夏越大祓


6月30日は一年のちょうど半分ということで、
半年の穢れを払う行事です。
今年ももう半分終わったのねえ。
今日はお天気がとても悪くて、山の上にある神社なので
上がっていくと靄がすごくて視界不良。
それでも、例年通りくらいの人が集まっていました。

仕事がたまってたので、また仕事に戻ります。
帰りに寄ったセブンで、愛する抹茶クランブルを食す。
ディスカウントのスーパーからは消え、
どうもこれは定価でしか売らない作戦だな。
チョコとストロベリーはちゃんとスーパーにあるんだけどね。

美味しくいただいて、またしっかり働きました。

キャラメランジュ@南区平和


キャラメルに目がないsasa。
キャラメル専門のお店が前から気になっていて、
先週末「メルシーデイ」という「キャラメルソフトクリーム半額」
のチラシをみつけて、初来店☆
通常324円が2日間のみ162円だったのだ。


キャラメルアイスにキャラメルソースのトッピング
という、まさにキャラメルづくし。
店内にはイートインスペースもあったのでしばしデザートタイム。

試験中の子どもたちにも食べさせてあげたかったけど、
ソフトクリームだからお持ち帰りできなかったのよねえ。

田村マリウス

博多座レミゼ近づいてきました。
先日、ファン友さんの中でも、sasaと同じく田村くんに注目してる方から
「田村くんブログ可愛いよ~♪」のメールが。
http://ameblo.jp/ryota-tamura/

sasa、お友達のブログ以外はあんまり手広くチェックできてないので、
教えていただけると助かります。

田村くんが自分の持ち物を公開してるんだけどね、
これが、着古した肌着の写真で、ひとつはパンツに見えるし
え~?これって公開するもの?って感じ。
これが好きじゃなければ「汚いなあ」になるんだけど、
ファンともなると「その飾らない人柄がいいよね」
とかになるのです。

髪形が決まらないことについても、
どーでもいい話なんだけど癒されます。
昔より文章上手になってるし。

今回は、同僚も1回引っ張って行く予定なので、
予習用させなきゃね。

コンビニ

試験中はお夜食くらいは用意することにしてて、
お夜食といってもおやつなんだけど、
昨晩はセブンのドーナツにしようかなあと思って
仕事帰りに寄りました。
前に食べたことがあって、ミスド並みに美味しかったのよ。
さすがはセブン!

で、店内見回すと、チキンやソーセージのショーケースはあっても
ドーナツはない。
キョロキョロしてたら、店員さんが
「どうされました?」と声をかけてきました。

「ドーナツはないんですか?」
「あードーナツはこの店おいてないんですよ」
「そうですか…」大きめの店舗にしかないのねえ…
と思いながら、店員さんの顔を見ると、
んん?なんだか見たことある。
名札を見ると、長男の同級生の名前が…。

「え~?○○ちゃん?」
「はい、そうでう。お久しぶりです。」
「もう働きよると?」
「はい」とニッコリ。

いやあ、ビックリでした。
この子、小さい時は窓ガラス割ったり、問題も起こしてたし、
長男は全く関わりを持とうとしてなかったのです。
それがこんなに立派になって…。
sasaが寄ったのが10時前くらいだったから、
高校終わって夕方からバイトしてるんだろうね。

悪そう坊主も成長するんだねえ。
接客も爽やかで感じよかったよ。

悪かった子ほど、それを抜ければいい子になるという話もよく聞き、
優等生演じている長男の方がよほど問題ではと不安になったりする。

韓国コスメ


新大久保といえば、韓国街。
以前も買った口紅を発見しました。
これねえ、唇がしっとりして、リップクリーム塗ってるみたいなの。
いちいちリップクリーム塗り直したりしないから、特に冬場はおすすめ。

新大久保行く度に覗いてたんだけど、派手な色しか在庫がなく、
今回久しぶりにお気に入りの401を発見☆
お値段も1120円とお買い得。

数年ぶりにつけてみると、やっぱりしっとり感がよくて潤う~♪
持ちという意味では弱いけど、おススメです。

BS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」

5月31日(日)放送分、ちゃんと録画できてました。
面白かったですねえ。

王子はもともと、相手が緊張しててもさりげなくジョークを入れたりして
リラックスさせてあげますが、
インタビュアーの小島慶子さんの方が年上で、
人生経験豊富だから、
最初からいい感じで話が進みました。

デビュー当時からこれまでの話をしていく中で
貴重な映像が流れます。
これはもう、ファンにはお宝もの!

