ナイロン100℃ 40th SESSION 「わが闇」

20130728-174718.jpg
■日時:2013年7月28日(日)13:00
■会場:北九州市芸術劇場 B列センター
■出演:犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、三宅弘城、大倉孝二、
松永玲子、長田奈麻、廣川三憲、喜安浩平、吉増裕士、皆戸麻衣
客演/岡田義徳、坂井真紀、長谷川朝晴

「わが闇」という怖いタイトルですが、
お話は、三姉妹の日常とその内面が淡々と描かれ、
哀愁は感じるものの、決して恐ろしいお話ではありませんでした。
誰にでも心の奥に秘めたものはあり、
それは自分でも気付かなくて、
ある時一気に流れ出すこともある。
でも、何があっても日常は続き、
人は行きていく。
というようなことを伝えるために、ケラは3時間20分もの
長いお話を紡いでくれたのです。

ミュージカルでもないのに、3時間20分、
これが全く長さを感じさせず、
1幕が1時間50分で終わった時点でも
「え?もう終わり?」って思った。

東宝系だと、ときどき「同じ役者さんのローテーションねえ」
って思うことがあって、
これが劇団公演だともっとそうなはずなんだけど、
ナイロンは個性的&魅力的な役者さんが多いから
公演ごとにどんな役になるのかがとても楽しみ。

今回の主役は長女役の犬山イヌコさん。
ニャオス声なのに、芯のあるしっかりもの。
峯村さんは、身体が大きいのに、いつも小さくなって
周りの様子をうかがう気弱な次女。
客演の坂井真紀ちゃんは、口をとんがらかして物を言う
勝ち気な三女。
この3人のバランスがとてもよい。

そこに、イヤな夫のみのすけさん、
真面目な書生・三宅さんが加わる。
もちろん、お楽しみは大倉さん。
大倉さん、正直、お話自体にはいてもいなくてもよい役で、
ストーリーに関わらないアクセント的な役割。
いつも思うけど、存在自体が反則だと思う。
動いてもしゃべっても何してても圧倒的な個性で面白い。

淡々と流れるお話の中に笑いがあり、
泣きそうなラストがあり、
やはりナイロン大好きだと確信。

カテコにはいつものようにケラが登場。
いつもはひとことご挨拶があるけど、
今回はみんなでお辞儀だけでした。

素敵な時間をありがとうございました。
次回作も楽しみにしております。

イギリスから

20130730-220518.jpg
今日、ポストをのぞいたら…
鮮やかな赤い衛兵さんたち。
ややちゃんからのエアメールです。

大学時代、初めてロンドン行った時、
衛兵交替見に行ったのを思いだすなあ。

その後も数回行ったけど、
もちろん子どもが生まれてから、
いやそれ以前からずっと行ってないよ。
次はいつ行けるかなあ。

ドラマ『家族ゲーム』

リアルタイムでは1話も見られなかったドラマ『家族ゲーム』。
全話録画してたので、ここのところ連日見て完了。

破天荒な家庭教師の話というのはなんとなく知ってたけど、
ちゃんと見るのは初めて。
なかなか厳しいお話ですね。

子どもに見せるのはどうかという内容も多々ありましたが、
とても面白かった。
子どもたちも夢中でした。
現代風にずいぶんアレンジされてたので、
松田優作バージョンも見てみたいものです。

こんな呑気にドラマを見てるのも
長男:午前中課外授業→夏休みなのにこんなに勉強している!
次男:夕方夏期講習→塾でたっぷり勉強している!
と大きな顔で、家ではすっかり勉強しないからです。

でも、勉強みなくてよいのはこちらとしても楽なのも事実。
暑さもあって、家に帰るとグッタリなので、
ちょっとダラダラさせてもらいましょう。

面談

20130726-070754.jpg
この時期は年に1度のお仕事の面談シーズン。
1年間の契約内容の確認ほかのお話を社長とします。
勤続が長いsasaは「最近どう?」みたいな話も多く、
別件の打合せも兼ねてランチ付きでの面談でした。

薬院のGottiさん。
ずっと行きたかったんです。
Gotti ランチ/パスタorピッツア(1000円)
ピッツアとパスタの2種で頼むと2人用にシェアしてくださいます。

前菜は生ハムだあ
20130729-085527.jpg

ピッツアはゴルゴンゾーラにハチミツをかけるという斬新なもの。
チーズの塩辛さとハチミツの甘みがなんとも新鮮☆
20130729-085608.jpg

パスタは撮り忘れ。

パスタはすっかり撮り忘れ、デザートはピスタチオのロールケーキ。
ピスタチオの香りが漂っていて、ピスタチオ好きにはたまりません。
20130726-070820.jpg

