博多・天神落語まつり2010「今、この三人会 其の二」



◆日時:2010年10月31日(日)15:30
◆会場:福岡銀行ホール 21列
◆出演:桂文珍、立川志の輔、三遊亭歌之介

今年で4年目となる落語の祭典。
著名な落語家さんたちほとんどが、この3日間は博多に集まります。
昨日は次男と一緒にご招待の「こども寄席」
今日は「今、この三人会 其の二」に行ってきました。

この「今、この三人会 其の二」ね、
「博多・天神落語まつり」の29あるプログラムの中で、
最もチケットが取れなかった一番人気の会です。
発売日に電話を丸一日かけてもつながらず、
翌日の昼やっとこさつながった時にはもちろん完売。
ちょっとした不思議なルートで手に入れた貴重なチケットです。
お席は最後列だったけど、贅沢言ってる場合じゃありません。

ご出演の3人の落語家さんの中でもお目当てはもちろん志の輔さんね。
文珍さんは去年も聴いて、とても面白かったのですが、
志の輔さんと一緒だと残念ながら霞んでしまいます。
それほどに志の輔さんは秀逸。

今回の演目は新作落語「バールのようなもの」。
「バールのようなもの」とは「バール」なのかそうでないのか。
という、どうしてネタにしようと思うのかわからないものに注目して
それを笑いに変えるところが凡人には図りかねる才能です。
内容は、ほんっとくだらなくて、それ、どっちでもいいやん!
と言いたいようなテーマなのにそこにこだわって笑いにする。

志の輔さんを「ためしてガッテン」でしか観たことない方、
ちょっと話の上手な進行役くらいに思っているかもしれないけど、
高座でのキレはあの比ではありませぬ。
くだらない内容でありながら、知性が感じ取れます。
ほんっとあの才能を、司会のために使うのは勿体ない!

今日もまた、口を閉じる暇も無く、
アゴが痛くなる程笑い転げた高座でした。

NHK『ハートをつなごう生きようこの時を-ソニン・RENTに挑む-』

「ハートをつなごう」という難しい番組の司会を
長いこと続けているのもすごいと思うソニン。
『RENT』のミミは本当に運命的な役だったのでしょう。
悩み迷いながらミミになっていく舞台裏が紹介されていました。

ササがソニンを好きなのは、演技に嘘がないから。
役に誠実だから。
「その役っぽく見せよう」とかではなくて
「その役になってしまう」から。
サイゴンのキムの時も、感情が高ぶりすぎて声は割れるし、
カテコでは茫然自失の状態で、にっこりもできないの。
玲奈ちゃんキムは母親には見えなかったし、
聖子ちゃんキムは優等生すぎて、クリスがいなくても大丈夫。
ソニンキムはクリスに対しては頼り切る女の弱さ、
タムは自分の身に代えても守る母の強さ、
どちらもキムそのものだった気がするのです。

『ペテン師と詐欺師』ではあっぱれ☆だったし、
『戯伝写楽』の花魁も評価が高かった。
役の幅が広いのも見事!

怒濤のような感動をくれた今回のミミも
あんなに悩みながら役作りしたんだね。
当事者のミーティングに参加したメンタル面から
階段シーンの登場も何度も脚の角度や手元の位置を確認して…。
観客としては、その想いをちゃんと受け止められて良かったと思う。

期待してるのは、レミのエポニーヌ。
熱くて切ない役、ソニンには絶対似合うと思う。

ミュージカル『RENT』



◆日時:2010年10月23日(金)19:00
◆会場:シアタークリエ 4列目センター
◆出演:福士誠治、Ryohei、米倉利紀、ソニン、田中 ロウマ、Shiho、
    キタキマユ、白川裕二郎、安崎求、Eliana、Junear、
    中村桃花、汐美真帆、Spi、戸室政勝

