ミュージカル『ジャージーボーイズ』


■日時:2018年11月4日(日)13:00
    1幕1時間20分 休憩20分 2幕1時間10分
■会場:久留米シティプラザ
■出演:
<フランキー・ヴァリ> 中川晃教
<トミー・デヴィート> 伊礼彼方
<ボブ・ゴーディオ> 矢崎広
<ニック・マッシ> spi
太田基裕 阿部裕 畠中洋 綿引さやか 小此木まり まりゑ
遠藤瑠美子 大音智海 白石拓也 山野靖博 石川新太  ほか

クリント・イーストウッド監督の映画が好きだった。
初演が好評だったからの再演で、
それも福岡に来てくれました。

これはねえ、アッキーあってのミュージカルですね。
アッキーの出演を確認してから上演を決定したのかしら。
ヴァリだけはダブルキャストじゃないもんねえ、
替わりはいないってことだ。

ほんとは海宝くんのホワイトチームで見たかったけど、
ブルーチームも良かったですよ。

彼方くんほんと頑張ってるわ。
マフィアの手下のようなヤクザな役がよくハマってた。
お芝居が上手だわ。
『ビューティフル』でも平原さんの夫役だったし、
次回はジャベールでしょ。

以前は王子と同じ事務所で、それを離れた時は
少し心配だったりしたんだけど、
着実に上っていってるよね。

ボブの矢崎くんは、シャオチャンの三銃士以来かな。
生真面目なボブをきっちり。
お顔も端正ですねえ。

spiくんは写楽依頼。
前半はほぼしゃべらないんだけど、
トミーへの怒りをぶちまけるとこはほんとイライラしたてわ。

4人で踊るシーンもあるんだけど、
誰よりもダンス上手なのもアッキーなのです。
キレッキレでカタチも決まってる。
やっぱりリズム感がいいんでしょうねえ。

歌はねえ、もちろん「君の瞳に恋してる」は知ってるけど、
他はほとんど知らなかった。
『ビューティフル』とか『メリポピ』とかは
思っていた以上に馴染みがあったから、意外でした。

カテコではみんなで大合唱。
と言っても英語だったからふにゃふにゃ。
オリジナルのサイリウムもあったようですが、
既に売り切れてたので手ぶらで。

アッキーのご挨拶がありましたが、
やんちゃなイメージのアッキーが
観客やスタッフへの感謝を述べるという生真面目さ。
座長ともなるとアッキーもこうなるのか。

そして彼方くんはカテコでもやさぐれ感を続けていて、
「この劇場ねえ、上の客席まで上った?
もう迷路みたいでさあ。
ここってできたばかりの会場なんだよ。
なんでこんなわかりにくいの作ったんだろうねえ」って
まるで黒王子のようなコメント。

他の3人が慌てて
「音響がいい」とフォロー入れてました。

ホワイトチームも観たかったし、
藤岡君も観たかったなあ。

ゴジゲン『君が君で君で君を君を君を』


■日時:2018年10月20日(土)14:00
■会場:北九州芸術劇場 小劇場自由席
■作・演出:松居大悟
■出演:奥村徹也 東迎昂史郎 松居大悟 目次立樹 本折最強さとし 善雄善雄

ガラパおすすめのゴジゲン初見。
sasaは観てないけど、松井さんがテレビで人気だった『バイプレイヤー』の監督だとか。

そして会場には、明らかに素人じゃないよ、と目立つファッションの
松井母トコさんのお姿も。

正直、そこまで良さはわからないんだけど、
周りが「え?何言ってんの?頭イカレテない?」
みたいな愛も、本人にしかわからないことで、
実は周りの方がおかしいかもしれなくて、
愛なんて人それぞれさ、
そんなことより、そのピュアな気持ちを持ち続けること、
それを遠巻きに見守る友情
なんかがテーマなのかなあと。

ツイートとか見たら、みなさん「泣けた」とかあるけど、
そこまではわかりませんでしたわ。

王子出演@TV『夢なら醒めないで』

王子がちょっと前のラジオで、
「いや、この時期暇だから」って
いやいや暇なはずはないから
ちょっと空きがあるくらいだと思うけど、
働き者の王子、こんなテレビにもちょい出演。

