夜のヨーロッパ企画


■日時:2019年6が鵜t19日(水)19:00
■会場:アクロス福岡円形ホール 自由席
■出演:上田誠、永野宗典、石田剛太

前回もですが、ヨーロッパ企画は本公演前にプレイベントをされます。
8月末の福岡公演、ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー!旧校舎の77不思議」。
sasaの定時は19時のため、ダッシュで駆けつけ、
なんとか19:15に入場しました。

最初に京都シネマとの自主映画祭から短編2本。
本公演にあわせてテーマは「ホラー」だったけど、
なんともマヌケなお化けさんたち。

次に京都でやっているテレビ番組から
「絶対に置いていってはいけない」。
もちろん、カワリバンコにどんどん置いていくのだ。
そういいながら置いていき方が非情じゃないところが可愛い。
本多さんを昔のバイト先プリンスホテルでバスから降ろしながら
置いていかないという秘策もあり。

お次は次作のネタとして団員が上田さんに「ギョエー」ネタを提案するという企画。
スカイプでつないで、
土佐さんが子ども霊、
本多さんがブラックホール
酒井さんが目玉男。


全て上田さんから却下。

駅で電車を待つ本多さんを無理やり引き留めたりもせずに
乗れるように調整してあげるのも
仲間を大事にしてる感じがいい。

最後は怖い顔で記念撮影。※拡散用に撮影OK

本公演:ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー!旧校舎の77不思議」
は先行当選しておりますので、楽しみに☆

王子の力

先日の『笑う男』を見て思ったこと。

やはり王子はすごい。

王子の作品で難しくて理解できないことはあっても
つまらなかったことはない。

『組曲虐殺』はほんとにつらい話だし
『1984』は難解だったし
『ナイツテイル』は光一くんにもっていかれるかも
とか思ったけど、
どれも素晴らしいかった
『グレコメ』(実際は観てない)もあんなチリチリ嫌だ~とか思ったけど
とても評判が良かった。

これってやっぱり作品とか演出家だけの力ではなく
そこに王子がいて、完成度を上げていったと思うのです。

『笑う男』だって、あの口裂けメイクは健ちゃんの方が似合ってたかもしれないけど
あんな生い立ちを持つ男の奥行を
王子ならきっと出していたに違いない。

改めて王子の実力を感じる。

ミュージカル「笑う男」


■日時:2019年5月25日(土) 12:00
■会場:北九州ソレイユホール L24
■出演
グウィンプレン 浦井健治
デア 夢咲ねね
ジョシアナ公爵 朝夏まなと
デヴィット・ディリー・ムーア卿 宮原浩暢
フェドロ 石川 禅
ウルシュス 山口祐一郎
中山 昇 上野哲也 宇月 颯 清水彩花
榎本成志 小原和彦 仙名立宗 早川一矢
藤岡義樹 堀江慎也 森山大輔
石田佳名子 内田智子 岡本華奈 栗山絵美
コリ伽路 富田亜希 安田カナ 吉田萌美
リトル・グウィンプレン:豊島青空
■音楽:フランク・ワイルドホーン
■指揮:塩田

浦井くん主演のミュージカル。
ヴィクトル・ユゴー先生の作品です。
音楽はフランクワイルドホーンだからさすがの名曲。
で、そこそこ面白かったのですが
もう少しなんとかならなかったのかなあ。
千秋楽終わったし、ネタバレありの感想です。

小さいときに人買いに売られ、見世物にするために
口を裂かれたグィンプレン。
その人買いからさえ捨てられるという過去があるのに
いたって普通の好青年。

バルジャンだってジャベールだって
これでもかっていうくらいに心の闇と葛藤があるじゃない?
原作にそれがなかったとは思えないんだよねえ。

盲目の少女デアを妹のように大事にしてるけど実は愛してて
恋人になれない理由が自分の醜さだという主張も弱い。

で、突然、実は高貴な身分だったという展開になり
その地位を活かして世の中を変える!
と決意しても
女王に怒られるとあっさり諦めて
もとの仲間のところに戻る。
意思弱っ

愛するデアは瀕死の状態から目を覚ますけど
やっぱり亡くなり
「もう二度と離れない」と言って後を追う。
この結末なんなん?
安易過ぎないか?

ほんと勿体無いわ。

浦井くんは、大して歌上手じゃないのに
愛されキャラなんだよねえ。
顔に傷入れてても、それもよく似合う。
全く醜くなんてない。
かえってセクシーだわ。
そして貴族衣装に着替えた時の王子キャラもキラメクようだった。

歌は夢咲ねねちゃんが圧倒的に上手なので成立する。
祐様は珍しく善人キャラ。
不恰好でヨロヨロする役だなんて。
グインプレンがあんな生い立ちながら真っ直ぐ育ったのも
祐様の愛情としか言いようがない。