最初のエリザのルドルフは、確か博多座で観たはず。
それが今、トートに成長したわけで。

ただ、こういうのって、やはり、ミュージカルを、
王子を知らない人に向けるものなのかな?
確実に、観てるほとんどはファンだと思うので、
質問内容が、いちお知ってることばかりなのよね。
小島さん、帝劇にも行ったことがないらしく、
予備知識なしのようだったから、
う~ん、これがもう少し知ってる人だと、
一歩踏み込んだ質問になって、
ファンも知らない王子の内面が聞けたんじゃないかなあと思う。

まあ、そんなマニアックな内容だと、
一般視聴者には馴染めないかもしれないしね。

帝劇の舞台上に椅子をおいて向かい合いながら話してる時の
小島さんの大きく広がったスカートが美しかったです。

ぶっかけうどん


暑くなってきましたねえ。

sasa家の子どもたち、うどんが好きではなく、
おでかけの時に、「うどんでも食べとこか」ができないのです。

外出した時、手っ取り早いのがうどんじゃない?
かといって、ラーメンだと、あんまり油ギトギトなのは
長男が苦手。

とはいえ、おかず満載のぶっかけうどんだと、まずまずのようで、
モリモリ食べてました。
本日のトッピングは茹で鶏、錦糸卵、ワカメ、かき揚げで。

忘れん坊


朝は、次男、長男、sasaの順に家を出るのですが、
次男が出た後、テーブルにこれが…。

まったくぅ~!
勘弁してくれよ。
おやつの調理パンまでご用意してるのに。

こうい場合は、その日の昼ご飯代は本人自腹、
この弁当は速攻冷蔵庫に入れて、翌日持っていくのが
sasa家のルールです。

懲りたはずなのに、翌日も忘れかけ、取りに戻ってきた次男です。

『GQ2015 GABBY』2幕

2部最初のシーンは福岡ではスペシャルバージョン。
丞威くんとArisにSOさんとPEETさんが加わります。
科学者たちは基本的に狂言回し的役割で、
登場は多いけど、ダンスは少な目だから、
ここぞとばかりに自分のダンスを披露。
丞威くんは関節の動きがすごいよね。肩外れてるかと思った。
ヒップホップ好きじゃないけど、このシーン楽しい♪
これを観られたのは、福岡公演ってお得☆

貴族の館を訪れる【自然】たち。
スヴェンとミルガが歓迎してくれて、
最初は怪訝そうな貴族たちも、だんだん打ち解けていきます。
ドンパからプレゼントということで木の棒を渡され、
受け取るものの、「これってなんなの?」的に不思議そうな顔をする
ローライが可愛い。

みんなで大盛り上がりで踊った後、
PEETにつけてもらったもう一つのラキラキを、
自分のものだと言い張って返さないドンパ。

お屋敷のシンボルである旗?を欲しがるポポ。

ここから、さっきまでの仲良しとは一転、諍いが生まれます。

4年前のGQでもこの戦闘シーンは見どころでしたもんね。
バレエダンサーたちもゆったりした気品のある動きではなく、
激しく、怒りを露わにして踊ります。
激しいながらもスピード的には若干のズレがあり、
優雅さキープしてるところが自分を失わないバレエダンサーたち。
ソロを含みながらも19人が踊りまくるので、
ぶつからないかヒヤヒヤします。

これでもかというほど見せてもらって、
最後は戦いが終息するかと思ったけど、
みんな疲れ果てて崩れ落ちます。
その間に科学者たちは何かよい策はないかと実験し、
全てを救うのは愛だと気づく。

ラストはうさぎのGABBYちゃんが登場してエンド。

『GQ2015 GABBY』


【東京公演】
2015年6月13日(土)19:00、14日(日)14:00
EX THEATER ROPPONGI
【福岡公演】
2015年6月19日(金)19:00、20日(土)14:00
キャナルシティ劇場
■振付:新上裕也、辻本知彦、Tammy Lyn、吉本真悟 AND GQ
■キャスト:佐々木大・辻本知彦・Aris[Quest CREW]・吉本真悟
 SHINICHI[BUTTER]・蔡暁強(CAI XIAOQIANG)・JOEY BENI(丞威)
 鈴木陽平・大野幸人・風間無限 木原浩太・大宮大奨・西岡憲吾・松野乃知
 横関雄一郎・清水健太・PEET[BE-BOP CREW]・新上裕也
 special appearance:Rasta Thomas
sasaの観劇4公演は終了しました。
大千秋楽は大阪。さすがにここまでは遊びまわれません。
東京、福岡、大阪、全公演制覇の強者もいらっしゃるようですが。

