松岡佑子さん講演会「ホグワーツへの旅から帰って」

matsuoka

イベント好きのササ家、ウィークデイだけど、
『ハリー・ポッター』翻訳者☆松岡佑子さんの講演会に
子どもたちと行ってきました。
ハリポタはもちろん子どもたちの愛読書です。

よく知られた版権獲得までの一連のお話から
作者D.K.ローリングと会った時のこと、
ずっと大事に読めるように日本版はよい紙で丁寧に作ったこと、
翻訳の難しさ、面白さ、
などなどきっちりとわかりやすくお話してくださいました。

もともと同時通訳者でもいらっしゃるので、
ときどき出てくる英語の発音のきれいな響きにウットリ♪

そしてお話の中でも特に印象に残ったことを二つ。

「小学生から英語をという傾向があるが、
言葉は文化をひきつれているもの。
まずは日本語をしっかり、そしてその土台である日本文化を学ぶべき。」
以前も書いたことありますが、ササは英文学大好きでも、
小学生の英語教育には全く賛同する気になれず、
まずは日本語をしっかりやって欲しいと思っています。
松岡さんがまさしく同じことをおっしゃったことに感動いたしました。

もう一つは
「物事の上達はかけた時間に比例する」
ササね、自分で言うのもなんですが、仕事かなり細かいです。
「そこまでしなくても…」とあきれ顔で見られることもあります。
手間と時間をかけて丁寧に仕上げるより、
チャチャッと手早くするべきか悩むこともしばしば。
でも、ずっとこのスタンスで来ていると、
目指すレベルのところまで到達する距離と時間は明らかに短くなっています。
日々の情熱とこだわり、その積み重ねはきっと無駄ではないよね?
ってことにしようと思います。

1時間の講演の後、30分の質問コーナーがあり、
みなさんじゃんじゃん手を挙げて質の高い質問をされ、
松岡さんのお答えも真摯で納得できるものでした。
とても濃密な時間を過ごせて感謝でございます。

スケート教室☆

skate
土日の二日間、チャレンジスポーツクラブのメニューは
スケート@パピオアイスアリーナでした。
今回もまたその道の達人が来て指導してくださいます。
スケート場の観覧席ってじーっと座って見るには寒すぎっ。
なので、ちょっと様子を見てから、ササはすぐに退散。

お迎えに戻ってみると、さすがに手すりふきは一人もおらず、
みんなリンク内をグルグルまわってました。
うちの二人はまだまだ下手っぴぃで、
滑るというよりカタカタ歩いてる感じ。
こりゃ、まだまだ練習が必要だわ。

まあ、そんなことより、
6年生男子のグループがおしゃべりしながらつるんでて、
その中にちゃーんと長男もいることが
ササには一番うれしかったんだけどね。

リンクではスケーターを目指す子どもや青年たちも
ジャンプやスピンを練習中。
スケートは練習環境が悪いとは聞いてたけど、
確かにこんなたくさんの素人の中で、周りに注意しながら練習するのって
すごく効率悪いよね。
パピオアリーナ所属の、国内男子現役最年長スケーター中庭健介くんも、
こんな環境の中で苦労しながら練習してるのでしょうね。

シャオチャン☆お疲れさま

昨日はシャオチャンの発表会の日。
神戸までは行けないから、昨日は美味しいお食事いただきながらも、
今頃踊ってるのかなあと思いを馳せていました。
バタバタ大忙しだったけど、無事に終了したみたい。

子どもたちを素敵な舞台、綺麗な照明の下で踊らせてあげられて
シャオチャン嬉しそう♪
舞台で踊る楽しさはシャオチャンが一番よく知ってるでしょうからね。
シャオチャンが嬉しいとササも嬉しいわ☆
でも、踊る姿が見られたなら、もっと嬉しいのに…。

リストランテ ビス@今泉で晩餐会

今日のために、なんとか回復しました、させました、させたことにしておこう。
毎年恒例の、Ristorante BISさんでややちゃんと一年を締めくくる晩餐会。
西通りのマンジャーモだった時から20年くらい、
ササにとって不動のNo.1のお店です。

お魚コースとお肉コースがあって、
2人で1コースずつ頼むと、それぞれ2人分のお皿にシェアしてもらえます。
お目当ては決まっていて、オーナーさんもそれをよくご存知なので
「もうメニューは見なくていいですね」って、
なんかいかにも常連さんっぽく対応してくださいます。

前菜から早速、ほっぺがとろけるわぁ♪
bis1

これこれ!ムール貝のオーブン焼き
1つ目のお目当てです。ソースをパンにつけていただくのがお楽しみ☆
bis2

お魚:白身魚のシャンパンソース
これが2つ目のお目当て。このソース最高のお味なのですよ。
bis3

お肉:牛肉の網焼きマッシュルームソース。
お肉は毎回お任せです。お魚のソースとバランスを考えて提案してくださいます。
お肉も柔らか〜い♪
bis4

そして最後はもちろんデザートね。
bis5

ここで満足しなかったことは一度もありません。
毎回お料理は美味しいし、接客はピシャリと引き締まってるし。
やっぱりNo.1です☆ビス大好き。
ごちそうさまでした。

感謝☆

みなさま、温かいメッセージありがとうございます。

ブログって、テンション下がってる時は
「なんでこんなの書いてるんだろう?」
「書いてなんになるんだろう?」
なんてマイナス気分になることもありますが、
こうやってササのことを気にかけてくれるお友達がいるのは
大きな支えです。

昨晩は調子もよく、回復傾向♪
今日は朝から子どもたちのスケート教室です。
元気出していきましょっ!

