博多座『マリー・アントワネット』


■日時:2018年9月17日(日)17:00
■会場:博多座 3階D列サイド
■出演:笹本玲奈、ソニン、田代万里生、吉原光夫、佐藤隆紀、
駒田一、彩吹真央、坂元健児、彩乃かなみ 他


相当前に初演?だかを見たものの
全く記憶にないMA。
当時はマルグリットが笹本玲奈ちゃんと新妻聖子ちゃんだったかなあ。

当時記憶になかったように正直印象に残る歌とシーンがなく…。

ダンサー好きとしてはダンスシーンが少ないのです。

玲奈ちゃんはかわいいし大きいから舞台映えもするんだけど
どうも惹かれない。
フェルセンはもちろん万里生くん上手なんだけど
『1789』の廣瀬くんがあまりに美しくてねえ。
あれ以上にウットリするフェルセンはいないのではないか。
吉原さんはひとり声量が爆音でした。
シュガールイは凡庸な人柄ぴったり。
むっくりもこもこ世間知らず感が良かったです。
サカケンさんは『17894』で登場と同時に大盛り上がりだったのに
今回は地味目。

で、肝心のソニンですね。
男前でした。
あまりの存在感に、あれ?これってマルグリットが主役?
と思ったら
よく考えれば『MA』とはマリーアントワネットだけでなく
マルグリットアルノーも指しているわけで
タイトルロールなのです。

同志を率いてセンターにずっしり立って
「行くぞ~!」ってひっぱる姿は
女アンジョルラスです。
そのキャラがソニンにぴったり☆
ソニンの素晴らしさは再確認しましたよ。

あまりに体調が悪くて、あんまり集中できず、
大好きなソニンの出待ちもできず。

この日はステッカープレゼントの日で、
入口でもらったのは古川フェルセン。


う~ん。
でも若者には人気の古川くんですので、
すぐに嫁ぎ先は決まりました。

入口にあったキャスト表もこんなにゴージャスでしたよ。

大貫くん登場@『高嶺の花』

先週は予告だけだったけど、
次週、石原さとみちゃんの『高嶺の花』に
ダンサー大貫勇輔くんが出演するらしい。

ちらっと映った和装も隠し切れない華があるわあ。
さすがはホリプロ所属。
舞台だけでなくテレビにまで進出か。

が、ダンスがないので、ほんとの魅力は出せないなあ。

ダンス公演『不思議の国のアリス』


■日時:2018年8月18日(土)17:00
■会場:福岡市科学館6F サイエンスホール
■振付・演出・美術:森山開次
■出演:森山開次、辻本知彦、島地保武、下司尚実、引間文佳、まりあ
【原作】ルイス・キャロル
【テキスト】三浦直之 
【衣裳】ひびのこづえ 
【音楽】松本淳一

楽しみにしていたダンス公演。
サイエンスホールなんていう初会場です。

じゅうたんが敷いてあって靴をぬいで客席へ。
これねえ、小さい子供の文化体験向け公演なのです。
が、子どもだけにしておけないレベルの高さ。

お目当ては辻本さんと開次さんだったのですが、
みなさんものすごい才能だった。
舞台初出演というまりあちゃんのアリスも可愛い。

とにかく全員ダンサーというのが
sasaにはたまらないのです。

ダンスも台詞もへんてこりんだけど、
技術に裏打ちされた動き。
辻本さんのソロとか見応えある~!

アリスが穴に落ちて行くところとかも
とても美しい。

開次さんがみんなのアイデアを取り入れながら作っていったらしいけど、
このメンバーならまとめるの大変なほどの
アイデア満載だったろうなあ。

開次さんはウサギでぴょこぴょこ登場。
お客さん、子どもたちにもちょっかい出します。

島地さんはがっちりした体格で力強いダンス。
引間さんはアクロバティックな柔軟さ。
下司さんはダンスもだけど、豊かな声量で台詞が迫力。

皆さんダンサー、振付、演出など多方面で活躍されている。
素晴らしいアーティストはまだまだたくさんいらっしゃるんですねえ。

グッズコーナーにはガチャガチャが。

不思議の国のアリスのバッジ1個と
キャストそれぞれが描いたイラストのバッジ1個
が入っていて、
誰のが当たるかお楽しみ。

で、なあんと辻本さんバッジが当たりましたぁ☆
ラッキー!

ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち- 』2回目


■日時:2018年7月29日(日)12:00 1幕80分 休憩30分 2幕70分
■会場:博多座:3階B列
■出演:

小池徹平:ロナン(Wキャスト)
夢咲ねね:オランプ(Wキャスト)
マリー・アントワネット(Wキャスト):龍 真咲
ロベスピエール:三浦涼介、ダントン:上原理生、デムーラン:渡辺大輔
ソレーヌ:ソニン
アルトワ:吉野圭吾、ラマール:坂元健児、ペイロール:岡 幸二郎
フェルゼン:広瀬友祐、ネッケル:磯部 勉
ルイ16世:増澤ノゾム
トゥルヌマン:岡田亮輔、ロワゼル:加藤潤一
リュシル:則松亜海 ポリニャック婦人:渚 あき デュ・ピュジェ中尉:松澤重雄
猪狩裕平、伊藤寛真、大久保徹哉、大場陽介、加賀谷真聡
鮫島拓馬、鈴木凌平、仙名立宗、高橋祥太、竹部匠哉
当銀大輔、橋田 康、松永一哉、山下銀次 ほか

す~っかり遅くなっちゃいました。
2回目の『1789』。
前回の書き残しをいきましょう。

まずはねえ、オープニングがものすごく美しいの。
ミレーの絵画を見ているようです。

そして前回と違うのがオランプ役が夢咲ねねちゃん。
普通に上手ではありますが、
沙也加ちゃんの方が存在感がある。
マリーアントワネットへの忠誠心も強い。

そして、フェルゼン広瀬友祐くんの美しいこと!
背も高いし、軍服も金髪もマントも漫画に出てきそうにハマってる。
歌も上手だし、これはマリーが惚れるの当然だ。
噂ではダンスが今一つらしいのよ。
あの美しさならどんどん出てきそうなのにね。
まあ、着実に上がって来てますけど。

ほんとはお友達に福岡でのコンサートに誘われてたのですが
平日なので行けず。
残席あるのは福岡だけだったらしく残念!

あとはサカケンさんのコミカル度の高さ!
登場と同時に会場大盛り上がり。
それでいて歌の実力もあるしねえ。

アクロバティックなダンスが多くて、
ダンサーさん見分けたかったのだけど、
たった2回の観劇では無理でした。

あと、面白かったのは、マリーアントワネットの龍さんが
おてんばキャラなのか、カテコの時誰もエスコートしないの。
普通はあんなドレス着てるお姫様は男性陣が手を取るのに、
一人ですたすた歩いてる。
ルイかフェルゼン、エスコートしろよ~と思った。

で、お目当てのソニンですが、
やぼったい田舎娘のソレーヌ役で、
メイクはほっぺた赤いし、
なぜかお尻突き出した背中が曲がった姿勢。
台詞も口元を四角に開けてしゃべるの。
可愛く見せたいとか全くない、ソレーヌに徹している。
自分がどう見えるかではなく、いかにソレーヌに見えるかなんだろうなあ。
あっぱれ!
聴かせるソロも多かった。

あんまり名曲ないなあと思ってたけど、
意外に翌日の仕事中も、曲が頭の中でまわる。

あまりの暑さに出待ちもできず、
でもキャストさんたちも早々に帰ってたらしいです。

2回の観劇でしたが、思ったより面白かった☆

ミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち- 』


■日時:2018年7月22日(日)12:00 1幕80分 休憩30分 2幕70分
■会場:博多座:2階H列
■出演:

小池徹平:ロナン(Wキャスト)
神田沙也加:オランプ(Wキャスト)
夢咲ねね:オランプ(Wキャスト)
マリー・アントワネット(Wキャスト):龍 真咲
ロベスピエール:三浦涼介、ダントン:上原理生、デムーラン:渡辺大輔
ソレーヌ:ソニン
アルトワ:吉野圭吾、ラマール:坂元健児、ペイロール:岡 幸二郎
フェルゼン:広瀬友祐、ネッケル:磯部 勉
ルイ16世:増澤ノゾム
トゥルヌマン:岡田亮輔、ロワゼル:加藤潤一
リュシル:則松亜海 ポリニャック婦人:渚 あき デュ・ピュジェ中尉:松澤重雄
猪狩裕平、伊藤寛真、大久保徹哉、大場陽介、加賀谷真聡
鮫島拓馬、鈴木凌平、仙名立宗、高橋祥太、竹部匠哉
当銀大輔、橋田 康、松永一哉、山下銀次 ほか