ソニンちゃん目当てに観に行った『RENT』。
突き落とされるような感動でした。

主役のマーク;福士くん。
好きな俳優さんだけど、ミュージカルだとどうなのかな?
どこからどう見ても日本人顔なのにニューヨーカーってどう?
なんて思ってたけど、
みんなに優しい気持ちを持ちながらも
うまく立ち回れず、パートナーもいない、
「いい人だけど中ぶらりん」なキャラクターを好演。
歌も程よく上手で、慣れてない感じがかえって誠実味があって
とても良かった。

そして、注目のミミ:ソニン。
圧巻だよ。
キャンドルのシーンから、ロジャーの気を惹きたいけど不器用な
繊細でかわいいミミにウルウル〜。
切なすぎる…。
肌の露出がものすごい役なので、体もとことん絞ってます。
9キロも落としたらしい。
そのボディが見事に活かされる階段でのダンスシーン。
歌いながら踊りながら下りてくるその姿は
あまりもかっこ良く、震えがきそうでした。
歌が演歌っぽいとかいうご指摘もありますが、
ササは、あくまでも熱く、ど根性で真っすぐに表現する
ソニンが大好き♪

もともとササが何故ミュージカルに感動するかと言えば、
役者さんたちが舞台の上で、
その役を懸命に生きているからだと思うの。
精一杯生きる姿に感動する。
それを強く感じる作品でした。

当時のアメリカの状況とか、HIVの現状とかも知らないし、
ミミのキャンドルはドラッグをあぶるためのものだなんて
後から知ったわけで、
理解不足のところはいっぱいあると思うけど、
メッセージはそんなことではないよね。
ドラッグ、薬物中毒、エイズ…
命を身近に感じるモチーフとして使っているだけで、
結局は「精一杯生きよう!」ってことだと思う。
実際、ササはそういう気持ちになった。

カテコもすぐスタオベとなり、会場全体が熱い。
ステージも客席も気持ちはひとつ!
福士くん、目が赤かったのは気のせいかな?
きっとプレッシャーの中いっぱいがんばったんだと思う。

終演後、ご一緒したややちゃんに「良かったね」と話そうとしても、
感動が突き上げて来て声にならない…。
ミュージカルって素晴らしい!

舞台『ローマ人の物語より〜カエサル』



◆公演日時:2010年10月23日(土)17:00
◆会場:日生劇場 2階I列上手サイド
◆演出:栗山民也
◆出演者:松本幸四郎、小澤征悦、小島聖、小西遼生、瑳川哲朗、
勝部演之、水野美紀、渡辺いっけい、高橋惠子

浮かれっぱなしの4日間から、
今日は頭冷やして、『カエサル』いきま〜す。
というか、いけないわ…。
ササ、『カエサル』撃沈です。
全然わからんやった…。

これ、確実にササの問題でしょう。
世界史の教養がない上に、予習もしてなかった。
塩野七生さんの原作は無理だとしても
いくらかは勉強しておくべきだった。
カエサルとブルータス、オクタヴィアヌスの関係も知らず、
観劇しながら頭の中で探るばかり。
ステージは遠いし、よくわかんないから
だんだん眠くなってきて…。

舞台は美しかったし、
きっと幸四郎さんは素晴らしかったのよ。
小島聖ちゃんは演技が単調なので好きになれないけど、
水野美紀ちゃんのコメディエンヌは愛らしかったはず。
でも、とにかく頭に入ってこなくて…。
ディスカウントでお譲りいただいたB席2500円だったのが救い。

ま、こういうのは相性もあるし、
好きな作品に巡り会うのはご縁ですから。
今回は残念っ。

ファンタ×王子

絶対こういうことあると思ってたのよね。
王子がファンタにご来場。
沙也加ちゃんブログで発見しました。

なんといっても自分の演じた作品だし、
タイミング的にも10月は行けそうだし、
いつか観劇するんじゃないかなって。

もう残り4日だし、この日でしたか…。
シャオチャンと王子もお話したのかなぁ。

『ファンタスティックス』まだ言い足りないこと



シャオチャンがふりかけてくれたキラキラ魔法の粉だよ〜♪
ササの宝物だよ〜♪

3日連続で『ファンタスティックス』の話だけど、
まだ話したいことがあるので、4日目もファンタ、
というかシャオチャンのお話ね。

まずは、大事な幕間のこと。
1幕が終わって、ステージ上のキラキラや葉っぱのお掃除が終わると、
奥からミュートが一人静かに竪琴を抱えて登場します。
上手階段横にチョコリンと腰掛けて、
竪琴を弾いてくれるの。
1日目、2日目は
「Try to remember」の
単音弾きバージョン、
和音弾きバージョン、
速弾きバージョン。

