テクニック

ピアノ部員の次男が「テクニックとバッハ送って~!」って。

テクニックってsasaも子どもの頃やったし、
子どもたちの時代になっても表紙そのまま?
そして全世界共通のテキストですよね。

ひたすら指動かすだけでつまんない記憶しかない。

でも、やはりこれやらないと指が動かないんだって。
世界共通の基礎なのでしょう。

長男帰還

長男、一瞬帰還しておりました。
免許更新でね。
お盆の帰省の時は大学院受験前で全く余裕がなかったので
今回はおばあちゃん家の庭仕事の手伝い。
最愛の孫におばあちゃん大喜び。
で手巻き寿司。

そして、早々に帰って行きました

先日の京都の時、「夜帰ってこん」というので
「大学?」と聞くと返事なし。
都合の悪い時は返事をしないタイプなので、
これはきっと麻雀。
連日のあまりの一人ぼっちに
すっかり悲しくなり、
そんなに毎晩不在とかひどくない?
と腹立たしくなり、最終日だけやっと家でご飯一緒に食べたと思ったら
また出かけるというので、
怒りを抑えながら
「そんなに毎日麻雀せないかんの?」って聞くと
長男、ポカンとして
「え?実験やったんやけど。
今日レポート提出やったんよ。」

ええ~?
それならそうと言ってよ。
あ~怒らなくて良かった。
危うくバトルところでしたよ。

ま、実際最終日は麻雀だし、
時間が空けば速攻雀荘通いしてるのも事実です。

大人

大学4年生の長男が、
大学院でも奨学金を申請するため
必要書類を連絡してきた。

いつものように
親の所得証明とか源泉徴収とかいるのかと思ったら
収入欄は本人に関すること。

院生ということは23歳。
働いている方が普通なくらいで、
もはや親の保護下ではなく、成人という扱い。

同級生も文系であれば就職が決まり、
4月からは社会人として独り立ちです。

それでも現実は、学費ももろもろの費用も
親が出すことには変わりはないのですが、
社会からすればそういう位置にきたのですね。

院試合格

長男、大学院試験、合格しました☆

あんまり勉強するものですから
却って心配しましたよ。
そんなに合格率低いのかと。

実際、本人も7~8割は受かるっていうんですよ。
なのに背水の陣のようでしたからね。

まあ実際この時点で落ちたらどうしようもない。
就職する気はないし、
他の大学院は受けてないし。
ただの院浪です。

その場合、奨学金はなくなるし
今更、家に帰ってくるのか?
実験や研究はどうなる?
院試って家で勉強するものなのか?

などの心配が解消されました。
長男も実験が面白くなってきた様子。
良かったね、おめでとう☆

日本学生支援機構奨学金

次男の奨学金の話。

普通は入学の1年前に予約しておくものです。
高校の時は学校が案内してくれるので、
なんとか予約しておりました。

が、次男、浪人したものですから
予備校では案内してくれるはずもなく、
自主的に調べて自分で申し込んでおくのです。

sasaが何度も言ったのに、
「うるさいなあ」風にしてるうちに
申込み期限が過ぎていたのです。
お友達はちゃあんと申し込んでましたよ。

そして次男「大学入ってから申し込めばいいんやろ?」

はあ?入学してから申込みよったら
書類出して審査受けて…ってやってるうちに
数ヵ月経ってしまいます。
その間どうやって暮らすん?

当然、親が出す羽目になりました。

ほうら。
sasaこの件についてはお怒りでしたよ。
学費はもちろん生活費もまるまる全部
仕送りしなくちゃいけなかった。
その上、次男、書類提出についてはかなり甘~い!
のです。
一人で手続きがきちんとできるかも不安。

さらには次男、申込み手続きする時に
「第一種(利子無し返済)」で申し込むというのです。

いやいや、君の成績ではそれ無理。
第一種で採用されるのは僅かなんですから。

が、本人当たり前のようにそれで申し込みました。
まあ、それで採用されなくても
普通に「第二種(利子あり返済)」で通れば良かったので。

が、なんと!第一種で採用されたのです。

というのは、高校でビリに近かった次男、
大学では、次男の学部だけ中期があるという特殊性により、
学内での成績が他学部よりかなり高いのです。
その結果、おそらく学内での申込者の中で、
いい位置にいたということなのでしょう。

結果、災い転じて福となる。

次男にとっては福!
第一種が転がり込んできました。

こんなこともあるんだねえ。

受験勉強

盆が終わると長男早々に帰って行きました。
といっても今回は8/1から帰ってきてたわけで
こんな長居したのは初めてです。

というのも、今回の帰省の目的は受験勉強だったのです。
早いものでもう4年生。
理系ですので大学院へ進学します。
その院試を控えて連日猛勉強。
ご飯を食べる以外はずっと勉強。

院試ってこんなに勉強するん?
レポートとか出すのかと思ってたよ。
ちゃんと過去問があって、先輩の解答例があって
それをひたすら解く。全くの受験勉強です。

sasaがその内容を見ても、もちろんわからないのですが
本人はわかってるのだろうと思ったら
「全くわからん。わからんまま書き続けよる。みんなそう。」
なので、実際の試験でも
できた、とか、できなかった、とかの判断もできないらしい。

そんなわからない問題を解き続ける長男の忍耐力には
感服します。
訳わからなかったら、いい加減嫌になるよね。
それを諦めずに丹念に見返しながら
少しでも解答の糸口を探す。