そんなに期待してなかったのですが、
面白かった。
展開が早くてストーリーもわかりやすい。
ベルばらの世界も思い出す。

最近、チケット発売日にうっかりすることが多く、
今期の観劇2公演はおけぴでお譲りいただいたのですが、
元宝塚・龍真咲さんファンの方から。

宝塚は全くわからないので、龍さんも存じ上げなかったのですが、
とっても良かったです。
元気が良くておてんばなマリー、愛嬌があります。
表情もはっきりしてて意志が強い。
歌も高音まできれいに出て音程も完璧。
お顔が可愛らしいので娘役かと思ったら男役、それも
宝塚の『1789』ではロナン役だったらしい。
エリザではルドルフとルキーニはされたみたいだけど、
あのきれいな高音ならエリザベートも良さそう♪

この日は小池徹平×神田沙也加というおそらく一番人気の組合せ。
2人ともほんと上手。
小池くんは響くきれいな声で会場に声がよく通り、
身のこなしも軽やかだからロナンにぴったり。
この感じだと『レディ・ベス』のロビンも良さそう。
沙也加ちゃんはどんどん上手になりますねえ。
それもきっちりしっかり。
台詞も歌もきれいだし
このままどんどん上っていきそうです。

そして、男前を揃えた
上原理生、三浦涼介、渡辺大輔の革命家三人衆。
三浦くんと渡辺くんは初見です。
この中では上原くんがトップかと思ったら
いまいちそうでもない。
上原くん、声量があるし歌は抜群なのに、
なんかいまひとつ上がっていかない気が。
アンジョでの華々しいデビューを考えると
早々に主演にも上り詰めるかと思いきや、
同じくらいのところでグツグツしてますね。
今回も三浦くん渡辺くんの方が目立つ役でした。

三浦くんは調べてみると三浦浩一さんの息子さんらしい。
線が細く、声量も小さめなので、
あんまり頼りになるリーダーには見えないのですが
この重要な役どころですから期待の役者さんなのでしょう。
男っぽいお父さんに比べるとなんとも中世的な美しいお顔立ち。
お父さんが東京キッドブラザーズですからダンスは踊れるのだと思うのですが、
そして上半身はよく動いているのですが、
腰が落ちないので、なんだか突っ立ってるように見えるのです。
惜しい。

渡辺くんは正統派の二枚目さんです。
声量もあってしっかりしてます。
背も高いしアンジョいけそうです。

いつも3階席専門のsasaが今回は珍しく2階席。
さすがにお値段分の違いはありますねえ。
舞台全体が視界にきれいに入ります。
特にダンスシーンはとっても見やすかった。

ダンスは振付が一風変わってます。
カッコよさを目指したのではない感じ。
不思議な動きです。

観劇もう1回あります。
今日はこの辺で。

当選!

ご厚意により福岡にいながら聴けている
「井上芳雄 by MYSELF」。
王子の生歌が毎週聴けるという贅沢なラジオ番組。

王子、舞台でお疲れの時も、相変わらずそんな素振りもなく
元気に番組を盛り上げる、尊敬すべき姿勢。

そんなラジオのスペシャルライブ、
前回は行けなかったのですが、
今回、ダメ元で番組先行抽選に応募してみたところ、
今日、当選メールが!