今回は総勢19人、前回以上にパワーアップしてました。
まずはオープニングがカッコいい!
暗転から開幕した瞬間から全員が踊りまくります。
稽古中の設定みたい。
シャオチャン、ここで十八番の開脚を披露。
全員が少しずつソロでアピール。

時間となり、シャオチャンは新上さんに赤いマントとシルクハットを被せてもらって、
客席近くに進み出たシャオチャンはゆっくりポーズをしてご挨拶。
こういう役回り、必ずシャオチャンだよね。
あの笑顔に場が和むし。

おかしな二人組の科学者(丞威、Aris)登場。
彼らはシーン転換ごとに現れて、何やら実験します。

次は貴族の館シーン
【貴族】は佐々木、清水、吉本、横関、風間、松野、西岡のバレエダンサーたちに
PEET、大野、新上。
佐々木さんが西岡さんに勲章のようなものを授け、晴れやかなお祝いごと。
バレエダンサーたちの揃った動きはなんともきれいですねえ。
特に西岡さんのジャンプすごいです。身体が大きい上に高いので迫力。
そこに普通に入ってる大野くんもきれい。
PEETさんはもちろん、バレエの動きはしないのだけど、
違和感なく踊っています。

そこに曲調変わって隣国の王子・ラスタ登場。
優雅な貴族たちとは違って、力強いダンス。
舞台狭しと大きく踊ります。
科学者たちも加わって、全員仲睦まじい様子。

の後は、新上さんソロで、カードを使っての怪しいダンス。
先ほどの穏やかな雰囲気が変わりそうな予感。

実際、貴族たちがカードゲームに興じる次のシーンでは、
先ほどの晴れやかなパーティとは打って変わって、怪しい。
何度か観てると気づくけど、ラスタと幸人くんが
何やら画策してる様子。

PEETさんのヒップホップの後はいよいよシャオチャン。
【自然】は辻本、蔡、鈴木、木原、大宮
中でもシャオチャンは異色で、緑の衣装に金髪のフェアリー。
表情も愛らしく、全身での表現なのよねえ。
辻本さんの振付は、太古を思わせるプリミティブなダンスで、面白い。
片手で水平に倒立とかいうとんでもないことを
フワリフワリと普通の顔してやる。
身体能力のものすごいメンバーたちですね。
打楽器の音楽ともぴったりでお気に入りのシーンでした。

そんな中、【自然】たちの中にも、欲望が見え始めます。
みんなで仲良く暮らしてたのに、肉に目がくらむ自然たち。
フェアリーが「なんとかして~!」とドンパ(辻本)に訴え、
2人で止めても、欲望を止められなくなっていきます。

話はまた貴族のパーティに戻り、
先ほどのラスタを幸人くんの企みごとが明らかになります。
貴族たちに酒をついでまわるうちに、
みんな眠りに落ちます。
ここで気になるのは、この酒、ミルガ(無限くん)が運んできたのよ。
ミルガ自身には悪気はないようで、
スヴェンに誘われるままに、森へ出かけて行きます。
薬を入れたのはその後なのかしら?

みんなを眠りに落とし、金銀を奪う幸人くん。
それに気づいたローライ(佐々木)と格闘し、
勝った幸人くんのダンスがすごい。
色気があって、手を伸ばした時に、もう一段階さらに伸びるの。
もともとのスタイルの良さもあるけど、
あの伸びやかさは感動ものです。

その後、会場の盛り上がるシーン。
スヴェンとミルガが森を訪れ、自然たちと出会います。
ここ、無限さんの愛されキャラが立ちますねえ。
スヴェンのソロはあるんだけど、ミルガのソロがピルエットくらいで、
もっと観たかったなあ。
毎回笑いが起き、心も温まります。

ただ、スヴェンが友好の印にラキラキ(輝く宝石)をドンパにプレゼント。
マルチョー(肉)に目がくらむ仲間たちに激怒してたのに、
自分もすっかり虜になってしまう。
そして、気のいい2人が「今度、お屋敷に遊びにおいでよ。
そしたら、みんなにラキラキあげるから」と言われて、みんな大喜び。

1幕ラストは科学者の実験で、ピンクマンたちが生まれ、
夢の世界で踊ります。
みんな同じ衣装にサングラスだけど、
シャオチャン登場するとすぐわかりますよ。
ここのタイトルは「ファンタジードリーム」。
愛に溢れ、みんながハッピーな理想の世界ということでしょうか。

1幕はここまで。