映画を2本

良かった映画を2本♪

★『トラッシュ!-この街が輝く日まで-』<公開中>
雰囲気としては『スラムドッグ$ミリオネア』的な
薄汚れた煩雑な世界を
『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』の
スティーヴン・ダルドリー監督が描くので、
映像的にもセンスよく、程よい美しさ。
なんといっても、主役の子どもたちのエネルギーがすごいの。
実際に現地の素人の子どもが演じているらしく
ホンモノのスラム感、そこで生き抜く力がビンビン伝わる。
そして、真面目にやってることが馬鹿らしく思うことがしばしばの現実の中、
正しいことの大切さを思い知らされます。

★『ビッグ・アイズ』<1月23日公開>
これ、ティム・バートン監督なのに、キワモノじゃなくて、
いたってシンプルな映画。
奇想天外でもなく、淡々とした実話を
大好きなエイミー・アダムズがしっかり進めていくのです。
ビッグアイズの子供たちの絵も、
好みではないのに惹きつけられるよね。