カスタードプティング@ハーゲンダッツ


はい、今回の期間限定は「カスタードプティング」。

開けてみると、カラメルソースがマーブル状に練り込んであります。

お味は、バニラより卵感が強調されたところに
カラメルが絡まる。

ハーゲンダッツお得意のバニラが濃厚になった感じ。

それほど新鮮なお味ではないですが、
さすがの得意分野なのでまずまず。

ネイルトリートメント☆SPARITUAL FAREWELL


続く爪対策。
とにかく藁にもすがる思いでネットで検索して
こちらをみつけました。
ネイルトリートメントの「スパリチュアル ナチュラル」。

お願いしたら即送っていただけたのでありがたい。

「ティーツリーオイルが手足のキューティクルと爪周りの肌を
正常に保ちます」

清浄というだけに、アルコールにスーッとする感覚に
天然系オイルの香りが。

これで清浄したあとに
昨日の病院のローションとクリームを塗って
夜は手袋ね。


皮膚科

爪が酷いので、昼休みに慌てて皮膚科に行きました。
ラッキーにも空いててすぐ診てもらえました。

先生の前で指指を見せると
さすがに皮膚科の先生なので
たいして驚くこともなく
「最近ネイルでこういう方多いんですよ」って。

とりあえず爪先から奥に流し込むローションと
ハンドクリームを処方してもらいました。
市販薬よりきっと効くはず。

爪剥離

今週何気に爪を見ると
んん?
爪が肉から剥がれている。
写真は載せられませんが
爪と肉の間が奥の方まで空いてるんです。

ちょっと前から爪が反ってる気はしてたんです。
塗り替える時に一瞬爪本体も見えるのですが、
なんとなく黄色い?

もともとジェルネイルを始めたのは
爪の乾燥が酷くてワニの背中のように白いガサガサ状態で
人前に出せなかったからなのです。

が、これは非常事態です。
とりあえず、即オフに行きました。

ネイルを落としてみるとですね、
爪ってピンク色の本体の先っぽが白いですよね。
それが半分くらいまでが白という状態。

恥ずかしくて手を人前に出せない。

保護者ガイダンス

予備校の保護者ガイダンスでした。
面談は先週済んでいます。
いよいよの受験シーズン。

前回のガイダンスの時ですが、
親からの対応で嫌だったのは
放任/いろいろ言ってくる
頑張りなさい/ワンランク落としたら?

結局ねえ、何を言ってもカチンとくるのですよ。

次男は成績が上がらないこともあって
受験に関係ないことでもカチンと反応。
「もっと気を遣ってよ」

こちらも夜まで仕事しながら
時間は次男優先で動いてるんですけどね。

希望校の合格判定は望み薄ですが、
一生何か言われても困るので、
本人が決めて自分で責任とってもらおうと思います。

KERA・MAP #008 「修道女たち」


■日時:2018年12月1日(土)13:00
■会場:北九州芸術劇場 中劇場
■出演:鈴木杏、緒川たまき、鈴木浩介、伊勢志摩、
伊藤梨沙子、松永玲子、みのすけ、犬山イヌコ、高橋ひとみ

大好きなナイロン。
観ている間は楽しいんだけど、
で、結局なに?
とわからなかった。

女性全員がシスター。
国王からの迫害を受け、仲間のシスター43人は毒殺されたという
不穏なスタート。

毎年イベントを行う聖地の山荘へと向かうが、
もちろんここで歓迎されるわけもなく。

宗教がモチーフなので、
きっと「信じる」とか「救い」とかがテーマなのだと思う。
「悔い改めます」と反省し、
「ギッチョダー」と十字を切る。
修道女たちを殺さなければ村を焼き払う
と命じられた村人たちのために
毒が入っているかもしれないワインを飲むと決めた6人。
この決断をしても、国王の迫害なのだから、
村の運命は変わらなかったと思う。
この辺りが鍵なのだろうと思ったのだけど、
結局わからん!

まあ、お目当ての緒川たまきさんはさすがだったわ。
あの不条理を言い切る男前ぶりがいいのよねえ。
例えば「1+1は3ですよ。3なんです」
とあの美人にすっぱり言い切られると
はあ、そうですかと言わざるを得ない感じ。
有無を言わさない堅固さがあるのです。
喋り方も品があって大好き。

役者さんはみなさん素晴らしかったけど、
鈴木杏ちゃんやっぱり上手。
今回は頭の少し足りない、純粋無垢な少女役。
とっても可愛かった。

客席にはケラさんがいたらしい。
理解のヒントを少しでもいただけたらいいのになあ。

イ・ピゼリ@西小倉


北九州芸術劇場で観劇の時は
ストプレが多いからお昼は軽めにしてきました。

が、最近こちらのイタリアンをみつけましてね、
お味もいいし、家族的な雰囲気で、
お客さんもそこそこですんなり座れる。


この日の日替わりは小松菜とベーコン。
パスタソースはトマト、クリーム、和風から選びます。


パスタなのでお腹もちょうどよく、
ストプレでも影響少なし。

イ・ピゼリ

映画『ボヘミアン・ラプソディー』2回目

絶対リピしたかった『ボヘミアン・ラプソディー』。
2回目は応援上映にしてみましたよ。

客席は年齢層高い。
ハンチングとかツルツル頭のおじいさまとか。
なんかホッとしますね。

2回目はやっぱ全然違うわ。
最初フレディが横になってるシーンからスタートですが、
ああ、これはそういう状況だったのか、
とか、お父さんの言葉が最初と最後にあったりとか
いろんなものがつながります。
え?こんなシーンあったっけ?とかもいっぱい。

応援上映といっても、
みなさんあまりに集中してて黙~って観てました。
後半から、用意してきたサイリウムを振る方がちらほら。
だんだん控えめに拍手も出てきました。

sasaといえば泣くタイミングが早まり、
ライブシーンはほぼ泣き通し。
横の女性もずっとハンカチでした。

とにかくいいですよ。
クイーンファンかどうかは全く問題なし。
観てない方には是非是非おすすめします。

いいものみ~つけた④お土産チョコ


西鉄大牟田線の天神駅コンコースがリニューアルされてまして
サンドイッチのお店にあるこちらのチョコが激ウマです。

ホワイトチョコに、チョコパフとドライフツールがぎっしり。
このバランスがとてもよいのです。

お土産に何度かお渡ししたのですが、
「私、ドライフツール苦手」という衝撃のお返事だった後輩ちゃんも
試しに食べてみると、
あれあれ?
美味しい美味しいと一気に食べちゃいましたよ。

そうお安くもないので自分用にはなかなか買えないけど、
また食べたい!