次男の家庭訪問☆

お友達ともときどき約束して遊び、
今のところ特に問題もない次男の家庭訪問は
かなり気楽に先生をお待ちしました。

30ちょっと過ぎの、
でもその歳にしてはやる気ばりばりの男の先生。
『告白』のウェルテルのように空回りが心配だけど、
やる気ないよりあった方が断然いいと思います。

リビングにお通しすると、カメの水槽とか
窓からの眺めとかを興味深そうに見渡してます。
開口一番は
「ほんっとに本が好きですよね。
一体どうしてあんな風になったんですか?」

学校でそんなに本を読むタイミングがあるのかなあと思うけど、
受け持ったばかりの先生から見ても、本好きに見えるらしい。
あの膨大な読書量が、全く国語力に反映されてないのが
不思議というか気の毒というか…。

先生「10年後の自分について作文書いてもらったんですよ。
そしたら『紅茶を飲みながら本を読んで暮らす』って
書いてあってですねえ。」

・・・はぁ?どこのご隠居さんですか?
10年後って、まだ20歳くらいなんですけど…。

まあ、それくらい本に囲まれた暮らしがしたいってことね。
最近、紅茶も大好きなの。
ティーポットで出るケーキセットがお気に入り。

次男については、お勉強は無理言っても仕方がないし、
本さえあれば幸せそうにしてるので、あんまり干渉していません。
そのせいなのか、性格なのか、小学生だからか、
お気楽にのんびり過ごしています。

子育てについてはあれこれ思い悩む今日このごろ。
次男はこのまま曲がらず進んでくれと願うばかりです。

長男の家庭訪問☆

今週は家庭訪問ウィークでした。
まずは長男。
一見良い子を演じてるところが問題で、
いろいろと裏があることが判明してきたので、
学校での様子、授業態度などで親の知らない問題があれば
先生にお聞きしたいと思っていました。

先生はsasaと同じくらいの歳の数学の先生。
長男も交えての三者面談でした。
「おとなしいよなあ。あんまりしゃべらんし。
学校どうや?」
と気さくな兄貴分的な接し方です。
積極的に関わっていこうとする姿勢が見えて好印象。
去年の先生が、他人事のような話ばかりで
「自分で考えてやってください」みたいに突き放されたので、
同じ先生でもこうも違うのかと。

「委員とかもっと積極的にやっていけよ。
やってみたら、ああこんなもんかってわかるし。
今年は修学旅行もあるし、友達多い方がいいやろ?」

先生には1年生の時も数学を教えていただいてて、
3学期とも「5」をいただきました。
先生のお話からは、授業中に特に問題ある様子はないようですが
sasa「授業中はちゃんと前向いて聞いてるでしょうか?」
眼鏡かけないので黒板も見えず、
内職とか、まさかこっそり漫画読んだりしてるんじゃないか
と気になっていたのです。

先生「そうですねえ。そんなにしっかり見てはないですね。
ワークブックもどんどんやって早く終わってしまってたし、
3学期とかは、することなくて退屈だったでしょうね。
他の問題集持って来ていいって言ったんですけどね。」

sasa「あの、そういうのって感じ悪かったりします?」

先生「・・・そうですね。そう感じることもあるかもしれませんね。」

おお!ちゃんと本音を言ってくだる先生だ!
反応ないのが一番困るのよ。
きれいごと言われても意味ないし。
先生は、こいつちょっと生意気だと思いながらも
感情とは別に通知表は評価してくださってるわけだし。

ここは誤解を解いておかなくては!
先生の脱線話とか大好きでワクワク聞いてるのに、
早く授業進めろって顔に見えたと言われたこと。
保育園で、腕を骨折して腫れ上がってるのに
先生に言えかったこと。
塾には行っていないので、
授業を馬鹿にしているわけではないこと。