濱めぐさんとサカケン、ジャンポケ斉藤さんの11/29に行きたいところだったけど、
平日は無理!
こっちの方がトークは絶対面白いよね。

万里生くんの10/27(土)の方です。

で、あっさり当選したから、ファン友さんにメールしてみたところ、
「すご~い!」ってビックリされた。
当選した人、初めて聞いたよ、って。

実はこの日、ヨーロッパ企画のマチソワ公演のチケット購入済みなのよ。
が、きっと当たらないだろうと、応募してみたら当選!
これは王子を優先するしかないでしょ。
ちょっとしたお祭りみたいなもんだし。

別のお楽しみも進行で、現実逃避中。
ユーウツな日常をなんとか乗り越えていきましょ。

映画『グレーテスト・ショーマン』ありがとう上映


2月に公開されてからまだ上演中。
人気のほどがうかがえます。

その「ありがとう?」特別上映。
ロングランとはいえ、最近は夜とか、不便な時間が多くてね。
週末のお昼間という都合の良い時間。
で、特別プレゼントとして、画像のポスターがもらえたのよ。
早速自分の部屋に貼ったよ。

チケット発売スタートして、そこそこ席が埋まっていて
コアなファンはいるものだ。
お友達同士とか多いかと思ったら、
お一人様多し。
集中して見たいもんね。

今回の発見。
バーナムのシルクハットはお父さんの形見だ。
お父さんの棺桶の上にあるシルクハットを手にするシーンに気づく。

と、CD聴いてて思うんだけど、
歌自体はザックの方が上手だ。
「The Greatset Show」はメインボーカルを
バーナムから途中でザックにチェンジしますが、
歌だけ聴くと、ザックの方がうまい。
「The Other Side」然り。
「Tightrope」のゼンデイヤとの声の相性も抜群☆
前回は失礼なこと書いてごめんなさいね。
「ハイスクールミュージカル」も是非見ますわ。

あとの疑問は、
・フィリップがアンの手をつないだ時、
ひそひそ陰口を言ったのはご両親?他人?
・フィリップが事故から意識を取り戻した時に、
後方にいたのはお父さん?

どなたかおわかりの方教えて欲しいわ。

これで目標の5回観たけど、
まだ観たいわ。
この作品ものすごく話の展開が早くてあっという間なんですもの。

演劇『1984』


■日時:2018年5月3日(木・祝)17:30 上演約2時間
■会場:新国立劇場 小劇場
■出演:井上芳雄 ともさかりえ 森下能幸 宮地雅子 山口翔悟 
神農直隆 武子太郎 曽我部洋士 堀元宗一朗青沼くるみ 下澤実礼 本多明鈴日

楽しいメリポピの後で、こちら。
う~ん重たかった。

党によって規制され、家には監視カメラが設置された世界。
それに反逆すると、特別室に連れて行かれて拷問。
ちょっと組曲思い出しますね。
この拷問シーン結構きつい。
悶絶するウィンストン(王子)。こういうの上手だもんね。

「2+2は?」

「4」

違う!→拷問

「2+2は?」

「4」

違う→拷問

こうなってくると、だんだん何が正解かわからなくなる。
もう拷問さえなくなればなんでもいい。
正しい判断が出来なくなる。

ウィンストンは結局、その政党に改心し、
そこに落ち着き、最後には「ありがとう」とさえ言う。

最近ねえ、街中に監視カメラ多いよねえ。
エレベーターで鏡とか見てる時、
「あ、これってカメラで見られてる?」って思うし、
街歩いてる時も、どこにカメラあるかなあって確認したりして。

難しかったので、パンフを買って読んだんだけど、
興味深かったのは
「統制されたこの1984の世界は幸せか」
を議論すると、必ず「幸せ」の方が勝つらしい。

監視されること、プライバシーのないことは精神的に嫌でも、
それが犯罪がなくなる、とか、統制が取れる
とかいう理論には負けてしまうらしい。

こういうことっていかにも起きそうよね。
犯罪者にはGPSを埋め込もうとか、
それって倫理的にいいの?
山手線の車両にも監視カメラ設置って。

犯罪はトイレで仕込まれるとかいうデータが出たら、
もしかして、駅のトイレ内にはカメラ設置とか?

