足裏あらら

ちょっと前にグルポンに載ってた「足裏あらら」(¥999)。
話題だったらしい「ベビーフット」に似た商品です。

靴下のような形のケアが2種類入っていて、
まずは「角質ケア」用をはいて1時間半。
3〜4日後に面白いように脱皮して、ほにゃほにゃ柔らかな肌に一新。

脱皮が終わったら「保湿ケア」を履いて30分。

これまで、カメの甲羅状に硬かった足裏がツルリンと一皮むけて
赤ちゃんの柔肌になりましたよ。
ほんとは使用前→使用後の写真をお見せしたいくらいなんだけど、
あんまりキレイなものはないのでね。

でも、ケアしないとすぐにまた元通り。
ケアする自信はなし!なんだよなあ。

夏休み終盤の図書館は

20110821-112939.jpg

夏休み終盤の図書館って、こんななのね。
それも、雨で日曜日だし。
駐車場入り口のかな~り手前に警備員さんが立ってるから、
何事かと思ったら、満車の順番待ちの列でした。

荷の重い自由研究のネタ探しに来たわけだけど、
同じように「りか」コーナーの前で探し物のお母さん。
長男、なんとかネタは決まったようです。

夏休みも残り10日間。
嫌なものを後回しにしてるからユーウツのなのよね。

子どもたちの夏期講習

次男の夏期講習は個別指導体制でどうなることかと思ったけど、
他の人のペースにあわせなくてよいので、本人いたって満足そう。
その上、最終日には夏休みの宿題の読書感想文も課題にしてくれるみたいなの。
な〜んてラッキーなんでしょう。

長男の夏期講習は、takiちゃんが通っていた頃ほどではないにせよ、
結構なスパルタぶり。
毎日誰かしら廊下に呼ばれて叩かれるらしいの。
宿題をしてないとか、点数が悪いとか、授業中ぼーっとしてるとか。
イマドキ、体罰有りだなんて、珍しいよね。
学校以上に厳しい塾に、長男、いささかカルチャーショック。

Get☆

四季ファンの友達からの情報で「今のキャスト最強よ♪」って。
涛フィエロは帰ってきそうにないけど、
願わくば、もう一度観たかったの『ウィキッド』。
苫田グリンダ、キャラぴったりそうだし、
大好きな森モリブル先生は帰ってきたし、
オリキャスの山本ネッサも是非拝見したく…。

で、なんとかお譲りいただけることになりました。
それも千秋楽でございます。

長男試合のため、次男と行きますが、
3ヶ月ぶりなので、久々にCDをかけ、
2人で大声で歌い、盛り上がってます。
もちろんC席だけど、千秋楽の空間にいられるだけで
光栄でございます。

ほお・・・

『ウィキッド』CDのエルファバは濱田めぐみさんで、
そりゃあ、めぐエルフィーを拝見したかったのですが、
退団したらしいという噂だけで行方はよくわからず。

すると、今日のホリプロメルマガで発表が。
来年1月のミュージカル『ボニー&クライド』に出演。
「退団後、初お披露目」らしい。
相手役は万里生くん。
ほお・・・
このペアなら歌は間違いなし!でしょう。

次男の夏期講習

次男は夏休み前半がびっしりキャンプだったので、
後半5日間だけの短期夏期講習にしました。
今日はその1日目。

大手塾の、でも家の近くの小さな教室なんだけど、
なんと6年生普通クラスは生徒が次男一人だけ。
個別指導状態です。
昨日テキストを取りに行ってそれを知った時には、
次男かなり嫌がっていたのですが、
今日行ってみると、先生もいい感じで内容も面白かったみたい。
結構ご機嫌です。
残り4日間、しっかり集中してね。

2つの口どけ濃厚マンゴー杏仁


ちょっと前に食べたコンビニスイーツ。
セブンの「2つの口どけ濃厚マンゴー杏仁」(¥180)。
普通の杏仁豆腐が¥150なので、ちょこっと奮発です。

でも、これ美味しかったぁ。
杏仁豆腐のコクに、マンゴーの酸味が爽やかなアクセントになってるの。
2倍楽しめるお味よ、おすすめ♪

エンタメの秋

またまたエンタメ関係がざわざわしております。

遠征のシャオチャン公演を夜行バス出発ぎりぎりのソワレまで追加しようか

とか

天神落語の先行発売

とか

今のキャスト最強よ!と情報をもらった『ウィキッド』を
涛フィエロ復活の見込みはないとして、もう1回観ておきたい

とか。

手を広げればキリがないとは思いつつ、
気づかないふりもできないプログラムばかりで…。
どうしたもんだろう。

大分の旅

久住の山なみは、木々ではなく、草原が広がる風景が好きなの。
なのに、昨日のドライブは、雨と霧で残念…。

お昼ごはんは、池山名水の食堂で、
sasaは、ざる蕎麦(¥450)、長男は地鶏定食(¥1000)。
地鶏ちょっと分けてもらったけど、コリコリで美味しかった。
20110815-083920.jpg

20110815-083939.jpg

20110815-083946.jpg

こちらは、九州では有名な「青の洞門」です。
頂上は、南画のような風情で、
ふもとの岩場を30年かけて掘って貫通させたことで有名。
20110815-083954.jpg