話していると、先生も
「それは損してるかもなあ。ちゃんと自分で言わんと!」
と距離が近づいてきました。
「よし、今年のテーマはアピールやな!
どんどん仕事やらせるけんな!」

sasa、とても安心しました。
先生は本心も言ってくださるし、
長男の問題点も理解してくださいました。
去年はコメント欄に要望書いても全く返答も対処もなしだったし、
ご自身の家庭の事情をくどくど説明されて
生徒には手がまわらないけどご了承ください、みたいな話。
仕事で自分の事情を社外に言って
勘弁してもらうのってありえませんからね。
仕事は仕事のはずです。

長男、自分から「やります!」とは言えないけど、
指名されればまんざらでもなく、仕事はこなすはずなのです。
それを少し積めば、「やってもいいよ」「やろうか」
くらいにはなるかも。
なんだか気持ちが軽くなってきました。

『Wicked』リハ見☆質問コーナー

先日のリハ見イベントは後半が質問コーナー。
イベント前に質問ボックスに質問を入れて入場しました。

オズ陛下(松下武史さん)の司会で、登壇者は
・山本貴永さん
・斎藤准一郎くん
・西浦歌織さん
・新津つくしさん

そこでぬぁ〜んと、次男の質問が採用されたのだ!
事前に選んであったのか、たまたま引いたのかわからないんだけど、
質問箱の中から1枚抜いた山本グリンダが
「この質問は○○くんから。どこですか〜?」って。
質問はかなりの数入ってたらしから、3人でビックリ!
次男、固まったまま手を振りました。
sasa家の子どもたちは手を挙げて質問することなんてできないから、
こんなことって超貴重なのよ。
二人とも「奇跡やん!」を連発しておりました。

そして質問は「きんちょうしますか?」
というシンプルなもの。

グリンダ「毎回、すごく緊張します。
共演者に『大丈夫、大丈夫』って言ってもらっている。
どうしてこんな仕事してるんだろうと思うくらい緊張魔。
いつも緊張と闘いながら舞台に上がっています。」って。
オズ陛下も「いい表現だ。緊張と闘いながらってその通りだ」。
あんなに毎日主役やってても、そんなに緊張するのね。
一生懸命質問に答えてくれる姿が真摯で、
山本グリンダ一気に好感度アップ☆
我ながらほんっと単純だわ。

他には
Q:どこの劇場が演じやすいですか?
オズ陛下
「福岡は好きだし、キャナルシティ劇場は演じやすい。
傾斜や音の届き具合がいい。
今回はあざみのの稽古場で練習していたら、
あまりの余震の多さに稽古にならなくなって
早めに福岡に来ました。」

斉藤さん「2階席が近いですね。
カテコでライトがついた時、2階もよく見える」


Q:どうやってテンションをアップさせますか?
斉藤さん「シズ大学の前にみんなで肩を組んで
気持ちをアップさせてます。
どの舞台でもやるわけではないので、
このカンパニーはいい雰囲気だなあと思います。」


Q:おすすめのシーンは?
西浦さん「エメラルドシティです。
衣装や装置も華やかだし、アクロバットがあったり
自転車があったり、すごいスピードで展開して、
どこを観ればいいの?というくらいのシーン。
観られなかったところは、また次回観て欲しい」

斉藤さん「ダンサーとしては、早替えの後のダンスシーン。
『骨で踊れ』と言われる変わった踊りです。」


Q:1日にどのくらい練習していますか?
新津さん「毎日、個人ストレッチしてみんなでバレエ。
呼吸法や個人練習などしてます。
休演日は1週間に1日で、リラックスしたり、お稽古に来たり。」

山本さん「グリンダのお稽古始めた時は、
1日24時間じゃ足りないよー!っていうくらい練習しました。


興味深かったのが、
ウィキッドって変わった振付けが多いなあと思っていて、
特にフィエロの奇妙な動きね。
あの腕を直角にブランと垂れる動きは
フィエロのその後を暗示してるんだって。
な〜るほど!納得☆

DVDで『オズの魔法使い』を観ると、は〜こういうことか
ってますます面白くなりますよ♪
とのことでした。

劇団四季『Wicked』4回目☆



■日時:2011年4月26日(火)18:30
■会場:キャナルシティ劇場
■キャスト:山本貴永(グリンダ)、江畑晶慧(エルファバ)
      北澤裕輔(フィエロ)