番組のテーマが「もっと知ってよミュージカル女優SP」
なので、王子は何故かコメンテーター席に。
ゆっくりお家で休めばいいのにね。

まあ、sasaは一番好きなミュージカル女優さんがソニンでありますので、
ダブルで楽しかったけどね。

ソニンの実力はもっと知ってほしいもんだわ。
そして、舞台以外では声を出さないようにしてたのね。
そんなストイックだとは。
出待ちで優しく対応してくれるから気づかなかったわ。

聖子ちゃんは出産、子育てエピソード。

ここで不自然なのが、
王子は絶対家庭の話を入れないですよね。
頑なにスルー。
「うちも今年子どもが産まれて~」とかいうのが自然な流れだと思うけど、
この話題NGってこといなってるのかな。
キム4人組の笹本玲奈ちゃん、聖子ちゃんにも子どもが産まれて
普段はその話もしてるだろうにね。

以前キンキキッズの番組に出た時に
「家で声を荒げることはないけど、
ひとつだけ、インコが出ていっちゃうので『網戸!』だけは言う」
という話で少しだけ公開したくらい。
まあこれを聞いただけでもちょっと嫌な気分になったから
こういうファンに配慮してってことかな。
気を遣わせてごめんなさいね。

王子は相変わらずの黒王子トークで場を盛り上げるけど、
素の王子はそんなことないのはわかってるし、
最後はソニンが王子の実力、人柄の素晴らしさを褒めたたえて
終わりました。

NHK『SONGS堂本光一×井上芳雄』

『ナイツテイル』があり、コンサートがあり、
テレビにもちょくちょく出演。
王子濃度が高い秋です。

ミュージカルファンの中でも話題になっていた『SONGS』
楽しみにしていました。
タイトルがやっぱり光一くんが先なのは気になるけど、
テレビだし仕方あるまい。

最初は『ナイツテイル』稽古中の劇場での2人のトーク。

あれ?王子ノーメイク?
ではないにしろ顔がすっぴんっぽい。
そもそも王子の顔色がこんなに黄色いのってみることないもんね。
その一方さすがに光一くんは綺麗な顔立ち。
王子ってさあ、いつも思うけどテレビで映えないよねえ。

で、ナイツテイルの舞台シーンが挟まる。
すらっとしたばっちりメイクの王子。
う~んこれこれ、舞台だと敵なしなのさ。
口の開け方からして、いい声出してるのが目に見えるよね

で、トークの内容ですが、切なかったよね。
光一くんが「怖さは増すよね。どうしたらお客さんが逃げずに
ついてきてくれるんだろう」って。
光一くんは自分の名前が看板の舞台をやり続けているわけで、
作品の内容のせいにとかできない。
「作品のすべてを自分が背負う」
王子もいつも全ての責任を背負ってる感が伝わってくるけど、
その重さは王子以上なのかもなあと思った。
これを20代から背負い続けているなんて尊敬する。

そして『SHOCK』からの1曲。
エンタメ満載のショウ。
声量が足りないし、歌がそれほど上手なわけではないけど、
テレビ映えするわあ。

で、王子はトート閣下。世界に入り込んだ王子。
メイクも声は抑えめだけど、これこれ、王子はこの世界です。

ナイツテイルの顔合わせ。
奥の方に岸さんが写ってる。
他の出演者さんの素も探しちゃうよねえ。

お宝もののナイツテイルメドレー。
キャストさんもみなさんご出演じゃないですか。
神田くんとか松野くんとかチラチラ映る。

ここで気づいたのだけど、
光一くんは馬にまたがる振りとかがきれい。
他も大きく動いてわかりやすい。
堂々と動くことで小さくても大きく見せている。
ダンスも専門だろうし。

そして萌音ちゃん、やっぱりポッチャリ野暮ったい。
でも、踊れるってだけでsasaはオーケーなのだ。
そして王子のプロな声に、萌音ちゃんの素朴さと清純さがよくあう。