スタッフさんの対応も丁寧で、期待以上の美味しさでした。
ごちそうさまでした☆

Gotti
福岡市中央区薬院2-14-16

男子服

20130728-061839.jpg
長男はズボンが1つしかない、
次男は夏期講習が私服、
で2人とも服が足りず、お買物に行きました。

どこに行くのもついて来ないのに、
洋服買ってもらえるとなるとホイホイついてきます。
お菓子やゲームとかではなく、洋服を欲しがるところが
色気出てきましたな。

行く先は「しまむら」。
長男は安っぽいデザインが好き、
次男はシンプル好き、ということで、しまむらでなんとかしてもらいましょう。
アベイルが入ってない、しまむらだけの小さな店舗に行ったので、
最初は品数が少なく、残り物っぽくて無理かなあと思ってたけど、
2人とも丹念に見てまわり、
そこそこ満足のいくお品がみつかりました。
sasaなら絶対選ばないようなこんなコテコテデザインでも
許容範囲になってきた自分にも驚く。

特に次男の、総試着をする慎重な選び方はsasaにそっくり。
着てみるとイメージ違いってこともあるから、
sasa、いつも御用達のアウトレットショップで、
インナーから靴まで全てコーディネイトで試着させてもらうようにしてるのです。

長男は、パンツとシャツと部活のパンツ、
次男は、パンツにシャツ2枚、
380円〜1900円の6点買いで6000円ちょっとでした。
助かります。

キャサリン妃のお腹

幸せそうなお二人の姿、こっちまでニタニタしまいますが、
マスコミ記事も問題になってたように、
sasaも最初あれ?って思いました。
キャサリン妃のお腹、かなり大きい。
日本では出産後、夢の1週間入院生活でゆっくりできるのに、
イギリスではすぐに退院となるようなので、
ほぼ出産翌日?

で、美しいお顔だちにゆるい服と大きなお腹がアンバランスだったわけですが、
ここで「飾らない性格がいいわあ。庶民的で」
って思わせるところがキャサリン妃の力よね。

なににしても、支持する気持ちがあれば良いように取られるし、
不快に思われてたら善いことやっても悪くしかとられない。

問題はそういう下地を作るってことだよなあ
となんとか我が身にも活かしたいところだ。

準備

来週の大阪に向けて準備整ってきました。
メイン公演のチケットは届いたし、
もうひとつ、見たかった完売公演も手に入りそう。
こちら、終演が飛行機の時間ぎりぎりなので、
最後まで見られないかも、というか、確実に途中退出ですな。
それを覚悟で集中しましょ。

これが東京なら二都物語だったんだけどなあ。
大阪はどこで食べても美味しいのは嬉しいけれど、やはり選択肢は限られる。

さ、それまではがんばって働きます!

素麺弁当

20130725-000541.jpg
高校入学から毎日弁当。
作る方も食べる方も飽きるよねえ。
ということで、今日は素麺弁当にしてみたよ。

小瓶にタレを詰めて、量的に足りない分は
トウモロコシとドーナツ付き。
保冷剤を入れてくるみました。

麺がいくらか固まってたらしいけど
まずまずだったようです。

三者面談

中学の時なんて、入試直前に1回きり、
それも相談ではなく、受験用紙の書き方みたいのがあっただけなのに、
高校では1年生にして早くも三者面談でした。

成績は問題ないし、志望校も地元のsasaと同じ大学だし、
気楽な気分でのぞんだのですが、
指導は結構厳しかった。
とにかくずっと勉強の話オンリー。
部活どうですか?とか、お友達はできた?みたいな生活面の話題なし。
課外授業や実力テストの予定、
この辺りで苦手分野を克服しておくこと、
など勉強のお話が続きます。

成績はキープ、もしくはさらに上を目指すこと。
と、先生は全く手綱を緩めることはありませんでした。

sasa、高校時代に学校で「勉強しなさい」という指導を受けた記憶がない。
「ま、自分で考えてやっときなさい」という、よく言えば放任、
悪く言えば放置だったもんね。
おかげでほとんどが浪人しましたが…。
これが今の時代だからなのか、長男の高校の校風なのか。

面談前にこっそり長男の部活の様子をのぞく。
部員が多く、楽しくやってるようです。
みつからないように陰からこっそり見てるなんて、まるでセイシュンじゃん♪
20130723-210808.jpg

はじめてのブラジレイロ

20130719-063748.jpg
ずっと福岡に住んでるのに、初めて行きましたブラジレイロ。
博多の老舗洋食屋さんです。

ブラジレイロといればコレ!ということで、
ミンチカツレツ(890円)。
20130719-063803.jpg
なんて不思議なきれいな形なんでしょう。
衣が細かくて結構な厚みがあり、
バリバリと殻を砕く感じでいただきます。

そしてコーヒーね。
20130719-063813.jpg
「クリームは?」と聞かれてお断りしたけど、
こちらはクリームも名物だったのね。
後で知って残念…。

店内古き良き昭和な佇まいで、
スタッフさんたちも上質なおもてなし。
メニューは少ないのだけど、どんどん売り切れて行きます。
お客さんもいっぱいで、愛されてるお店だなあというのが表れている。