文学座「牡丹灯籠」

■日時:2019年12月8日(日)13:30
■会場:ももちパレス
■原作:三遊亭円朝
■脚本:大西信行
■演出:鵜山 仁
■出演:早坂直家 石川武 大原康裕 沢田冬樹 相川春樹
越塚学 富沢亜古 つかもと景子 山崎美貴 髙柳絢子
大野香織 柴田美波

母親の市民劇場会員チケットを代りに観劇。

題名は有名ですよね。
色恋の怪談。
元ネタは落語なのですね。

前回の市民劇場、こまつ座「木の上の軍隊」があまりに
素晴らしかったので、今回はいたって普通。
お話もそんなに入り込む内容ではないし。

sasaはきっと役者さんを楽しむのが好きで、
今回はどなたも存じ上げない。

だたお客さん、「木の上の軍隊」以上に多かったです。
因果応報がテーマですから日本人に好まれますよね。
いつもは満車となっていても並んでいれば入れる駐車場に入れず、
開演まで待っても無理だったので慌てて有料駐車場探しに出ました。

悪いことをすれば必ず罰が当たる。
これは当然のこと。

何も悪いことしてない方に悲劇が起こるのは
どういうことでしょう。

ケラの『桜の園』

ケラ作品というだけで必見なのに
キャストがとんでもないことになってますよ。

え?王子?と驚いたばかりか
大竹しのぶ、宮沢りえ、黒木華、杉咲花、生瀬勝久
鈴木浩介、野間口徹、藤田秀世、西尾まり、半海一晃、山崎一ほか

ケラ作品が俳優陣に人気ってことも確かですね。

どうしましょ!

4月のタイミングって遠征難しいなあ。
う~む…。

トート閣下@FNS歌謡祭

最近はすっかり定着しましたね
音楽番組でのミュージカルメドレー。

仕事中にお友達が情報送ってくれたので
大慌てて帰りました。

王子トートと京本ルドルフの『闇広』。
前回公演見てないからちょっと忘れてたけど、
そうそう、こうだったわあ。

一声目から風格が違う。
トート様が圧倒的な存在でなければならない。
そして王子のトート閣下はものすごく大きくて高いところにいます。
ご本人もきっとそれがわかっていて、
ちょっとドヤ顔。
それもトート閣下ならアリ。

博多座公演楽しみにしております。

舞台『カリギュラ』

■日時:2019年11月30日(土)13:00 1幕70分 休憩20分 2幕70分
■会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール LB列1
■原作:アルベール・カミュ
■演出:栗山民也
■出演:菅田将暉 高杉真宙 谷田歩 橋本淳 秋山菜津子
原 康義 石田圭祐 世古陽丸 櫻井章喜 俵和也 野坂弘 坂川慶成
石井淳 石井英明 稲葉俊一 川澄透子 小谷真一 小比類巻諒介
西原やすあき 髙草量平 原一登 平野亙 峰﨑亮介 吉澤恒多

菅田くん上手だろうし、高杉真宙くん最近注目してるし
面白いかなあと思ってチケット取りました。

が、思った以上に難しかった。
そもそも苦手なフランスもので、さらには戯曲。
カミュの不条理をテーマとした作品。

シェイクスピアばりの長台詞。
理解しようと食らいついたんだけど
う~んわからん、で集中力も薄くなる。

最愛の妹である恋人を亡くし、3日間不在の後、
狂って戻ってきた暴君カリギュラ。
登場からラストまでカリギュラは狂い続けてました。
その中にある孤独とか共感をみつけようとしたけど
これも無理。

ただ菅田くんの全身全霊の演技はすさまじかった。
台詞が乗り移ってます。
難しいし長いのに言いよどむことはない。
ラスト、目をカッと見開いて倒れ込む。
狂気の暴君でした。

真宙くんも、橋本くんも若手有望株揃い。
谷田さん、AUNの方なのでシェイクスピア俳優さん?
秋山さんはどっしり安定してるし、
谷田さんと秋山さんで若手を支えてました。

理解できなかったけど、役者さんたちに拍手。

勝利と敗退

取りたいチケット発売が重なった。

抽選外れ続けの『天保十二年のシェイクスピア』と
秋公演が瞬殺で取れなかったプラネタリウム『QUEEN -HEAVEN-』。

プラネタリウムはちょうど年始帰省する友達と行く予定が
友達もチケット取りには参戦できないということで
sasaに2枚獲得の使命が。

が、天保の方は遠征ですので、なんとしても!
友達もそっち優先でと言うので
・東宝ナビの一般
・ぴあの半館貸切
・ぴあの一般
ざっと見ただけでも3つのルートがある。

東宝ナビに狙いをつけて…
奇跡的に取れました。
後方ながらセンターブロック。
上出来上出来。

で、急いでプラネタリウムに向かうも
6公演もあったのに既に完売でした。
追加公演でもこの状況。
でも、友達が言うには、きっとまた再演あるよ♪って。

期待しよう。

ソニン@NHK「うたコン」

実家は毎週NHK「うたコン」を録画してまして、
なんとなく再生したのを見たら
え?ソニン!

王子はよく出演するし、
ミュージカル俳優さんもちょくちょく登場するけど
ソニンは見たことない。
その通りで、初登場だそうです。
城田優君と一緒だから安心だね。

まずは城田くんが平井堅『瞳を閉じて』。
平井さんレベルで歌うのは至難の業だよねえ。
でも城田くん無難にこなしました。

で、ソニン。
曲はなんと!
欧陽菲菲『Love is over』
これにはビックリ!
攻めた選曲だわあ。

で、ソニンさすがのど根性。
とても良かったと思います。
すごみのある低音から始まり、
この表情から、欧陽菲菲の歌声聴こえてきそうでしょ?