最後は「宿敵がまたとない友」。

一人で背負ってきた孤独な2人が同志をみつけて、
それが「またとない友」だといいね。

井上芳雄 by MYSELFライブ


■日時:2018年10月27日(土)18:30
■会場:東京国際フォーラム ホールA 27列

番組先行で取ったのに27列?って思ったけど、
東京国際フォーラムって広いのねえ。
全体から見れば結構良い席だったわ。
そして、この広大な会場を満席にできる王子ってさすが。

開演前にスタッフさんに聞いてみたら
終演予定は21:45。
それでもすごいと思っていたら、実際はさらに大作となりました。

入場時にもらった袋の中にはサイリウムが。
最初にちゃあんと王子から「あとで使いますからね~」の説明が。
いつもながら優しい…。

2幕構成で、1幕がミュージカル以外のカバーなど
2幕がミュージカル曲。
といっても、その区分は明確ではなく
王子自身も昔だったら決めた通りにやってたけど
ゆるくなったらしい。
もう立派なアラフォーですからね。
丸くなったか。

真ん中にラジオ収録時のセットが組まれていて、
王子と秋山Dが向かい合って座り
その先には大貫さんとピアノ。

大貫さんはラジオと同じようにピアノを弾きながらおしゃべり。
普段ラジオ聴いてても思いますが、
大貫さんだんだんいい味出てきましたよねえ。
ボソッボソッと、飄々と面白く
王子大好きで、ピアノの技術はすごい。

ラジオ感を出すためにおしゃべりするもんだから
どんどん時間は押していきます。

最初のゲストは生田絵梨花ちゃん。
モーツァルトから「愛していれば分かり合える」。
客席がねえ、何故か男性が多い気がしてたんですよ。
これは絵梨花ファンだったのか。
王子だけでも席埋まると思うけど、
女性アイドル人気も保険としては有効なのでしょう。

歌については特に書かないけど、
1曲目から歌の上手さだけで涙出そうに感動。
この歌声聴くために、今日の難局を乗り越えて来て良かった。

そして2幕最初がねえ、ジェリクルソングだったのです。
sasaがキャッツマチネで聴けなかったジェリクル。
王子ありがとう~!

その曲の最後に、万里生くんが白猫で登場☆
コスプレは王子も聞いてなかったらしく会場大盛り上がり。

で、2人目のゲスト万里生くん。
どうしても男女デュエットがやりたい。
コゼットがやりたい。
でも、なにせ今日はゲストに本家の絵梨花コゼットがいる。
コゼット選手権をやろうということになり、
2人で「プリュメ街」を歌っているうちに、
あれ?いつの間にか万里生くん、エポニーヌにさせられちゃったよ。
悔しがる万里生くん。

絵梨花ちゃんにとってはミュージカル界のレジェンド、
万里生くんにとっては背中を追う憧れの先輩、
2人ともねえ、そして大貫さんもだけど
王子が大好き。

そんな中、ひとつだけクレーム言わせてもらえれば
汗っかきの王子が途中、ジャケットを脱いだの。
下は白いTシャツとベストね。
で、そのジャケットをセットと一緒に引かれてしまい、
「あれ?ない、まあいいや」ってそのまま歌い出したんだけど、
これがダサい。
ほんとファッションには興味ないんだろうねえ。
ここだけ惜しいわ。

で、この日の大事件、
堂本光一くんの登場。

幕間にツイッターチェックしてたら
「光一君来てる、オーラすごい」のつぶやきがあってて
なんかねえ、客席の真ん中くらいの列のセンターの方を
何人かのお客さんが振り返ってたの。
あのあたりにいるのかなあとオペラグラスのぞくもわからなくて。

王子がナイツテイルメドレーをやると言い、
「一人でやる」とやけに不自然に繰り返しながら一旦歌い切る。
と、そこで「これ、言っていいっていわれたから」
ってアーサイトとプランヴィーナの存在を明かす。
で、2人手を取り合ってステージへ。
ここできゃーっと黄色い歓声が上がらないのが
ジャニーズファンではなくミュージカルファンってところよね。

「聴いてて歌いたくなっちゃって」
じゃあ歌っちゃう?みたいな流れになり、
事務所大丈夫なの?と王子が心配しても
「いいからいいから」って
3人でもう一度メドレーしてくれました。