そうか…

長びく咳ですが、
「風邪?」って聞かれると、
「う…うん。咳は出るけど熱はないのよ」
ってなんとなく申し訳なさそうに返事してたの。

今日、同僚に「それってなんか損した気分じゃない?」
って言われて、そうか…と納得。

風邪って、熱がないと堂々と「風邪です!」って言いにくいことに気づいた。
熱がないと、なんか認めてもらえないというか、嘘っぽいというか…。

旦那にも「熱は?」って聞かれて
「ない」って返事すると
「そうか」って感じであっさり立ち去り、家事免除なし。
いくら咳き込んでても毎日ご飯作って洗濯してたし。
おまけに咳がひどいと「マスクしたら?」って自分の身の方を案じてるしさっ。

確かになんか損した気分。
いや、もちろん熱なんかない方がいいのよ。
それはそうなんだけどさぁ。
何が言いたいかというと、きっともっといたわって欲しいってことね。

ヒアルロン酸☆

最近、おとなしくしてるから遊びの話題がないの。
先日、楽天10ポイントの時にケンコーコムさんで
「祭りのハイチュウ」と一緒に買った品々をご紹介しますわ。

手が化粧水にかぶれることもあるので、
今使ってるのは、できるだけ成分の入っていない
超お安い「どくだみ化粧水」。
これだと、美容成分は期待できないし、
さらりと水のようでしっとり感も足りませぬ。
シミにもしわにも乾燥はお肌の大敵ですからね。

で、手作り化粧水というのにも少し興味が出て来て、
精製水にグリセリンって言うじゃない?
グリセリン100ml(¥414)にプラスして
guriserin
アロヴィヴィ ヒアルロン酸30ml(¥999)
hiaruron
もポチッとしてみました。

ヒアルロン酸は化粧水にプラスしても、
美容液としてそのまま使ってもいいみたい。
「1gで6Lの水を保持できる」らしいよ。
確かに、夜つけて、朝洗顔する時もほっぺがニュルッとします。
お肌の水分を守ってくれてるのね。
結構いいかも♪


★特価★ アロヴィヴィ ヒアルロン酸原液 30ml[アロヴィヴィ]

咳続き

食欲はあるし、熱もないのだけれど、
咳だけがどうもいけません。
特に夜なんて発作状態で、いったん起きて落ち着かないと眠れない。

会社でもときどき止まらなくなるので、
同僚たちはササのことを心配しつつも自分の身にもふりかからぬよう…。

こういう時は寝るのが一番!
ということで、早めに寝ます
good night☆

ガスールでメイク落とし

gasul1
手荒れ対策のためにちょっと前から使っているメイク落としが
ナイアード社のガスール。
レビューがあまりにも皆さん絶賛なのでつい手が出ました。
モロッコ生まれのお肌にやさしい粘土で、
お肌のうるおいを保ちながら汚れを吸着して落とすというもの。
シャンプーやパックにもいいみたい。

容器に少量移してぬるま湯を入れ、
gasul2

しばらく置くとクリーム状になります。
gasul3

これを優しく顔に塗って洗い流します。
汚れが強力に落ちるかというとそうでもない気がするけど、
ササはあっさりメイクなのでこのくらいでいいみたい。
洗った後、乾燥してガビガビってこともありません。
手の状態がよいところからすると
お肌にやさしいのは確かのようです。



 ガスール 粉末タイプ 500g[ガスール]

歴史もの

昨日で大河ドラマ『天地人』も終わりましたね。

って、ササ見てないんですけど、
子どもたち毎週熱心に見ておりました。

男の子だからかなあ、歴史もの大好き。
それも強かったり、天下をとった人物に興味あるみたい。

図書館では一人10冊を2週間借りてきますが、
その半数以上が歴史もの。
今回のラインナップもこんな具合。
『日本の歴史シリーズ』なんて、もう何回読んだことか。
rekishi

でも、ここらでちょっとランクアップを目指そうと、
長男に提案してみました。
歴史ものと言えば司馬遼太郎先生でしょ。
有名な『竜馬が行く』はさすがに人気で貸出し中。
長男に選ばせて『義経』にしてみました。
長男個人としては、功績をあげたにも関わらず、
異母兄である頼朝に討伐された義経を気の毒に思っているみたい。

さて、お気に召すかな?
yoshitsune