あんまり楽器は得意じゃないのか、
とても一生懸命弾いています。
その上、ちょっと間違えたりもする。
竪琴の弦と指をずーっと見たまま真剣☆

曲と曲の間では間がもたず、周りをきょろきょろ。
話しかけたお客さんがいたんだけど、
口に手を当てて「シ〜ッ」って。
ミュート(黙者)なのでしゃべれないんだって。

ゆうさんからの事前情報で、
ササは3日間とも幕間は階段前にスタンバイしてたけど、
1日目のオーディエンスは10人足らずと少なし。
ちょっと寂しいから、ミュートがんばれ〜!って気持ちで、
ササ、1曲ごとにしっかり拍手してたら
ミュート、にっこり微笑んでくれました。
2日目は少し人が増え、
3日目は始まる前からたくさん集まっていました。
ミュートは、弾くことに精一杯なので、
弾いている間に人が増えたことに気づかず、
弾き終わって目の前にいっぱいいるのを見て
目をパチクリンッ☆

そして、3日目はなんと☆新曲「雨が降る」が登場しましたよ。
ルイザも来てくれて、並んで座って歌ってくれてたら
一番盛り上がるところで音を外して、2人ともズルッ。
これもご愛嬌♪
ミュート、きっとがんばって練習してくれたんだよね。


あとはね、カテコの時だけど、
シャオチャンは下手から3番目が立ち位置で、
2日目のササのお席(最前列)の正面。
お辞儀から視線を上げる途中で、目が合っちゃった☆
って、ササが一方的にきゃあきゃあ喜んでても、
シャオチャンの方はにっこりしてくれるわけでもなく
無反応だったけどね。
カテコってさあ、ほとんどのお客さんは
センターの鹿賀さんとか万里生くんとかを見ているわけで、
端っこのシャオチャンを見つめ続けてる人ってなかなかいないのよ。
なので、シャオチャンも目の前に自分だけを見つめている
お客さんがいてびっくりしたと思う。



こんなグッズも買ってしまった…。
シャオチャンがついているのはこれしかなかったんだもん。
もちろん、右側のポスターと同じ絵柄の方が欲しくて買ったんだけど、
もう1枚入っていて、左側の万里生くんの裏は鹿賀さんのアップなの。
これはちょっと恥ずかしいかも…。

と、話は長くなりましたが、
とにかく、目が合ったとかそんなことだけでも有頂天の
楽しい遠征でした。
こんなに幸せにしてくれて、
シャオチャン、ありがとう♪

『ファンタスティクス』出待ち☆



まだまだ続くシャオチャン話。
今日は出待ちについてね。

3日間観劇したとはいえ、諸事情により、
出待ちできるのは1日目だけ。
それも最初オーチャードホール楽屋口と間違えてしまい、
ダッシュでコクーン楽屋口へ。
シャオチャン結構早めに出てくるって聞いてたし、
まさかもう帰っちゃったかも…と不安。
モトさんも矢部さんもささっと帰って行ったし…
40分くらいしても出てこない…グスンっ…

と、そこへ、
ミュートのイメージそのままに、
上下黒の皮のお洋服にキュートなお顔の
シャオチャンが出て来たよ☆
突然だったので、緊張する間もなく、
ササ、全く躊躇なく、即座に「あ、シャオチャン♪」と
声をかけて近づいていました。

