FSM公演『イキル』


日時:2011年12月23日(金・祝)14:00開演
◆会場:キャナルシティ劇場

シャオチャンに飢えたsasaとゆうさん、
不純な動機はじゅうじゅう承知で、
福岡スクールオブミュージック専門学校の発表会「イキル」に
行って参りました。
シャオチャン公演がないなら、「シャオチャンの振付けだけでも…」
いかに渇望しているかおわかりいただけるでしょう。

そして、なんと昨日の公演にシャオチャンが来ていたという情報もキャッチ。
会えるかも…まるで女子高生のようにドキドキ☆

演目は1月公演と同じ内容ですが、
キャストはもちろん違うし、振付けも結構変わってました。
シャオチャンらしい動きは減っていた気がします。

今年のキャストさんは滑舌がいまひとつなのと、
ダンサー専門が多かったようで歌がちょっと…。
踊れて歌が上手くて、声質がきれいで声量があって、演技力があって、華もある…
って、大変なことだよなあ。
となると、ダンスに目をこらすわけですが、
やっぱりダンスって実力そのままの世界なのかなあ。
いいなあと思う子は明らかにセンターでした。
一番上手だし、どの動きもセンスを感じる男の子発見。

年輩男性を演じる方が前回と同じで、
他の子と同じ学生さんなのに中年の風格があっていい味出してます。

帰りはキャストみんなでお見送り。
光ってたダンサー2人に「良かったよ〜!」と声をかけました。
褒められて嫌な子はいないもんね。

で、結局シャオチャンには会えなかったのでした。
でも、演目としてもちゃんとした作品だし、
ダンスシーンは多くて楽しめたので問題なし。

そして、ゆうさんからクリスマスプレゼントいただきました〜♪
クリスマス仕様のチョコレートです。
この歳でプレゼントだなんて感激☆ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です