ミュージカル『モンティ・パイソンのスパマロット』



◆日時:2012年2月5日(日)18:00
◆会場:森ノ宮ピロティホール(大阪)
◆演出:福田雄一
◆出演:ユースケ・サンタマリア、池田成志、戸次重幸、賀来賢人
ムロツヨシ、マギー、皆川猿時、彩吹真央

ちょうどシャオチャン遠征の大阪で公演中、
それも千秋楽のお席に座ることができました。
志の輔師匠お気に入りということで気になっていた作品です。

これがさあ、ミュージカルっていうより喜劇?
見事にくだらなさまっしぐら!
これでもかとギャグで攻めてきます。
作品の良し悪しが役者さんたちの力量にかかってくる。

なんといっても成志さんだね。
これまで何度か拝見したことあったけど、
あちこちの舞台で引っ張りだこの理由が今回やっとわかった。
フランス人の罵り屋では、くだらない言葉が出るわ出るわ。
とにかく詰まることなく言葉が出続けるのは語彙の多さによるもの。
ニーの騎士での妄想話もどこまで続くのかと思うほどたっぷり。
成志さんの凄さを思い知りました。

ユースケさんはすっとぼけたアーサー王がぴったり。
座長さんなので、みんなと一緒に突っ走る訳にもいかず、
いささかおとなしかったかな。

戸次重幸さんは歌も踊りコントもいけるから、TEAM NACS観たくなるし、
賀来賢人くんはきれいなお顔立ちなのに、不思議ちゃんの妙な空気感がある。
マルセルのパントマイムもなかなか正解にたどりつかず、
それでもみんなで考え、待ち続ける時間がなかなかよい。
お話も日本仕様、それも今の日本にあわせてアレンジされていて
(とはいえ、大阪ネタの部分は全くわからなかったけど)
うまいこと日本人に通じる内容になっていました。

この日のギャグが台本どおりなのか
ユースケさん曰くの「千秋楽スペシャル」なのかわからないけど、
みなさんギャグを引っ張るから、予定の公演時間を大幅に過ぎ、
sasaはなんとかエンディングを見届けた後はカテコも見ずに駅まで走り、
帰りの夜行バスにぎりぎりセーフだったのでした。
これだけやってくれれば、ギャグも感動の域です。