禅さんは「瓶の蓋を開ける」仕事。
悪人だけど面白系。

宮原さんというのは初見だけどいい位置よね。
あれは圭吾さんラインなんだけど忙しかったのかな。

衣装もセットもとてもゴージャスで素敵だったのよ。
それなのにストーリーをざっと流しました
みたいになっててねえ返す返すも残念。

ラストで後を追う決意をしてデアを抱いて立ち去る時に
とってつけたようだけど
健ちゃんが笑うところは色っぽかった☆

入場時にいただいたブロマイド。
健ちゃん美しいです。

JOVIJOVA LIVE 「LET’S GO SIX MONKEYS」


■日時:2019年5月3日(金・祝)18:00
■会場:品川プリンスホテル クラブeX
■出演:マギー、長谷川朝晴、坂田聡、六角慎司
木下明水、石倉力

「キンキーブーツ」がどうしても取れませんで、
この日のソワレ公演で行けるものを探して
チケットお譲りいただきました。

マギーさん、ナイロンによく客演されてますので
きっと面白いだろうと。

LIVEというから、ん?音楽なの?
と思いながらだったのですが、コントライブという形態でした。

ショートコントのような短編物がテンポよく進みます。
全員が作業員の衣装で出てきて、
ゴーン被告の保釈シーンのネタでした。
どうやったら自然に出られるかを何パターンも試してみる
というもの。
大うけでした。

カテコのマギーさんのご挨拶
「GWにこんなおじさんたちを見に来てくれて…」。
今は実家をついだりサラリーマンになったメンバーもいるそうですが
全員大学の同級生。
そしてsasaより5歳も年下でした。

カテコで撮影OKとなりましたので1枚。

劇団四季ミュージカル『キャッツ』回転席の見切れの件


■日時:2019年5月3日(金)13:30
■会場:キャッツシアター 3列95番
■出演:

一度は座りたい回転席。
ネットで定価でお譲りいただき、
回転席ってだけで浮かれてて座席表もチェックせずに行ったのです。

それがですねえ、3列目の一番端っこ、あれは納得がいかない。

座った時から横にはセットがせりあがってて
嫌な予感がしたのです。
その通りに、ひどい見切れ席。

誰が歌ってるかもわからないし、
ステージ上手は見えません。
マキャベティの最期なんて、何やってるかわからない。
あれはひどくないですか?

調べてみたらもともと見切れで売られてない席のようなのです。
それがGWということで売り出した?

それにキャッツはセンター後方から見るべきだと思いましたね。
キャッツシアターは客席が横広いので、
見切れの回転席よりC席の方がよいのではないでしょうか。
確かに歌がマイク越しではなく、生の声で聴こえますし、
見えない分のフォローか、すぐ横に猫ちゃんたちが寝そべったり
セットのブラシにジャレてる可愛い姿は見えます。

あと、ミストがオーデュトロミーを見つける時の
布を外して成功したかドキドキしてる顔が間近で見られました。

新演出ということで、最初の猫の名前のところから歌詞が変わってます。
そして大好きなマンゴ&ランペの曲がアレンジ大きく変わってた。
あのネトーっとした曲とダンスが好きだったのに、
リズム&テンポ重視になってる。
これはファンだっただけに残念。

とかなんとか言いながら、
もちろんキャッツは大好き。
次回のお席は前か後ろかよりもセンターを狙いたい。

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』


■日時:2019年4月6日(土)17:30
■会場:梅田芸術劇場2階2列
■出演:古川雄大(ロミオ)、木下晴香(ジュリエット)
木村達成(ペンヴォーリオ)、黒羽麻璃央(マーキューシオ)
渡辺大輔(ティボルト)、大貫勇輔(死)
春野寿美礼、シルビア・グラブ、岸 祐二、
宮川 浩、秋園美緒、姜 暢雄、石井一孝、岡 幸二郎


再演にしてやっと観ましたロミジュリ。
次男の引越し&入学式の準備の隙をみて。

まあ、これは大貫くんに尽きます。
GQ組の中から一人突き抜けていく大貫くん。
そしてこれは当たり役ですね。
ヒタヒタヒタヒタ忍び寄ったり離れたり、
着かず離れずいつもそこに在る。

立っているだけで美しいし、
魅せられるのはなんといってもあの手ですね。
噂には聞いていましたが、あれは大貫くんが創り出した表現なのでしょうか。

そして、カテコでの一転ぶりがたまらない。
みんなで踊っても、そのキレと速さで格の違いを見せつける。
ずっと無の表情なだけに、ここで素の笑顔を見せられると
そりゃあたまりませんわ。

そのままこれ買っちゃいました。

王子の「しゃべくり」と「Sound inn」に思う

次男がこんな状況のため
あんまりノリの良い投稿できなくてごめんなさいね。

そんな中でも、お友達が情報届けてくださるので
王子&ボラプ関連についてはきっちりチェックさせてもらってます。

で、王子が2つのテレビにご出演。
書きたいのは、
「家族コメント解禁したな」ってこと。
赤ちゃんも生まれたし、ほんとは話したくて仕方なかったろうに、
これまで不自然なほどスルーでしたよね。

まず「しゃべくり」では、
うまくいかなかった時は奥さんに話し
「奥さんが、そんなことないよっていつも言ってくれるんですよ」。



はあ、そうですか。

で、「Sound inn」では全面に出してきました。
「Lemon」を選曲した理由は
「僕、中1の息子がいるんです」
ああ〜「息子」って言うんだ。
「その息子が米津さんが大好きで」。