シャオチャンすぐ振り向いてくれて
ササ「サインお願いしていいですか?」
に、背筋がピンとのびて首をこっくり動かす
いつもの上品な会釈で快諾。
ササが公演パンフとマジックを差し出すと
シャオチャン「どこに書きますか?」
ササ「表紙にお願いします。」
これ、ササは他の誰でもなく、シャオチャンのファンだよ!
という精一杯のアピールです。
公演パンフの表紙ちょっと凹凸があって書きにくいけど
ささっと書いてくれました。

何かしゃべらなくちゃ…
あ、そうだ…

「これ、シャオチャンにいただいた
(去年の写真集についていたプレゼント)
パシュミナです♪」
と首に巻いていたパシュミナを示す。

・・・・・

シャオチャン無反応。

あれ?これってシャオチャンが選んだんじゃないのかな?

「握手もお願いできますか?」

また、美しい会釈。

握手していただいて、
ササ「また明日も来ます♪」

これにはシャオチャン、にっこりしてくれました。

やっぱり何度も観に来てもらうことが
役者さんにとっては一番嬉しいのかな。

お礼を言って下がると、
あれ?実はササの後ろには数名の列が出来ていました。
ササ、できるだけ長くシャオチャンを見ていたいので、
他の方たちとのやり取りも遠巻きに見つめ続けます。

この方たちはほとんど万里生くんのファンです。
一通り終わったところで、ちょうど万里生くん登場。
みんな一斉に万里生くんの元へ。
万里生くん、はいは〜い♪って気さくに応じてます。

ササは浮気する気は全くないので、
そのままシャオチャンを目で追っていると
普通に歩いて帰っていました。
黒の上下の腰の後ろ側に赤くて小さなウエストポーチ。
あっさり身軽なスタイルです。
博多座の時はディーゼルの大きなバッグを斜めがけにし、
ヨガマットを抱えてたのにね。
まあ、あの時はVダンサーでダンスが大きなウェイトだったもんね。
携帯を見たりしながら、人ごみの中を駅の方へ歩いて行きます。

渋谷駅近くまで遠くから尾行を続けたけど、
駅前で見失いました。

まあ、ストーカーするつもりはないしね。
久しぶりにシャオチャンに会えて、お話ができて、
ササ、ただただ幸せ〜♪

『ファンタスティックス』シャオチャンしか見えない☆第2幕

は〜い、昨日の続きいきますね〜!

第2幕は4人がフリーズしたところからスタート。
後半はね、壁がなくなってしまったから
ミュートはプラットフォーム奥で待ちが多いの。

エル・ガヨが「みんなには少し火傷が必要」と説きます。
1幕の月と同様に、太陽を天空に美しく送るミュート。
ステージが怪しい赤い光に包まれます。

1幕とうってかわって、みんな不機嫌。
水やりのこと、プラムのことで諍い。
投げ捨てるプラムをミュートがキャッチ。

『Burnished By The Sun』
苛立つ4人の間をミュートが一人ずつはらうように
手をす〜っと上げて進みます。
この真っすぐ伸びた腕もキリリとしてとてもきれい。
視線もいいなあ…。
そしてそして、このナンバーの時に、あのピルエットが見られます。
キャッツ/ミストフェリーズでも伝説の、軸のブレない回転。
出待ちでご一緒した方が
「ミュートってキャッツのミストですよね?」って。
このピルエットで気づいたみたい。
シャオチャンのピルエットはほんと見とれちゃいますもの。

ルイザがマットをひっぱたくシーンで、
ミュート付近から音がした気がするんだけど、音出ししたのかしら?