次男と2人で行く予定が、長男の予定も空いたので、
慌ててもう1枚チケット追加しました。
もちろん3人とも2階最後方のC席ですよん♪
確かに遠いけど、一度始まるとお話の中に引き込まれるから
そんなに気にならなくなるのよ。
シティ劇場はこじんまりしてるしね。

で、本公演から北澤フィエロです。
いやあ、イケメン王子ぴったりの端正なお顔立ち。
体もスリムだし、踊りも普通にいけてます。
でもさあ・・・
sasaはやっぱり涛フィエロが好き☆
あの膝下を揺らしたり、腕を直角にブランとさせる奇妙な踊りなんて、
あんまりカッコいいポーズとは思えないのに、
涛さんだとキマルんだよねえ。
かなりハードな動きも、踊りがしっかりしてるから
歌が息切れしない。
北澤さん、動きが激しいところでは歌が荒くなります。

それに、グリンダとボックのやりとりと見てる時、
涛フィエロは面白おかしそうに薄笑いで見てるんだけど、
北澤フィエロは魂胆ありそうな意地悪顔。
*北澤さんファンごめんなさい…。

『この幸せ』で、エルファバの悪口を聞いてる時の
涛フィエロの斜め下目線も悲しげで良かったんだよなあ。
歌も踊りも揺るぎなく安定してたし。

まあ、これは好みの問題ですからね。
sasaの優先順位が「動き」にあるというだけです。

劇団四季の『作品至上主義』というのにも少し慣れてきました。
役者さんが変わっても、良い作品はちゃんと成立するんだなあと。
実際、沼尾さんが抜け、涛さんが抜けても、
やっぱりまた『Wicked』観たい!
そして、今度は困ったことに次男までまた観たいと言うので、
チケット追加は確実でしょう。

『Wicked』魔法のリハーサル見学会

期待していたリハ見第3回は、
sasaの予想が見事に当たり『人生を踊り明かそう』でした。
でも、もちろん涛さんではなく、北澤フィエロです。
グスン…

ステージを観る限りは、もう完成されているようなのに、
裏では毎日、あんなに修正調整が加えられているんですね。
立ち位置とか、リフトのタイミングとか
ばらつき方とか、歌の強弱とか、細かい指示が出ます。

そして北澤さん、今日からなので、大阪で経験ありとはいえ、
会場の大きさや共演者との関わりなど調整事項が多いようです。
北澤さんご自身が「よろしくお願いします」と言いながら
リハーサルされてました。
本を取り上げて放り投げる方向もボックと確認。

ディラモンド先生前田さんからは、
生徒たちが本を投げるシーンも
それぞれの思いがあって投げるのだから一様にはならないはず
というご指摘が。
そんなところまで作り込んでいくのね。

フィエロの見せ場シーンだというのに、
涛さんではないことがつくづく残念ですが、
キャストの揃う、華やかなシーンなので、
見応えがありました。

そんなぁ…

またまた四季ファンの友達からメール。
「フィエロ交替やし〜!」

はあ?

北澤裕輔さんにチェンジだそうです。
超ショック!

魔法のリハーサル見学会第1回がオープニング、
第2回が『エメラルドシティ』だったらしいから
もしやもしや、明日のリハ見は
『人生を踊り明かそう』かも?
な〜んて夢ふくらませてたのよ。
sasaの夢、破れる…。

北澤さん、ラウルするくらいなのでイケメンさんで
ファンも多いみたいだけど、
sasaのポイントは今や確実に「動き」なの。
『キャッツ』もいける涛さんのように動けるのか?
彫刻に片手でブラ〜ンとぶら下がるシーンとか
膝下の動きが悩ましいダンスシーンとか
どうなんでしょう?

