アクサル公演『三銃士〜仮面の男〜』

20120207-145923.jpg

◆日時:2012年2月4日(土)13:00、18:00
         5日(日)13:00
◆会場:ABCホール(大阪)
◆出演:客演/蔡暁強、矢崎広
    + アクサルメンバーのみなさん

アクサルという劇団に客演という形でのシャオチャンの公演でした。
シャオチャンの役は「国王の裁縫師ペルスラン」の弟子であり、
本業は劇作家という「モリエール」くん。

最初に申し上げますが、
「アクサル 三銃士」等の検索でササメモにお越しの方は
この先読まない方がいいかも。
sasaの軸はあくまでもシャオチャンですので、アクサルファンの方、
気を悪くしないでね。

アクサルというのは殺陣を得意とする劇団?
やたらと殺陣シーンが多かった。
そのわりに東宝三銃士のようなフェンシングスタイルでもないの。
横沢さんの、後ろにピンと立ち上げた手のような美しさはなし。
きっと一番人気と思われる柄谷さんのキレが良かったくらいかなあ。

オープニングはアクサル全員が登場して小さなステージ上で踊るんだけど、
ショーパブかあ?みたいなダンス。
体に締まりがないし、踊りが揃ってないし、腕は曲がってるし、
振りさえ覚えてない人もあり。
う〜ん、もう少しがんばろうよ〜!

お話自体も1人2役が多く、それもダルタニアン/ロシュフォール
みたいな相反する役を振り返りざまに切り替えたりするので
わかりにく〜い。
おまけに三銃士+ダルタニアンは若者組と大人組があって、
メインキャラクターだけでも合計8人であれこれやるので、ますます混乱。
3公演観たからいいものの、1回目はよくわからんやった。
2回、3回と観るうちに、内容は理解できるようになり、
実はなかなかよくできたお話なのよ。
オープニングも人物が見えてくるとちゃんと考えて作ってある、
な〜んてことに気づいたのは3回目だった。

で、肝心のシャオチャンですが、はっきり言って
次元が違い過ぎます。
どうしてシャオチャンがここにいるの〜?
アクサルのみなさん、シャオチャンの動きを見て恥ずかしくならないかい?
一流を加えることでアクセントとする意図かもしれませんが、
もともとの素質と高みを目指す気持ちが違いすぎます。

一番の見せ場はね、
モリエールくんは服飾を手にすると創造力が刺激される
ということで、服を触っているうちにイメージが湧き出して
キミョーな踊りを始めるの。
クネクネしたり伸びたり普通使わない関節から動かすような奇妙な踊り。
それがどんどんエスカレートし、自己陶酔の世界へ。
師匠に注意されて、はっと我に返る。
この暴走ダンス、シャオチャン自身は狙っていて、笑うべきシーンなのに、
みんな初めて目にするあまりの動きに「なんだ?これは?」状態で笑いにならない。
ただただびっくりするのみ。
千秋楽になってやっと笑いが出たわ。
sasaはもちろん冷静にシャオチャンの動きを追ってひとつひとつが美しさに惚れ惚れ~☆

あとはねえ、いつものように音も立てずに軽々ジャンプするんだけど、
ちょっとフラメンコ風のダンスのところでは
ドン!と気持ちいい大きな音を出すの。
シビれます。

衣装を干すシーンでは干し場所の取り合いで師匠ともめます。
ここ、口とんがらかして押し合いへし合いしてかわいい♪

仮面をつけた強いダンスシーンもキレが抜群!

カテコでは、ご挨拶など聞きながら、顔をくしゃくしゃにして笑ってました。
楽しそうなのでsasaも嬉しい。
そして、最後に全員で「ありがとうございました」って言うところが
口元がキュッと上がって男っぽいの。かっこいい!

服飾を持つ手さばき、床に置く時には片足を後ろに軽く引く、
しずしずと左右に弧を描きながら後退する脚、
どの動きも「ダンサーがやるとこうなります」という、
一般の俳優さんとの違い&ダンサーのプライドを感じさせるもので、
シャオチャンの意識の高さにつくづく感嘆。

パンフレットでのシャオチャンのコメント
Q「これだけは誰にも負けない!」というものは何ですか?
A「心の強さです。」
はい、あなたの気持ちの強さはダンスから伝わってきます。
今回も素晴らしかったです。
ありがとうございます☆

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “アクサル公演『三銃士〜仮面の男〜』

    ササさま

    とっても詳しいレポ
    ありがとう
    見てないのにシャオチャンのダンスが想像できます

    はぁさぞかし素敵だったのでしょうね

    毎回アドリブと聞き 公演がDVDなったとしても、その中の1つのダンスなのよね

    音は会場で感じるのと全く異なるしね

    でも、DVDでも良いから早くシャオチャンのダンスがみたいわ

  2. 2 thoughts on “アクサル公演『三銃士〜仮面の男〜』

    ★ゆうさん
    シャオチャンの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。
    はい、さぞかし素敵♪でした。
    メインの暴走ダンスのところが自由にやってよいと言われていたそうで、
    音楽にあわせて毎回少しずつ違っていたのです。
    髪型も微妙に変えてました。
    東京公演はまた違うんだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です