ジュリエットはまだか

行かないくせに気になるロミジュリのジュリエット。
行かないのにメルマガ登録はしてるの。

夜、メルマガが届いて「ジュリエット役発表のお知らせ」
ってあるから、アタフタしてたら、
な〜んだ、
「7月2日(土)10:00より詳細発表します」だって。
なに、それ!

あまりにひっぱり過ぎて、誰が決まってもブーイング出そう。
それとも絶対に大喜びさせる自信があるのかしら。

行かないくせに気になるわ。

夏越の大祓

20110630-225558.jpg
はるばる久留米まで足を運んだのは夏越の大祓のため。
お正月から今日までのけがれを祓ってもらいます。

年輩の方が多いですが、sasaと同世代もちらほら。
みなさん、いろいろな思いがあって今日来ているのでしょう。

とはいえ、今日はほんとは休めない大事な日なので、
式が終わって超特急で会社に戻り、夜までお仕事しましたとさ。

初☆しまむら

20110630-152251.jpg

今日は私用で久留米方面にむかっている途中に、
お!これは…
takiちゃんオススメの「しまむら」発見。
sasa家の近所にはお店がないのです。

少し時間があったので、入ってみました。
確かに、お洋服安い!
1000円代が並んでるのね。
でも、量が多すぎて、この中から選ぶのは初心者には難しい…。

暑くなってきたから、お布団の敷きパッドとか気になったものの、
結局買ったのは、中学校の半袖シャツ(¥970)。
この前、版画のインクが真正面について、悲惨な状態なの。
果たして、これが安いのかもわからないけど、
こんなとこが母よねえ。

20110630-153733.jpg

『棟方志功』展

20110630-060911.jpg

これまた招待券をいただいていて、
今週末で閉幕なので、行って参りやした。

とにかく作品の量が凄い。
人と話したり、小説を読んだりすると、
創造力が刺激されるようで、
シリーズものがたくさん。
商業ベースにもこだわらなかったようで、
企業から依頼を受けた連作もあります。

海外からの評価も高く、
アメリカにも数ヶ月滞在していて、
英文を書き入れた作品、
ホイットニーの詩に寄せたものまである。

こんなハイカラぶりは意外でした。
柔軟で先進的な思考の持ち主だったんだろうな。
そして、何より作品づくりが大好き。

女性シリーズも多いですが、
苦労して育ててくれたお母さん、
連れ添ってくれた奥さんへの思いが込められているということです。

六月博多座大歌舞伎



◆日時:2011年6月26日(日)16:00
◆会場:博多座
◆演目:
一、仮名手本忠臣蔵 幸四郎 ほか
二、英執着獅子   藤十郎 ほか
三、魚屋宗五郎   菊五郎 ほか

日曜日にいただいたチケットというのは「六月博多座大歌舞伎」。
歌舞伎といえば、ミュージカル以上に高額チケット。
2階3列目とはいえ、A席18,000円ですぞ。
お話好きの次男も「行く行く」というので、2人ででかけたのですが…

ま〜ったくわからんやった。
そもそも音声ガイドを借りるのを忘れた。
「忠臣蔵」というから討ち入りシーンかと思ったら、
由良之助(内蔵助)が敵の目をあざむくために
遊びに興じる日々というシーン。
人の目がないところではキリッと素に返るところでハッとする以外は
つかみどころがなくて…。
レビューの書きようがない。

次男も全くわからんのに、よく4時間半黙ってがんばったと思う。
休憩のお弁当やお菓子が支え。
川扇の幕の内弁当(¥1000)と


マダムベルのロールケーキ(¥300)


終演後、帰り道で「面白かったねえ」と言い合うご婦人方や
「はまっちゃって3回目です」というギャルの声を聞いて
sasaの理解力が低過ぎ?と下がる。
エンタメを楽しむ意識は高いほうだと思うんだけどなあ。
まあ、これが事実だから仕方あるまい。