『Grant Me In Your Minds A Month』
父親たちの指示で、ミュートは両家の間に厚い壁を作り始めます。
今度は細い棒ではなく、レンガの厚い壁。
ミュートはレンガ積みのマイムを続けます。
この時はね、客席に背を向けてるから
ステージシートの観客だけがお顔が見えるの。
ハックルビーに質問されても黙っている。
「そうか、君はしゃべらないんだったね」
黙ったまま見つめるだけ。
この表情も無垢で素敵。

なんかさあ、手を上げるだけ、黙ってるだけで
きれいとか素敵とか、ササの頭おかしいよね。
でも、ほんとなのよ。
何をしても動きが美しいの。これは冷静に判断しても確かな事実。

父親たちの野菜の歌の後、箱3つを積み上げて木になるミュート。
エル・ガヨとルイザが木に上っている間、ずっと裏側から支えます。
この姿も、ステージシートからしか見えません。
エル・ガヨのマントのあしらいなど細やかに心を配ります。

そして『Round And Round』。
ここもミュートのちょっとした見せ場。
エル・ガヨのマントを何度も全身で大きく翻します。
ほんとはシャオチャンの実力からすると、
こんな動きじゃダンスのうちにも入らないかもしれないけど、
この作品では体を動かすシーンが少ないので、
ここ、結構意気揚々と演じてる気がします。

マットの冒険と交錯するシーンでは
ルイザにマスクを渡して心を迷わせます。
ここは、マットが酷い目に遭う結構心の痛むシーンで、
この時だけは、いつも柔らかなミュートの表情も険しいの。
特にジプシーダンスの時は辛そうだった。

曲のラストはプラットフォームの全周を大きなジャンプで回って
一番奥からジャンプではけます。
狭いプラットフォームの中で大きく動くので、
何気なくやってるけどきっと難しいジャンプだと思う。

箱も楽々動かすし、小物もさりげなく扱うけど、
なかなかあんなスマートな動きはできないと思うのよね。
実はいろいろ考えたり、練習したりしてるのに
「何でもないんだよ〜」ってポーカーフェイス。

火傷をして傷つき、でも、それぞれ成長したマットとルイザの再会。
2人のラブソング『They Were You』で感動のラストへ。
ミュートは2人を見守り、ロマンチックな白い雪を降らせます。

この優しいラブソングとハッピーエンドに涙涙…。
良かったね良かったね。

最後は客席に下りて中央通路まで行き、
そのまま横に移動しなら大きくジャンプ。
客席にカラフルなキラキラを降らせてくれます。
みんなに幸せの魔法をかけてくれてるみたい。

フィナーレでも下手のバーにスルスル〜っと上るよ。
上手のバーを使った開脚ジャンプは180度以上あったと思う。
公演パンフに「アクロバティック的な動きはやったことなくて、
練習あるのみ」
とあったから、きっと相当練習したんだろうね。

カテコの時は出演者一人ずつに金色のキラキラを撒きます。
そして一番最後はね、一番キレイなシーンだよ。
他の出演者はみんな先に帰るんだけど、その時にね、
「がんばれよ」みたいに、みんながミュートに合図を送るの。
ミュートも「任せて♪」って感じに無言で応じて…そして…

ひねりのある大きなターンの周りで
金色のキラキラがステージを舞います。

客席全体が幸せな気持ちになるエンディングでした☆

『ファンタスティックス』シャオチャンしか見えない☆編



◆公演日時:2010年10月22日(金)14:00 C列センター
            23日(土)12:30 A列下手サイド
            24日(日)12:30 ステージシート上手3列目
◆会場:Bunkamuraシアターコクーン
◆出演者:蔡暁強 鹿賀丈史 田代万里生 神田沙也加
斉藤暁 矢部太郎 二瓶鮫一

何から書こうかなあと思ったけど、
ササが書きたいことから書きます。
もちろんシャオチャンのことね。
ネタばれありなので、まだ未見の方はご注意を。
リピの方はシャオチャンの注目ポイントの参考にしていただければ。
また、ササの記憶違いにお気づきの方はお知らせくださいな。

ステージはシャオチャンに始まり
シャオチャンに終わります。

ステージ裏から竪琴を持って一人で静かに登場する
ミュート/シャオチャン。
スポットライトを浴びてちょっと誇らしげな表情をして
オケピに足を下ろして座ります。
『Overture』の最初の連続音を奏でているうちにオケが重なり、
そのうちエル・ガヨが登場して、
「あっちへ行け」というようにミュートのお尻を足の先でこづき、
ミュートは慌てて下がります。

