OBAKETSU


sasaのマンション、カラスがひどくてね。
CDをぶら下げたり、ペットボトルを置いたり、
鷹もどきを設置したりしたけど、
カラスは賢いからなあ。
これって偽物ってすぐ気づいて、
ベランダのゴミ袋をつつきまくり、ゴミ散乱。

同じマンションのママ友によると、
玄関前の生協のコンテナにも目をつけたカラスが
ビニルの端をひっぱし出したらしい。

業を煮やした旦那がバケツにする!と言い出し、
プラスティック製のだと臭いがこもりそうなのでこちらを購入。
レトロで可愛いですが、日本製で、結構なお値段します。

取っ手がついてるので、カラスが開ける知恵をつけないかが心配。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディー』10回目・応援上映@塚口サンサン劇場


■日時:2019年4月4日(日)19:55
■会場:塚口サンサン劇場

「塚口さんサン劇場」わかる人にはわかる
伝説の劇場です。
その応援上映のラスト公演。
前回のなんばパークスと同じく、
sasaのボラプの師匠にチケット合戦を委ねる。
客席数が少ないとはいえ、映画上映なのに1分で完売しました。
sasaの経験と技術ではgetできなかったと思う。

肖像権があるので、掲載はできませんが、
コスプレさん勢揃いだし
劇場手作りの段ボール製ギター、ベース、ドラムセットが微笑ましい。

劇場さんが頑張って声出し前説をしてくださり、
上演前から大盛り上がり。
ただしサイリウムは禁止です。
師匠はライブエイド前から好きなところでは好きに立ち上がり、
ノリノリで歌い踊る。
ライブエイドからは全員でスタンディングでした。

とんでもなく歌の上手な男性がいらっしゃいまして、
応援上映では有名人だそうです。
声量があって声が響き渡り、発音もきれい。
上映後にお話させていただくと、
帰国子女とかではなく、発音にかけてます!とのことでした。
あれは努力の賜物ですね。

関西キネマ倶楽部さんの呼びかけでみんなで記念撮影。
sasaもこっそり映ってますよ。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』


■日時:2019年4月6日(土)17:30
■会場:梅田芸術劇場2階2列
■出演:古川雄大(ロミオ)、木下晴香(ジュリエット)
木村達成(ペンヴォーリオ)、黒羽麻璃央(マーキューシオ)
渡辺大輔(ティボルト)、大貫勇輔(死)
春野寿美礼、シルビア・グラブ、岸 祐二、
宮川 浩、秋園美緒、姜 暢雄、石井一孝、岡 幸二郎


再演にしてやっと観ましたロミジュリ。
次男の引越し&入学式の準備の隙をみて。

まあ、これは大貫くんに尽きます。
GQ組の中から一人突き抜けていく大貫くん。
そしてこれは当たり役ですね。
ヒタヒタヒタヒタ忍び寄ったり離れたり、
着かず離れずいつもそこに在る。

立っているだけで美しいし、
魅せられるのはなんといってもあの手ですね。
噂には聞いていましたが、あれは大貫くんが創り出した表現なのでしょうか。

そして、カテコでの一転ぶりがたまらない。
みんなで踊っても、そのキレと速さで格の違いを見せつける。
ずっと無の表情なだけに、ここで素の笑顔を見せられると
そりゃあたまりませんわ。

そのままこれ買っちゃいました。