ムーミン公式ファンブック 2016-2017


可愛い、可愛すぎる、ムーミンのビッグなショッピングトートバッグ。
これが、こんなお値段で手に入るなんて。

メインはミ―ですが、巾着部分の柄も北欧っぽくて、
マグカップと比較するとわかるように、
超ビッグサイズなのです。
スーパーのかごにも入るよね。


そして、小さく折りたためます。


ムック本って可愛いのが多くて我慢するのが大変です。
が、ムーミングッズは元からお値段お高めなので、
とてもコスパよしだと思う。

直木賞

ピース又吉さんの芥川賞が注目されてますが、
気になったのは、福岡在住・東山彰良さんの直木賞。

以前、西日本新聞に映画コラムを持っていらっしゃって、
オリジナルな視点で個性のある文章をテンポよく書かれていて
大好きだったのです。

しばらくして打ち切りになり、普通の記者さんの記事になって
当たり前の文章がつまらないなあと思っているのです。

お姿をおみかけしたこともよくあって、
いつもラフないでたちでしたが、
授賞の時は、わざわざ上京したであろうに、
ヨレっとしたTシャツ姿で、もう少しパリっときめればよいのに。
なにかこだわりがあったのでしょうか。

こんなことなら、勇気を出して「映画コラムのファンです」
って名刺交換でもすればよかったな。

IMG_4707.JPG
このドンヨリした日々に嬉しいプレゼントが☆

王子35歳記念のオフィシャルブック。

前半は、写真満載。
アイドルばりの笑顔やポーズに、見る方が照れます…。
王子も絶対「35歳なのに、こんなことやってていいのか?」
と苦笑してるはずのショットもあったり、
あれ~、やっぱり王子も歳とったのねえ、と思わせるような
35歳を感じさせるものも。
やはりプリンスですから、きっちりスタイルでキメた
貴公子風がsasaは好き♪

後半は、祐さまとの新旧トート対談や
(これ発行する時は非公開だったはずだが)
ダディ組の坂本真綾ちゃんとは、
「同志のような…」とあるから、
2人芝居は2人で作品に挑むようなものなんだろうね。
もちろんStarS揃ってのスペシャルトークも。

最後には演出家が王子を語るコーナーもあり、
小池先生や栗山さん登場はわかるとして、
蜷川さんが、最初の『ハムレット』では優等生すぎて厳しいダメ出しをし続け、
王子にとってトラウマになってるという話も聞いてたので、
しばらく疎遠になっていたけれど、
思い切って声をかけたら、やると言ってくれて
その成長ぶりを大絶賛。

トラウマになってても、リベンジに挑むところが
王子の優しくも強いところだよなあ。

7年間の軌跡をたどる写真も掲載されてて、
変わらないようでいて、やっぱり昔は若いなあ。
とっても可愛い男の子だもん。

見応え、読み応え十分なので、ゆっくり楽しませていただきます☆