それから他の出演者が客席側から登場してきて、
ミュートはみんなの衣装を準備して、
曲の最後までに急いで下手のバーをスルスル〜っと上って行き、
キラキラを撒きます。
ここまで結構時間が短いので、ミュート大忙し。

そして『Try To Remember』が始まります。
ミュートはいつの間にか下りて来て、
プラットホーム後方の箱の上で見事に舞います。
この貴重なダンスシーンは、
意外と他の出演者の影になってしまって見えにくい。
特にセンターのお席だと背の高いエルガヨに隠れてしまいます。
曲の最後のフレーズでみんなの後方にまわって
ひとりひとりの頭上で、手で表現する蝶々をふんわり飛ばし、
最後は前方センターで客席に飛ばすように決めポーズ。

次にエル・ガヨが登場人物を紹介。
ひとりずつ紹介し、
その横でミュートが自分の番を嬉しそうに待っていたのに
「壁」とゾンザイな扱いを受けて凹む。

ルイザの紹介ではネックレスを手渡し、
マットには本を投げる。

紹介が終わると細い棒を持って2人を隔てる壁になる。
かなりの時間、この棒をまっすぐ持ち続ける状態。

ルイザが気を失ない、マットが自分の話に夢中になっている時に
一瞬箱から下りてルイザを起こす。

ハックルビー(マットの父)が来て、ルイザ「キスして!」
からずーっとキスしたままの2人。
ミュートはそれを目の前にして壁を持ち続けます。
マットが片足を上げた状態でキスしていて、
この棒がいくらか支えにもなっているので、
ミュートは絶対に下がらないように
棒をしっかり持っていなければなりません。

父親たちの『Never Say No』の後、エル・ガヨ登場。
誘拐のコースをどれにするか相談して、エキストラの募集があり、
追加の2〜3人をどうするか。

ミュートの座っている箱が音を立てます。
慌てて立ち上がって上手側のバーのところに移動。
箱の様子をじーっと伺います。
この時にミュートのお顔がとても良いの♪
箱から何が出てくるのか、ほんとにドキドキしながら
バーの影から見てるの。
モーティマーがフタをちょこっと上げて顔を出した後、
すぐフタを閉めて引っ込むと
ミュートは目をパチクリさせて驚いている。
ここの表情、すっごくかわいいです♪

ヘンリー&モーティマーとエルガヨの一連の採用テスト?
のやり取りは、後方に下がって素な感じで面白そうに見ています。
特にモーティマーの矢を射る演技のところは楽しそう。
モーティマーは太鼓の場所がわからなくなって慌ててる時も
ミュートが「あっちにあるよ」と教えてくれます。
この示し方もさりげなくスマート。

打ち合わせが終了して、月を準備するシーン。
ミュートが腕の動きと視線で月を空に送ります。
ここの動きもしなやかで大好き☆

『You Wonder How These Things Begin』
ミュートのソロ。箱の上でリス、蔓、葉、恋などを全身で表現。
美しい動きが楽しめます。

再びルイザとマットのシーン。
嵐の音とともにミュートが木の葉を飛ばします。

『Soon It’s Gonna Rain』ルイザとマットのラブソング。
ミュートは雨を降らせたり、2人の世界への入り口を作ったり。
最後はプラットフォームの一番後ろを見事な側転で下ります。
下りた直後はしばらく、見えないようにじーっと体を低くしています。

誘拐劇の時は上手バー横にて、アルミ皿のようなもので、
パッカパッカと馬の蹄の音出し。
パフォーマーと一緒に鉄の棒で襲撃風ポーズ。

誘拐劇が終わって立ち去るヘンリーには、
小さく会釈。これがまたスマートで紳士的。

成功した誘拐劇に喜んでいるところでフリーズした2組の親子を
ステージに残したままエル・ガヨとミュート退場。
1幕終了。
今日はここまで。