夜ごはん

*鯛のガーリックソテー
*きゅうりのピリ辛漬け
*ササミの柚子胡椒マヨ

炭水化物極力減らして
タンパク質増やそうと。

きっと鯛のお頭の向きが逆?

ヒカリノオト『反射する惑星』

■日時:2019年9月28日(土)14:00
■会場:ぽんプラザホール 自由席
■脚本・演出:松岡伸哉
■出演:立道心 杉山英美 梅田剛利(劇団翔空間) 峰尾かおり 中島荘太 白川宏治(ユニットれんげ) 水谷文香(劇団HAっHAー!!)

関心の方向がちょっと変わってきたのか
もちろん大舞台のミュージカルももちろん好きだけど
隠れたお宝みつけたいというか
掘っていきたいというか。
で、最近地元劇団に向かってます。

チケット料金は格安なのに
いいもの作りたいという志は高く
役者さんもがんばってる。

で、今回は杉山さん見たさに行ったのですが
作品自体すご~く良かった☆

北陸の祖母の葬儀から帰ってきた生子(杉山英美)。
北陸では突然五感の一つがなくなる感染症が流行っている。
金目当てで結婚した再婚相手の殺人を計画し…。

お話がわかりやすいのと
場面の構成もすごく良かった。
転換してるのに混乱しない。

問題抱える3組の家族が出てきて
感染してしまうことでおそらく未来は絶望的なんだけど
いろいろな衝突を経て、気持ちは前に向かうという…。

見ていて辛くなったのは、
生子の娘への愛情が深い、というか執着が強い、
小さい時から精神的に支配してて、
娘は反論できない。
母からすると愛してるんだけど、
娘にとっては束縛でしかない。
援交しても家を出たい。

ここがねえ、我が身を言われているような気になって
気持ちが暗くなる。

親の愛情はともすると自分本位で、
それが本当に子どものためだったのかは
もはやわからず、やり直すこともできない。

ネタ元としては震災が大きくて
この作品に限らず、今のテーマとしては
日本人みんなの心の中にあって
それを表現せずにはいられないのだと思う。
それは表現する方もだけど、観る方も一番に結びつけている。

旗揚げしたばかりなのに既に8回公演。
次回作も2月に予定されているらしい。
杉山さんが出るのであればまた観に行こう。

介護前段階

毎週末は母を車で買い物に連れて行くのですが、
先日の嬉野温泉旅行で長時間一緒に過ごしてみると
注意すべきポイントが新たにいくつか。

和室のゆっくりお布団がいいかと思ったら
洋室のベッド希望。

まち歩きとかは無理。
車で移動して見て車で移動して、のプランにすること。

駐車した時は車止めに要注意。
うっかりつまづきやすい。

スロープがよいかと思いきや
階段で一歩ずつの方が安心。

下りより上りの方が楽。

耳はかなり遠くなってて何度も聴き返す。
本人それに気づいてないようで
気づくとショックだろうから気づかせないように気を遣う。

高橋大輔くん新たな挑戦☆

今期のプログラム、ダンス色が強くて
それをカッコよくキメてて
流石だなあと思ってたら
今日、アイスダンスに挑戦の発表が。

いいと思います。
高橋くんはジャンプなしでも魅せてくれるし
実際ステップとかポーズの美しさを見たい。

女性をサポートするより
1人のスケーティングを堪能したい!
と思うかもしれないけど、
新たな挑戦を目をキラキラさせて語る高橋くんは
見てる方もワクワクします。

今期の男子シングルをしっかり見て、
来年も、そしてオリンピックも楽しみにしてます。

今日の夜ごはん

美味しいものたらふく食べたので
真面目にお料理しましょ。

*さばの塩焼き
*ゴーヤのツナサラダ
*きんぷらごぼう
*納豆のラー油和え

陶器市で買った長皿に盛りつけ。

ヘルシーっぽくて自己満足。

塩田津まち歩き


佐賀観光を調べてたら、
塩田津というまちをみつけました。

古い町並みが残っているらしい。

これって今なら人気スポットかも?
と思って行ってみましたが、
土曜日というのに人通りがない。

古い町並みというだけでは人は呼べないみたい。
美味しそうなスイーツのお店もつぶれてて…。
お土産屋さんらしきお店も店員さんさえいない。

こちらもお客さんはいないながら
お店は空いてて丁寧に対応してくださいました。
古い建物です。

薬膳ランチ。
冬瓜とかクコノミとか。
優しいお味で美味しかったです。

Vegiキッチン塩田津

佐賀観光

2日目は佐賀観光。

祐徳稲荷神社はこんな高いところにあり、
横に立派なエレベーターができておりました。
朱塗りがとてもキレイ。

当然エレベーターで上がるつもりで行ったのですが、
母は自力で上るという。
で、実際、階段は一気ではなく、間に平たいひとやすみ
があるので、休み休みしながら
意外にあっという間に上がれました。
母も自信になったようです。

続いて、塩田津という昔ながらの街並みに寄ってから

武雄の楼門です。

sasaのいつものペースでスケジュール詰め込み過ぎました。
sasaもずっと運転で疲れたけど、
乗ってた母も疲れたみたい。
もう少しゆるくすべきだったな。

ハミルトン宇礼志野


今回の一番の目的はこのホテル。
もう10年以上前から行きたかったのです。

それも一番の楽しみはお食事。
オープンの頃は有名なシェフのお料理で有名で、
今はシェフ変わっているようですが素晴らしいお味でした。
せっかく撮ったので、全部載せっ!します。

*オードブル盛り合わせ

*温かい前菜 鹿肉と海老の湯葉包み

*本日のパスタ

*オマール海老 おお~これが食べたっかのだ。ソースにも海老の旨み。

*黒毛和牛ヒレ肉のグリル 旬の野菜添え

*デザート 秋らしく栗

量もあんまり多いと最後は入らなくなりますよね。
でも、女性向けなのか程よい量で
最後まで楽しめました。

こちらは翌日の朝食です。
バイキングではありません。
彩りまで素晴らしい。

うちの母親はもともととにかく文句が多いのです。
確かに本人も料理上手ではありますが、
何かケチをつけずにはいられない。

が、珍しく文句なく嬉しそうに食べていた。
合格のようで良かった。

モンネ・ルギ・ムック

お昼軽めにしたところ
お腹空いてきたのでお茶。
このカフェ目指してきたら
ここ、予想外のオシャレスポットだったのです。
カフェの他にハイレベルな雑貨屋さん3件。
びっくりしたわ。

きっと土日だと大賑わいなんでしょうけど、
幸い金曜日でしたので、いい感じのにぎわい。

店内はこんなイマドキの古民家風。

そもそもこのエリア、昔の小学校かなにかなのかな。

カフェラテにシフォンケーキ。
これも美味しくて満足☆

モンネ・ルギ・ムック

窯巡りと白山

人間国宝井上萬二窯のガラスのような白磁、
柿右衛門窯の濁手と赤を堪能した後は
初めての波佐見、白山陶器ギャラリーです。

16時だからと呑気にしてたら
こちら16時でクローズだったのです。

そこで閉め出したりはせず
にこやかに迎えていただいたものの
たくさんの商品を目の前に焦る焦る。

それもこちらで購入すると3割引!
陶器市より安い。

ゆっくり選びたいのはヤマヤマでしたが
新商品のこちらの醤油差しにしました。
醤油差しは液だれが肝心なのでじっくり選びたかったのですが。

名前登録でこんな立派なカタログいただけました。
嬉しい♪