キャスト表とにらめっっこして観劇日を決める東宝系では
こんな大どんでん返し、ありえないことで、
今回、四季の洗礼受けてる気分です。

意外な。

今日は夜、地域の保護者会があるので、
委員の一人であるsasaはママ4人で
お茶&お菓子の買い出しにでかけました。

最近引越してきた方が多く、あまりお互いを知らない4人です。
どういう方なのか、考え方や価値観がよくわからない。
そして、全員仕事をしているからか性格なのか、
それぞれの考え方が強くてお菓子もなかなか決まらない。
sasaは美味しいお菓子をちょっぴりがいいんだけど、
さみしいから数が多い方がいい!とか。
これまではこういうシチュエーションの時、誰かが主張すると、
それでいいよ〜ということが多かったので、
この展開は意外。

他にも、
スポーツインストラクターのママは
お菓子の数が一人「4つ」になるのが嫌。
やっぱり数は、1、3、5じゃないと気持ち悪いらしい。
お弁当のおかずも必ず5種なんだって。
へ〜、見た目ばりばり体育会系なのに、意外と古風なのね。

もう一人のお上品ママはネットショップをしてるらしい。
商品は「お人形」なんだって。
「みなさんが見たら、こんな世界もあるんだ〜!って
びっくりしますよ」って。
かなりマニアックな世界だそうな。

話してみると、意外な顔がわかるもんだねえ。
1年間の委員、なんだか面白くなってきたぞ♪

「あたしっていい人だから♪」byグリンダ

今日、天神で道を急いでたら、
若い女の子二人連れが近づいて来ました。
「あの〜、ここわかりますか?」

あれ?ちょっと言葉が違うかも。
韓国かなあ?
もしかして中国?
シャオチャンといい、タオさんといい、
中国出身の方が気になる今日このごろ。
でも、ほとんどわからないくらい日本語上手よ。

住所が書いてある紙を見せられて、
え〜、いくら福岡生まれの福岡育ちでも、
ビル名とか施設とかお店の名前ならまだしも、
中央区大名○○-○○がどこかはわからないよ〜。
と、そこでピ〜ンと閃いたぞ!
取り出したのがiPhoneだよん♪
グーグルマップに住所入力して
(この時点で、入力が遅いsasaであります。焦る!)
「検索!」ってタッチしたら、
ほ〜ら、お探しの場所がみつかりましたよ。
文明の利器って素晴らしいわね。


「区役所わかる?そこ曲がってすぐだからね。
わかる?大丈夫?」
sasa、世話焼きおばちゃんのようでした。
ついていってあげたかったけど、
品川クリニックの検査予約時間過ぎてたのよ。
いいの、いいの、そんなことは。
「気にしないで。あたしっていい人だから」ねっ♪

Wicked@フクオカ・ビィーキ


地元西日本新聞発行のフリーペーパー『フクオカ・ビィーキ』
に『Wicked』のかわいい記事が。

sasa、まだパンフレット持ってないので、写真をしっかりチェック。
『この幸せ』のアップスタイルはやっぱり沼尾グリンダがかわいいわぁ。
「幸せよ〜♪」と言いながら、憂いの表情だし。

そして端々にウィンキー国の王子さまがいるわ〜☆
って、ちょっと扱いが小さ過ぎないかい?
かりにも一国の王子さまなのだよ!

海外ドラマ『ダメージ』

今日は貴重な平日休み。
家から一歩も出ないでひとりを楽しむぞ〜!
ちょっと買い物でも…と出ただけでお金使うしね。

ということで、今日は録画しておいたドラマを観ることにしました。
ついにsasa家もBSが観られることになり、
あれこれ録画しているものの、観る時間がなく、
たまっていく一方なの。

会社の独身ちゃんたちは
流行りの海外ドラマしっかりチェックしてるけど、
sasaは、話題の『24』とか『ER』さえ観たことありませぬ。
たまたまNHKで連続放送していた『ダメージ』に挑戦です!

弁護士のお話で、現在と過去がフラッシュバックしながら
お話が進みます。
そこまでめちゃ面白いということはなく、普通〜。
これにハマることはなさそう。
とりあえず、1シーズン13本全部録ってあったので、
一気に観られるのは効率よし。

同僚のおすすめは『LOST』だそうです。
整骨院の先生には『プリズン・ブレイク』を勧められた。
面白いドラマ、いろいろありそうね。