恐るべき集中力と意志の強さです。

Active Resorts 福岡八幡


お盆はお墓参り。
だけじゃ子どもたちすんなり帰って来ないので、
宿をとってお泊りすることにしています。

こうでもしないと一緒にいないのでね。

お墓参りして、実家に寄って、お宿へ。
長男が勉強するというので、
早めに宿に入って
残りの三人は温泉入ったり読書したりゴロゴロ。

夕食朝食バイキングの宿にしました。
子どもたちはバイキング大好き。
決して美味しいわけじゃないけど、
種類が多くて自分の好きなものを好きなだけおかわりできる。

2人ともあんまり食べてないようで
家にいたころより痩せてます。
ここでいくら食べたところで
食べ溜めもできないしねえ。
きっと何を削るかといえば食費を削ってるのでしょう。

いくら「ちゃんと食べるんよ」と言っても
聞き流すだけ。
それを監視できる状況にもないからね。

大阪府立大学工学域の入学手続き

ふだん具体的情報はボヤかしているのですが、
今回明記したのは、
入学手続きに苦労したから。
特に大阪府民以外の入学者にとっては厳しい。
ここで失敗できないから超緊張感の中進めました。
来年以降の方の参考になればと。

混乱の大阪大学と違って、3月23日の10時に予定通りネットで発表されました。
で、そこからです。
入学手続きは、今どきなんで?と思いますが、郵送不可。
必要書類を揃えて大学に持参しなければなりません。
23日(土)発表、手続きは26日(火)、27日(水)の2日間のみ。
府外からこのスケジュールは大変厳しい。
手続きには、入学金振込済の用紙を添付しなくてはいけない。
土日は銀行空いてない。
入学式もあるのに、この時期大阪まで行きたくはない。

なので、京都にいる長男に託すことにしました。
それも、月曜に入学金を支払ってから送ると、
長男のところに火曜しか着かないので、
お金を長男に振り込んで、記入済みの振込用紙を送って
長男に向こうで入金してもらうことにしました。

長男のところに25日(月)必着が第一関門。
25日夕方までに着けるためには、24日(日)17時までに
中央郵便局から発送しなくてはなりません。
それで、肝心の手続き書類はいつ届くのか。

私立ですと、発表当日届きますよね。
府立はどうなのか。
待てど暮らせど届かない。
ツイッターで様子をみても、中期日程なんて他にないので
参考となる情報がない。

結局当日は来そうにないとあきらめる。

で、翌日。
大阪から午前中に発送すれば午前中に着くはず。
が、なにせ1週間後には引越しなので、
家具家電の準備も必要。

なので、午前中は家具探しにニトリへ。
急いで用事を済ませて昼には家に戻るが届いていない。
午前中には着くはずなのに…焦る。
ほんとに受かったのか?とまで心配になる。

で、結局届いたのが15時だったのですよ。
超特急で開封して、書類を記入するけど、
???な不明点も多い。
交友会とか後援会とか、必須なのかどうかわからない書類もいっぱい。
全部支払うと結構な額になるので、入学に関すると思われる振込用紙だけに絞る。
こうかなあ?と思ったことを信じて記入し、
何度も見直しして、大急ぎで車で中央郵便局へ。

休日の郵便局窓口は列が出来てて心配しましたが、
なんとか17時に間に合いました。

で第一段階はクリアしましたが、
翌日、長男からなかなか受取確認が来ないのですよ。
荷物は到着してるはずなのに、長男家を出たきり、
結局朝帰りでした。
朝確認が取れるまでヒヤヒヤ。
さらには軽く寝てから大阪に向かうというので、
そのまま起きなかったら…とか心配ばかりが頭に浮かびます。

手続きに行って、不備があっても、「はいわかりました」
と取りに帰れる状況ではないのです。

が、準備は万全で送ったので、手続きに問題はなく、
無事に手続き完了しました。

これで入学できる!

ほんとねえ、ストレスすごかったです。
このやり方、府外者には厳しいですよ。

こっちは生きた心地もしない状態でしたが、
課題達成力の高い長男はきっちり役目を果たしてくれました。

兄弟仲が悪く、次男と一切会話をしない長男。
頼んでも断るだろうなあと思っていたら
あっさり引き受けてくれました。
おかげで次男、大学生になれました。

府外の受験者の方、受験もだけど、手続きも神経いります。

ボーリング

これも1ヵ月以上前のこと。
会社で珍しくいただきもののボーリング券。
ちょうど長男が帰って来てたので、家族4人で水入らずと思ったら、
長男急遽の事情により、3人で行きました。

ボーリングなんて何年ぶりだろう。
10年以上くらい?

スコアは100くらいで、sasaにしてはまずまず。

が、調子に乗って4ゲームもしたら、最後はバテバテ。
3ゲームがちょうどいいな。

次男は最初さんざんでしたが、後半ノッテきました。
さすがは若者ね。

映画「ボヘミアンラプソディー」9回目

過去ネタ過ぎていつがいつやらわからなくなってきたわ。
次男の受験中に「試験が終わったら行こうね」って言ってて
やっと行けました。

会場はトリアス久山。
子どもたちが春休みだからか、
土地柄かファミリーがいっぱいで、
人気はアニメとか子供向けの作品みたい。

ボラプ人気は普通って感じだったのですが、
ロビーにドド~ンとあったのが、ピアノセット。

何これ~!ってテンション上がる。

映画はいつも通りの感動で、
終わってから撮影しなきゃと慌てて出ると
次男「お母さん、そんなに慌てんでも誰もおらんって」。
いやあ、人気で行列できてたらどうするん?
と思いつつピアノのところまで行くと、
次男の言う通り、誰一人ピアノに注目してません。
ボラプ人気ってこんなもん?
と残念に思いつつ、
でも、ゆっくり撮影できました。

わかる方にはわかりますよね。
これが何を弾いてるところか。
「ボヘミアンラプソディー」のイントロ部分ですね。