光一くんは黒の上下という無難なスタイルですが
萌音ちゃんは黒のセーターにチェックのスカート
という普段着。
おしゃれキャラではないからなあ、やっぱり野暮ったさは抜けない。
大好きな「牢番の娘の嘆き」をデュエット。
萌音ちゃんの歌いいわあ。
「ちょっとだけ泣いて~♪」のところが切なくて泣ける。

発声もしてないのにいきなり歌っても
やはりプロですねえ、舞台と変わらぬ出来栄えです。
翌日のラジオで「ステージに出られる服着てて良かった」
と言ってたので、ほんとに予定してなかったんだと思う。

結局ライブビューイングは途中で時間切れの終了だったらしく
会場でも途中で足早に退出するお客さんもいて
王子はそれも承知の上で「僕気にしませんからね~」って。

アンコールは「もう一曲やります」
と言って総立ちで「幸せのピース」。
楽しく一曲振り付き歌った後は、
みなさんもはやおねだりすることなく、おとなしく撤収。
時間にして3時間45分。

客層高いですからね。
みんな確実に疲れていた。

が、王子はいつものように一切疲れは見せずに笑顔。
王子はさあ、責任感強すぎるよ。
楽しませたいという気持ちを通り越して、
楽しませなきゃという使命感というか責任感というか。
途中でライブビューイング会場へも
一か所ずつ呼びかける気遣い。

あの2割引きくらいでやっても
お客さんは十分満足できるレベル。

が、その心意気が王子の魅力であることも事実なんだよねえ。
とにかくお腹いっぱい楽しんだ。
王子のファンでいること、
あの空間にいられたことが誇らしく幸せ☆

劇団四季『キャッツ』



■日時:2018年10月27日(土)13:30
■会場:キャッツシアター
■出演:

なんとかたどりついて14:30。
1幕最後にすべりこんで「メモリー」からスタート。
ジェリクルソングが聴けないなんて…。
気を取り直して舞台に集中!

キャストさんは、
ウィキッド福岡公演エルファバ連投だった江畑さんがグリザベラ、
アラジンで拝見した北村さんがマンカスです。
ジェリーロラムの小野さんはちょっと癖があってうーむ…。

キャッツはねえ、特にレビューも必要ないでしょ。
最近思うのですよ、ミュージカル好きは
結局キャッツに行きつくのではないかと。
最初観た時は全く響かなかったのに、今やキャッツの虜。
小学4年生にして初めて見たキャッツの魅力を
即感じ取った王子の感性はさすがだわ。

キャッツシアターは円形で、
客席が丸く囲むのですが、
どのお席からもキャッツたちが見えるとはいえ、
やはりセンターというものがあり、
端の方だとセンターからのメインビジュアルが見えにくい。
普通に正面の決まったステージの方が一斉に揃ったキャッツたちが見えて
迫力あって好き。

この歳になって大好きなガスも、
楽しそうだけどちょっと哀感も出て来たスキンブルも
特別な思い入れのミストも2幕だから観ることができ、
世界に入ってしまえば、今日の苦労も痛みも和らぐ。

端っこだけど握手席でして、握手はタントミールでした。

ミュージカル『ナイツ・テイル-騎士物語-』


■日時:2018年10月6日(土)13:00
■会場:梅田芸術劇場
■出演:アーサイト 堂本光一
パラモン 井上芳雄
エミーリア 音月 桂
牢番の娘 上白石萌音
シーシアス 岸 祐二
ジェロルド 大澄賢也
ヒポリタ 島田歌穂

青山郁代、石井亜早実、遠藤 令、折井理子
門間めい、小林風花、今野晶乃、杉原由梨乃
知念紗耶、富田亜希、七瀬りりこ、原 梓
藤咲みどり、水野貴以
神田恭兵、小西のりゆき、酒井 航、茶谷健太
寺元健一郎、照井裕隆、中井智彦、西岡憲吾
練子隼人、樋口祥久、広瀬斗史輝、松野乃知