最近の事件がカメラのおかげで解決してるのは事実だけど、
狂気の世界にはいかないようにしないと。


お芝居セットの模型。
途中、王子とともさかりえちゃんが、
「ここは監視カメラないから」という部屋に移動して
舞台から消えてしまい、映像だけが映る。

観客はここで、なあんだ、映像映して王子たち少し休憩ね、
って思うんだけど、
最後に奥のカーテンがあって、
王子たちはそこで演じてたことがわかる。
それを観客たちはカメラで監視してたってこと。
ゾッとしたよ。

ミュージカル『メリー・ポピンズ』


■日時:2018年5月3日(祝)12:00
■会場:東急シアターオーブ
■出演:メリー・ポピンズ:平原綾香、バート:大貫勇輔
ジョージ・バンクス:駒田一、ウィニフレッド・バンクス:三森千愛
バードウーマン:島田歌穂、ブーム提督/頭取:コング桑田
ミセス・ブリル:久保田磨希、ロバートソン・アイ:もう中学生
ノース・ブルック:石川剛、ミセス・コリー:エリアンナ
ケイティ・ナナ:小島亜莉沙、ヴォン・ハスラー:丹宗立峰
ネーレウス:長澤風海、ミス・ラーク:般若愛実
ジェーン・バンクス:岡 菜々子、マイケル・バンクス:竹内彰良
青山郁代 五十嵐耕司 石井亜早実 大塚たかし 岡本華奈 風間無限
工藤彩 工藤広夢 熊澤沙穂 斎藤准一郎 高瀬育海 高田実那 田極翼
照井裕隆 中西彩加 華花 樋口祥久 藤岡義樹 藤咲みどり 三井聡 武藤寛



映画を観たことがないので、どんなに素敵なのかわからず
大貫くん目当てに行ったのだけど、
さすがは名作だけあって、超楽しいミュージカル☆

チムチムニー♪とかこの作品の曲なのね。
他も聴いたことのある曲がいっぱい。

で、なにが楽したかって、ダンスが多い!
大貫くんが抜擢されただけのことはある。
バートといえば準主役という大役を頑張ってましたよ。
ダンスはもちろん可愛い。
sasaは角度フェチなので、
大貫くんの手先足先のピョコンとした角度が好きなのよねえ。

ダンスは本職だけど、歌も問題なし。
いやそこそこ上手なんだけど、
なにせ周りがうますぎるので、歌上手~!ってわけにはいかないのよ。
メリーが好きだし、子どもたちのことも優しく見守る
その表情は常に温かい笑顔でとてもよい。

で、メリーは平原さんとめぐ様は迷うとこだよねえ。
sasaは日程的に大貫くん日にしたから平原メリーになったわけですが、
去年のビューティフルで歌とお芝居は安心だけど、
ダンスはどうなのかしら?

が、もちろん選ばれるってことは素人が心配することではなかった。
あれ?踊れる?大貫くんと並んでも問題なし?
と思ってたらタップまでいけます。

帰ってから調べたんだけど、子どもの頃松山バレエ団で習っていて、
近年タップを取り入れた公演も実績ありだって。

すごいわあ。
歌は抜群、あの不思議な声質はメリーの魔法使い感にぴったり、
お芝居も上手、お顔もきれい、
な上に踊れたのねえ。

ダンスシーンが多くて盛り上げて盛り上げて決めるっ!
のところは拍手を求めてかなり長い間合いを取ります。

ダンスについていえば彫刻役で長澤風海くん。
さすがはバレエダンサー、両足が直線になるというしなやかさ。
一度持ち場を離れて慌てて彫刻に戻る時も
美しく戻ってきれいにおさまる。

きっと他のダンスシーンにも出てたと思うんだけど、
大貫くんも見逃せないし、
なにせ初見なので探せない。

探せないといえば、無限くんなんか全く見つけられず。
齋藤くんはお顔に特徴あるから気づいたけどね。

GQ組が大貫くん、風海くん、無限くんと3人も出演。
大貫くんが出世しましたねえ。

でねえ、歌もダンスも素晴らしい方ばかりの中で、
圧倒的に秀でてたのはねえ、歌穂さんでした。
Feed the bird
♪2ペンス~、2ペンス~♪
短い曲なのに、泣きそうになったよ。
表現力がすごいわ。
歌穂さんで見れて良かった。

「あなたはこれ以上の作品にもう会えないかもしれない」ビリーで
sasa自身、そうかもしれない、と先行きが少し暗かったんだけど、
この作品で希望は見えた。
この先も素敵な作品は生まれるかもしれない。

めぐ様も

カッキ―も観たかったなあ。

マチソワすれば良かったんだけど、
次がありましてね。