2010-02-10

子ども

次男の音読

次男の先生は毎日宿題が多く、 音読もほとんど毎日。 これ、実は聞いてやる親のほうも結構負担だったりするんだけど…。 昨日から国語『ごんぎつね』となりました。 新美南吉さんの有名な作品ですね。 やりきれない結末の悲しいお話です。 この作品...
タイトルとURLをコピーしました