正直、もう1ヵ月近く経っているのでよく覚えていない。
覚えているのはとても楽しかったということ。
なにせ1回しか観てないのに、曲は1回聴いただけでも
素敵だったこと。
先日のライブで歌ってくれたから、名曲であることは再確認したわ。

脚本・演出のジョン・ケアード素晴らしいわ。
そして音楽はポール・ゴードン。
「ダディ」も「ジェーン・エア」もこのペア。
クンツェ/リーヴァイペアみたいに強力だわ。
和洋の楽器の融合も素晴らしく、中世的っぽく、
楽しさの中にもの悲しさもあり、
これまでにない世界だった。

もともと仲良しのアーサイトとパラモン。
堂本くんと王子が同時に登場します。
イメージビジュアルでは同じ高さになってますが、
明らかに王子の方が長身。
舞台での声の響かせ方も全然違う。
サムライみたいな髪形もお似合い。

見た瞬間から「勝ったな」と思いましたよ。
出演者の名前の記載順は堂本くんの方が先なのです。
なんですと?これって堂本くんが上ってつもり?
でも実際、絶対王子の方が上なのは明らか。
こんなの勝ったの負けたのという話じゃないのはわかってるけど、
やっぱり我らが王子よねえと思ってしまうのはファンの心理です。

仲良く楽しそうに登場し、
その後もとても楽しそう。
舞台を背負うのが一人じゃなくて同志がいるから
余裕があって、王子自身が楽しんでる様子が見てて嬉しい。

2人が好きになる音月さんは
「フランケンシュタイン」で拝見したことがありますが、
綺麗ですねえ。

で登場した牢番の娘・上白石萌音ちゃん。
なんかぽてっとして野暮ったい。
音月さんと比べれば見劣りが…。
が、あれ?歌が上手。声が響く。
そしてダンスも上手い。
映画版「舞子はレディ」の春子役だったんですね。

これは…と思っていたら案の定、
パラモンの気持ちはいきなりフラヴィーナに移り、
無理やり感のあるハッピーエンド。

あとは、岸さんの太い声がものすごい存在感。
チケットは岸さんのとこからゲットできたので感謝☆
神田くんもちょこちょこポイントで活躍。
松野くんのシカが美しかった。

最後はめでたしめでたしでみんな楽し。
やはりねえ、1回しか観ないと
とりあえずストーリーを理解するので精一杯なのです。
見えてない部分がいっぱいあったのは確か。

もう1回観たかったなあ。
殺陣も多いから座長お2人は体力的にもキツイだろうけど
これはきっと再演あるでしょ。

ガラパパパパーティ


最近のsasaのイチオシ!
福岡の劇団「万能グローブガラパゴスダイナモスの次回公演
「溺れるクジラ」の宣伝イベントが開催。
ビジュアルも素敵ですよねえ。

仕事なので、もちろんイベント参加はできませんが、
チケット先行販売があるということで
お昼休みに大急ぎで行ってきました。

会場には椎木さんがいらっしゃって司会進行中。

で、横にいらっしゃったあの可愛い声は…
杉山さんだぁ。
素の杉山さんは驚くべき可愛さだった。
女優さんってやっぱり素人さんとは全然違うもんだねえ。

チケットは無事ゲット☆
買っただけで本当に喜んでくれて、
そうだよねえ、いくら人気出てきているとはいえ、
チケット売るのってきっと大変なんだろう。

京都ならでは



長男がいつのまにかテレビを買っていて
それもメルカリで買ったもんだから
ちゃんとしたのじゃなくて
チャンネル3つしか映らない。

そんな貴重なチャンネルの1つが京都のローカルだったようで
なんと!ヨーロッパ企画がご出演ではないか!

さすがは地元京都。
ラッキー☆

ナイツテイル終了

とりあえず感想だけ。
楽しかった〜。
王子の素晴らしさと楽しげな表情にも満足。
原作知らないけど、シェイクスピアのコメディかな。

そして曲がとてもいい。
他のミュージカルとか曲調が違うのよ。
洋物なのに和風のテイストもあり、
アイルランド風の楽しげな曲もあり
切ないメロディーも。

博多座来てたら通ってたな。