大阪府立大学工学域の入学手続き

ふだん具体的情報はボヤかしているのですが、
今回明記したのは、
入学手続きに苦労したから。
特に大阪府民以外の入学者にとっては厳しい。
ここで失敗できないから超緊張感の中進めました。
来年以降の方の参考になればと。

混乱の大阪大学と違って、3月23日の10時に予定通りネットで発表されました。
で、そこからです。
入学手続きは、今どきなんで?と思いますが、郵送不可。
必要書類を揃えて大学に持参しなければなりません。
23日(土)発表、手続きは26日(火)、27日(水)の2日間のみ。
府外からこのスケジュールは大変厳しい。
手続きには、入学金振込済の用紙を添付しなくてはいけない。
土日は銀行空いてない。
入学式もあるのに、この時期大阪まで行きたくはない。

なので、京都にいる長男に託すことにしました。
それも、月曜に入学金を支払ってから送ると、
長男のところに火曜しか着かないので、
お金を長男に振り込んで、記入済みの振込用紙を送って
長男に向こうで入金してもらうことにしました。

長男のところに25日(月)必着が第一関門。
25日夕方までに着けるためには、24日(日)17時までに
中央郵便局から発送しなくてはなりません。
それで、肝心の手続き書類はいつ届くのか。

私立ですと、発表当日届きますよね。
府立はどうなのか。
待てど暮らせど届かない。
ツイッターで様子をみても、中期日程なんて他にないので
参考となる情報がない。

結局当日は来そうにないとあきらめる。

で、翌日。
大阪から午前中に発送すれば午前中に着くはず。
が、なにせ1週間後には引越しなので、
家具家電の準備も必要。

なので、午前中は家具探しにニトリへ。
急いで用事を済ませて昼には家に戻るが届いていない。
午前中には着くはずなのに…焦る。
ほんとに受かったのか?とまで心配になる。

で、結局届いたのが15時だったのですよ。
超特急で開封して、書類を記入するけど、
???な不明点も多い。
交友会とか後援会とか、必須なのかどうかわからない書類もいっぱい。
全部支払うと結構な額になるので、入学に関すると思われる振込用紙だけに絞る。
こうかなあ?と思ったことを信じて記入し、
何度も見直しして、大急ぎで車で中央郵便局へ。

休日の郵便局窓口は列が出来てて心配しましたが、
なんとか17時に間に合いました。

で第一段階はクリアしましたが、
翌日、長男からなかなか受取確認が来ないのですよ。
荷物は到着してるはずなのに、長男家を出たきり、
結局朝帰りでした。
朝確認が取れるまでヒヤヒヤ。
さらには軽く寝てから大阪に向かうというので、
そのまま起きなかったら…とか心配ばかりが頭に浮かびます。

手続きに行って、不備があっても、「はいわかりました」
と取りに帰れる状況ではないのです。

が、準備は万全で送ったので、手続きに問題はなく、
無事に手続き完了しました。

これで入学できる!

ほんとねえ、ストレスすごかったです。
このやり方、府外者には厳しいですよ。

こっちは生きた心地もしない状態でしたが、
課題達成力の高い長男はきっちり役目を果たしてくれました。

兄弟仲が悪く、次男と一切会話をしない長男。
頼んでも断るだろうなあと思っていたら
あっさり引き受けてくれました。
おかげで次男、大学生になれました。

府外の受験者の方、受験もだけど、手続きも神経いります。

ボーリング


これも1ヵ月以上前のこと。
会社で珍しくいただきもののボーリング券。
ちょうど長男が帰って来てたので、家族4人で水入らずと思ったら、
長男急遽の事情により、3人で行きました。

ボーリングなんて何年ぶりだろう。
10年以上くらい?

スコアは100くらいで、sasaにしてはまずまず。

が、調子に乗って4ゲームもしたら、最後はバテバテ。
3ゲームがちょうどいいな。

次男は最初さんざんでしたが、後半ノッテきました。
さすがは若者ね。

映画「ボヘミアンラプソディー」9回目


過去ネタ過ぎていつがいつやらわからなくなってきたわ。
次男の受験中に「試験が終わったら行こうね」って言ってて
やっと行けました。

会場はトリアス久山。
子どもたちが春休みだからか、
土地柄かファミリーがいっぱいで、
人気はアニメとか子供向けの作品みたい。

ボラプ人気は普通って感じだったのですが、
ロビーにドド~ンとあったのが、ピアノセット。

何これ~!ってテンション上がる。

映画はいつも通りの感動で、
終わってから撮影しなきゃと慌てて出ると
次男「お母さん、そんなに慌てんでも誰もおらんって」。
いやあ、人気で行列できてたらどうするん?
と思いつつピアノのところまで行くと、
次男の言う通り、誰一人ピアノに注目してません。
ボラプ人気ってこんなもん?
と残念に思いつつ、
でも、ゆっくり撮影できました。

