。
その声を聞いたポーリーナは、
彼こそ自分を目隠しして監禁し拷問した男だと確信し、
復讐を始める。
ロベルトは潔白を主張し、夫は思い込みだと説得し、
でも、当事者しか知らないことを知っている様子のロベルト。

3人の駆け引きとぶつかり合いが全てで
ポーリーヌが狂っているようでもあり、
ロベルトが嘘をついているようでもあり、
最終的に真実はわかりませんでした。

だた、ラストで、ロベルトがニヤっとしたのですよねえ。
一時はポーリーヌがナイフを突き立て、殺そうとしたところで暗転、
どうも思いとどまったようで、
3人は日常に戻り、同じ式典に同席しているようでした。

あの笑みからすると、ポーリーヌが正しく、
ロベルトはまんまと逃げおおせたのかと。

が、こういう戯曲って、観客の心理が右往左往することが
目的ではないかと思っているので、結論にはそう意味はないのかも。

3人ともそれは実力ある俳優さんたちですので、
真剣に見入りました。
堤さん、最近、コメディ路線も多い気がしますが、
正当派の2枚目さんですし声がいい。

そして宮沢りえちゃんの美しいこと。
白い普通のシャツ、ヘタすると野暮ったくなりそうな
襟のついたシャツに、長めのタイトスカート。
腰のラインが綺麗で、そこから伸びた脚のお美しいこと。
そして、ラストの式典のフォーマルでは輝くようでしたよ。
2列目でしたので、その美を堪能させていただきました。