ミュージカル『スウィーニー・トッド』

20110627-215048.jpg

◆日時:2011年6月25日(土)13:30開演
◆会場:長崎ブリックホール
◆出演:
市村正親(スウィーニー・トッド)、大竹しのぶ(ミセス・ラヴェット)、キムラ緑子(乞食女)、ソニン(ジョアンナ):田代万里生(アンソニー)、安崎求(ターピン)、斉藤暁(ビードル)、武田真治(トバイアス)  ほか

はいはい、今回もソニンにやられました。
期待してたけど、それを上まわる素晴らしさ。
あなたはソプラノ歌手ですか?
完璧な高音です。
鳥にささやく歌で登場しますが、鳥のさえずりのように高い。
そして、それがぐらつかない。
自信ないから小さな声でごまかすということもない。
ソプラノってもう少し繊細さとか儚さが必要かもしれないけど、
ソニンの高音はどうや〜!的なズシッとくる直球ストレート。
ここまで歌えるとは知らなんだ。

この役、無垢な浮世離れしたお嬢様で結構ブリブリな役です。
作品自体が暗くて悲惨なだけに、
メイクとかキャラクターにはどこか滑稽さを含ませてあって、
ソニンのジョアンナもおかしいくらいにお姫様キャラ。
レントのミミとは正反対。
それでもこなせちゃう。

そして、ソンドハイムの楽曲。
噂には聞いてたけど、聴いてるだけでも難しい。
うねるような展開で方向がわからない。
それが新鮮☆
妖しくて刺激的でかなり好みの世界です。
そして、これを歌いこなせる役者さんたち、すごいなあ。

大竹しのぶさんはミュージカル役者さんではないのに、
歌というのは演技力でなんとでもなるんだなあと思わせる。
上手く歌うことよりも、いかに伝えるかってことなのね。

アンソニーの万里生くんは、暗い淀んだ世界の中で
かわいいセーラー服を着た清らかな存在。
万里生くんによくあう役でした。
歌の聴かせどころも多くて、堪能できます。
ソニン×万里生くんのカップルの歌が完璧なので、
安心して楽しむことができます。

そして、武田真治くんもよかったわ。
少し頭の弱いキャラなのに、あまりそれを全面に出していない。
そういう特異な性格づけに頼るのではなく、
観客にも共感できるキャラクターに仕立てたのかな。
内股ぎみの膝の使い方も独特。
ミセス・ラヴェットを慕う歌はセツナかった。

長崎のホールは満席。
長崎での公演ってとても珍しいことらしく、
終演後は長崎出身者を一人ずつ紹介する温かいカテコとなりました。

福岡からプチ遠征して良かった〜♪と思う素敵な作品でした。

褒められた

昨日はちょっと凹んでいたsasaですが、
今日はクライアントの担当者の方に褒めていただいた。
とりあえず性格は細かい方なので、
入念にチェックし、細かい確認事項をメールしていたら
「sasaさんの機転には頭が下がります。ありがとうございます。」
ですと。
人間、いくつになっても褒められると嬉しいものですわ♪

うっかり…

昨日のこと書きたかったし、
実は今日も、とあるチケットが降って来てエンタメだったんだけど、
夜帰ってきてしばらくいろんなことの段取り考えているうちに、
昨日の朝アップしなければならない仕事を忘れていたことに気づき、
すぐさまお仕事開始。
う〜、今週はこんなうっかりが2回目なの。
とりあえず、内容的に問題があったり、間違えたりはしてないけど、
スケジュールを大きく勘違い。
今までこんなことなかったのになあ。

とのんびりしてる場合じゃないので、
お仕事再開します!

長崎ランチ☆

20110625-175059.jpg

長崎に着いて路面電車で移動して
ランチは、会場近くのCOCOWALKというショッピングモール内の
「中の茶屋 重籠」さん。

20110625-175145.jpg

試合日だから朝は早かったし、
ここでたらふく食べると、確実にマズいことになる。
女性好みのヘルシーな
「季節野菜のせいろ蒸し」(¥980)。

20110625-175305.jpg

たっぷりの蒸し野菜をポン酢ダレでいただきます。
いっぱい食べても結局野菜だから
お腹はそんなにふくれません。

スタッフの対応もとても良く、
福岡にあったらまた行くのになあ。