わかる方にはわかりますよね。
これが何を弾いてるところか。
「ボヘミアンラプソディー」のイントロ部分ですね。

ミッション

誕生日プレゼントのリクエストを長男に聞かれたので、
「時計ベルト」をおねがいしていました。

モンディーンの赤ベルト。

自分でも探したんだけど、ぴったりなのがなくてねえ。
色はくっきりの真っ赤がよく、
エナメルとかじゃないマットなもの。
これ、なかなかないんですよ。


10年くらい使ってもうボロボロなのです。

が、長男が買ってくれたベルト、ドンピシャ。
まさに欲しかったベルトです。

ミッションを確実に達成する男です。

本棚


今日は終日、子ども部屋の片付け。

大雑把に片付けて出て行ったものの
不用品はいっぱい転がってるし、
ゴミもホコリもいっぱい。

読書好きの次男の本棚を片付けながら
意外に自己啓発系とか豆知識的な本が多かったり、
小さな時のドラえもんから、はやみねかおる、
中学生の時点で結構大人の本読んでたし、
最近では伊坂幸太郎と
次男がどんなこと考えながら成長してきたのかなあと
思いを巡らせます。

sasaが思っているより、いろんなこと考えてたんだろうな。
子どもたちのこと大好きだけど、
ちゃんとわかってあげてたわけではないのかも知れない。

分け前


福岡の名産いちご「あまおう」。

を食べながら、旦那がひとこと。

「分け前は増えるな」。

いちごって基本1パック買いだから昔はこれを4人で食べてたわけで、
2人になった今となっては、倍の了解食べられるわけです。

ですがねえ…。

いつもながらのおめでたい性格やわ。

母帰る


大阪での引越し&入学式。
いろんな事がありましたが、
なんとか暮らせるように整えて、
母帰ります。

朝一番の飛行機なので、5時の電車で空港へ。

次男の寝顔を見てお別れです。

さあ、これから確実に子どものいない生活がスタート。
今日もこのまま仕事です。
気持ちを切り替えて人生楽しもう!

旅立ち


なにせ合格発表から進学まで時間が無さすぎて連日準備に追われて寝不足。

入学手続き、各種書類の準備、家探し、家具家電探し、
仕事休んで準備したかった。

いつものようにトロトロ動きの悪い次男に
最後だから怒らず準備させ、
なんとか荷物をまとめて送り出し。

次男は明日出発し、遅れて私も入学式へ。

明日は新年号発表。
新しい時代がスタートしますね。

開花宣言☆


この写真を使える日が来るといいなあと思いながら
受験当日、学内に咲いていたのを撮影しておりました。

合格発表の中でも最も遅いのではないかと思われる
中期試験、合格いたしました。

ほんと長かった。
先日、後期も合格はしていたのですが、本人乗り気でなかったし
こちらは京大阪大名大落ち大集合の
全国でも希少な中期ですので厳しいと思いながらも
受かれば笑顔で進学できるなあと思っていました。

大混乱の前期合格発表とは違い、
予定の10時きっかりには接続できたようで、
sasaが緊張する間もなく部屋から出てきて
「受かっとったよ」って。

「良かったねえ」と手を取り合って喜んでいるうちに
あと1週間でいなくなると思うと一気に寂しくなって
次男の前で号泣。
次男からヨシヨシされる始末。

このまま後期の大学への自宅通学でもいいなあと思ってたのです。
でも、浪人したのですから、本人としては、
1年やっただけの甲斐のあるところに行きたかったでしょう。
前期は無理があったし、程よくおさまるべき身の丈のところに
おさまってベストな結果だと思います。
めでたい門出を祝わなきゃと思いつつ、涙涙。

これで二人とも家からいなくなります。
もう2度と家に戻ることはないでしょう。

考えると泣けてくるので、
入学手続きや引越し準備に集中しましょう。

おめでとう☆

鯖落ち

不合格だったからではなく
合格でも書いたと思う。
昨日の合格発表の酷さ。

発表の時間は9:00。
受験生が一斉に押し寄せるから
直後からしばらく繋がらないのはわかる。

が、30分経っても、1時間経っても繋がらない。

ネットで様子を探ると
同じくみんな繋がってない。
更新ボタンを押し続けるけど繋がらない。

PDFで合格番号の一覧をアップするだけなら
こんな事態にはならなかったと思うけど
一人ずつがログインしてマイページで確認するという
システムにしたばっかりに
アクセス集中に対応できず。

おまけに今年から現地での紙での掲示も無し。
全員がネットで確認するしかない。

大学に問い合わせた人のカキコミによると
他のやり方をするつもりはなく
繋がるまで待つようにとのことだった。

12:00過ぎても繋がらず
緊張感は途切れ、なんだかどっちでもいいや感になってくる。

発表時間遅い大学にも先を越され
「合否の前に鯖落ち」
とか
「これって大学の緊張感ほぐす作戦?」
とか
「受かった人だけ見えてる説」
とか妄想コメントが続く。

「親戚も友達も落ちたと思ってるだろうな」
とか
「予備校の先生から恐る恐る電話があった」
とか
それぞれに事情もある。

で、結局ですねえ、復旧できないと思ったのか
PDF掲示に切り替わったのです。
なんじゃそりゃ?

受験生も親も発表の日をずっと待ってて
昨日眠れなかった人たちもいるはずなのです。
何度もテストはしたとは思いますが、
学部ごとに時間をずらすとか、
ログイン方式は取らないとか、
もっとシビアに検証しておいて欲しかったです。