これまでの技術と経験を活かして
あの歌声になったのでしょう。
音程はねえ、ちょこっとだけグラつきました。
難しい歌なんですね。

でも、この選曲をしたMHKの方は
きっとソニンのことを良く知っているか
しっかり調べたのでしょう。
勇気ある選曲に拍手☆

玉砕続きの『天保十二年のシェイクスピア』

2月に遠征予定なのですが、
このチケットがどうしても取れません。

健ちゃんが人気あるのはわかってますが、
どうも原因はそれではありませんね。

sasaが特に狙ってたわけではありませんが、
これは高橋一生さん人気。

先行抽選3回外れ、
今日の東宝ナビでも速攻完売。
残すチャンスは一般発売のみ。
髙橋人気沸騰中です。

エリザベート20周年

ミューファンとしては、
大ニュースだった二宮くんの結婚より断然こっち
東宝版『エリザベート』キャスト発表。

その記念すべき20周年公演で、
王子は帝劇には立たず、
地方公演に徹する。

地方組としては、やった~!

が、さて思った。
帝劇でやらないということは、
ファンが地方に詰めかけるぞ~。
チケットが取れなくなるぞ~。

で、メインビジュアル見てたら
帝劇出ないせいか、
王子がいない。

古川トートと
新入りいくさぶろトート。
これ、いささかショック。

神田松之丞「講談漫遊記」

■日時:2019年11月3日(日)13:00
■会場:エルガーラホール

「今最もチケットの取れない講談師」神田松之丞。
早々と先行抽選でチケットゲットしておりました。
初の講談体験です。
どんなもんだろうと恐る恐る。

前説を頼み忘れたそうで、4説自分でやります、と。
そもそもお一人だし、少人数のストプレだと1時間半~2時間なので
そのくらいかなあと思っていたら、
まくら、45分、5分休憩、45分、仲入り15分、30分、5分休憩、20分
で、結局3時間くらい突っ走る。

天神は「落語まつり」まっただ中でした。
聞いていたら、落語と同じしじみ売りの小僧が出てくるので
ちょっと頭が混乱。
松之丞さんによると、もともと講談のお話を落語がパクったと。

「万両婿」「汐留のしじみ売り」どちらもハッピーエンド。

そして、仲入り後は赤穂義士伝。
忠臣蔵って、仇討ち、大石蔵之介、吉良上野介、浅野内匠頭、堀部安兵衛
くらいの知識。
歴史にも興味ないけど大丈夫かなあ。

簡単にストーリーをお知らせすると、
というか、内容ではなく、それをどう語るかが
講談の醍醐味なのですが

「大石東下り」
大石蔵之介が討ち入りのためのお江戸に上っていく旅路で、
宿帳に本名を記入すると計画が露見するかもしれない。
なので、実在する他人の名前を書いたところ、
たまたま本人が同じ宿に泊まっていて、
どういうことだと乗り込んでくる。

が、蔵之介のただならぬ人となりに事態を察知し、
自分が偽物であると謝り立ち去る。

「南部坂雪の別れ」
いよいよ討ち入りの日、殿のお位牌に最後のお別れをしたく、
蔵之介は浅野内匠頭の奥方様を訪れる。
「討ち入りはいつか」と聞く奥方様にも
どこにスパイがいるかわからないので
討ち入りなんで今どきするはずない、
自分は呑気に暮らしている
などどはぐらかす蔵之介。
何度聞いてもふざけた態度に怒った奥方様は
「お前の顔など二度と見たくない」と追い返す。
立ち去る前に御付の者に明日渡すようにと渡した扇子には
討ち入りの四十七士の名が書き連ねてあった。

どっちも日本人らしい義理人情です。
これに感情移入できるのは日本人だからだろうなあ。
3時間はこちらもかなりぐったりでしたが、
とてもわかりやすかった。

何より、松之丞さんの語りがさすが。
重苦しくなく、人間味もあって、引き込まれます。
特に女の台詞がいい。
どうしてあんなに本物の女性より色気があるんでしょうね。

鼠小僧次郎吉より「汐留のしじみ売り」は
口説を始めたばかりのネタ下ろしだったようです。
ラッキー☆

落語と講談の違いは、
落語が笑いのためのお噺、
講談は知的興味を引き出すもの、
のようです。

確かに、講談を聞いてから、忠臣蔵への興味が湧きました。
赤穂義士伝には300説もあるそうなのです。
たくさんのドラマがあるのです。奥が深い。

映画『ライオンキング』

ライオン・キングのイメージ画像1
大阪で1館1回のみ上映あってました。
ミュージカルファンとしては見ておかないとね。

いつも思うけど、映画は台詞がきちんと聞けるから
というか字幕で読めるから生の舞台より
お話の理解は深まりますね。

お話も歌もいいのはもちろんなのですが、
悲しいかなライオンの実写風リアルさが仇になっている。

アニメだと表情誇張して台詞しゃべったりできるけど、
なにせリアルなライオンですから
口を動かすことなく人間の言葉を喋ることになる。
喜びも怒りも無表情。
かといって百獣の王ライオンですから
凛としてないのはおかしいし。

ライオンの群れは雄1匹に他は全て雌ライオン。
なので、ほとんどはタテガミのないあの淡泊な猫顔。
ますます無表情。

何とも言えないのです。
結論から言えば、悪くはないけど1回観ればいいかな。
いまひとつヒットしなかったですよね。
こういうのってみんなが感じたことなのかも。