王子、最大級の気持ちを込めて歌いました。
息子ちゃんに喜んでほしい、
その気持ちに溢れてました。
感情の乗せ方のプロですからね。
切なくて泣けてきたよ。

米津さんの危うさとか今っぽさとか
最後に光がスーッと見えてくる、とかはないけど、
米津さん以外がカバーした中では、
最高の歌い手さんではないでしょうか。

ここは応援しますよ。
王子の気持ち、伝わるといいな。

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」


11月の公開以来、ボラプ以外に受け付けない身体になっておりまして、
気になる作品いくつかあっても、それを見る時間があれば
ボラプ観たいなあって。

そんな中思い切ってメリポピ観てきました。

とっても良かったです。
浮世離れのメリポピをエミリーブラントがキリリと演じてたし、
歌もダンスも上手。
今回の相棒はバートではなくジャック。
点灯夫たちのダンスがすごくいい。

お話としては本作で子どもだったマイケルとジェーンが大人になり、
その子どもたちのナニーとしてメリーが現れます。
お話としてより、楽しめる歌とダンスが満載。

残念ながら本作の歌が一切登場しないけど、
さすがはディズニー、新たな名曲を用意してくれてます。

が、終盤で、「Feed the bird」がかかるのです。
不意打ちにあってここは泣けた。

コリンファースが珍しく悪役。
メリルストリープはあのお歳で身が軽い。

で、マイケル役のベン・ウィショーが好きなのですが、
人のいいお父さん役にベンって勿体なくない?
あんなに個性的な美青年。
歌も上手♪

で、思い出してみると、あれ?ベンってフレディ候補だったわ。
ボラプ抜けたつもりが全く抜けてないじゃん。

ボラプがあんなに話題になって、オスカー総なめにして、
ベン、残念がってるかなあ。

吹替え版は平原綾香、岸祐二、島田歌穂、と
ミュージカル勢の布陣です。
こちらも観たいなあ。

万能グローブガラパゴスダイナモス第25回公演『溺れるクジラ』


■日時:2019年2月2日(土)14:00
■会場:イムズホール 1列目センター

先行で購入して最前列ど真ん中で拝見。
最初に観た2作品がとても良かったのでお気に入りのガラパ、
前作の『ハダシの足音』がちょっとあれ?
だったのでリベンジのつもりでした。

ゲストハウスに暮らす5人が憧れのアイドルの男性を
匿うことになる。
そこにお金がなくてゲストハウスの仕事をして居候する男性や
飲み屋で知り合った男性、
住人の元カレの予備校講師などが絡まり。

住人同志とはいえ、最初は名前も知らなかった5人。
アイドルを匿うことで結束していく。
「隠し事はしない。でも1つだけは秘密を持っていい」
それがルール。

この秘密が何を指すのかがよくわからなかった。
人にはそれぞれ事情があって生きていくのだから
それぞれの人生があって当然なのだけど
その事情のことを秘密と言うのか?

お話は溺れゆく猫しのぶさんの進行で進みます。
最初も最後もキーとなる杉山さん。
あの声の通りがいいんだよなあ。
ナレーションのおかげでわかりやすくはなるものの
ちょっと説明的過ぎて、
説明なしでわかるようにしてほしかった。

説明なしだとわかりにくい、
説明しすぎるとくどい、
というなんとも我儘な言い分ですけどね。

これまでとは違うガラパということでしたが、
まだ観劇4作品めですので、そこまで違いはわからず。
シチュエーションコメディとしては
いつも通りの面白さでした。
役者さんたちも上手。
大好きな杉山さんはもちろん、
椎木さんもおそらくほんとはそんなに滑舌よくないのに、
長台詞もきっちりきめてくる。
横山さんは安定してるし、若手陣もしっかりしてます。

「ええ~それかよ」という突っ込みどころも
共感できて笑う。

面白かったんだけど、テーマをバシッと受け取れなかったので
消化不良感。
それと、カテコの時の椎木さんのご挨拶がちょっと自信喪失気味?
キャナル公演も成功させて関東関西にも進出し、
意気揚々としていたのに、今回のチケットが売れなかったので
言葉に勢いがなく…。

わからないけどねえ、前作「ハダシの足音」の反応が
sasaの感想同様、みなさんも、いま一つだったということなのかなあ。
sasaが言うのもおこがましいけど、
才能ある脚本・劇団だし、素敵な作品も実証済みなのだから
惜しい!残念!な気分。
次回も必ず行くので期待したいです。

王子登場@「女が女に怒る夜」

こんなに働かなくてもねえ。
ゆっくりお休みしようよー。

グレコメのカーリーヘアで登場。
でもおデコが開いてて目元がはっきり見えるせいか
お顔の綺麗さが際立つ。
目も若干大きく見える。

でも黒王子もこの女性陣には全く歯が立たない。
口を挟む隙がない。
いつも自分が中心なのに、これじゃあ消化不良だろうな。

と思ったら、徹子の部屋ネタでぶっ込みましたね。

で、アラジン披露。
これで爪痕残したな。