『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン


先日、王子公演の前に観た映画のレビューを。
◆キャスト
オペラ座の怪人:ラミン・カリムルー
クリスティーヌ:シエラ・ボーゲス
ラウル・シャヌイ子爵:ヘイドリー・フレイザー
奴隷頭/羊飼い:セルゲイ・ポルーニン

これはもう、泣きにいくようなもんでしたね。
演目として完璧な作品だし、
世界のキャストの中でもtopが集結だろうし。

レミコン以上に舞台そのままのセット、衣装、演技で進行。
ファントムの世界にどど〜っと浸り込む3時間でした。

ラミンファントム、色気があって素晴らしいです。
クリスティーヌが惹かれるのも無理はない。

ラウルはちょっと格好良過ぎ。
ラウルってマリウスまではいかないけど、いいとこのお坊ちゃまで
キャラとして、もう少しヘタレじゃないのかなあ。
なのに、まるでアンジョを感じさせるように頼りがいがあるのよ。
「俺にまかせろ!」そして、任せたら絶対大丈夫みたいな安心感。
これじゃあ、ファントムに勝ち目がなくなるでしょ。

クリスは感情豊かだった。最後のファントムにキスのところなんて
感情が溢れ出てて、ますますこっちの涙をそそるわ。

話題のセルゲイ・ポルーニンさんもしっかりチェック。
弾みをつけずにあの高いジャンプ。
マスカレードもあのギュウギュウなスペースの中を
軽やかに立ち回り目を引きます。
大好きなマスカレード、舞台通りの真っ赤で豪華絢爛!
あそこは圧倒的なゴージャス感であって欲しいもんね。

メグ・ジリーだけはちょっと歌があれあれ?
少女イメージの役なのに年齢的にも厳しくなかったかい?

カテコではウェバー氏、歴代ファントム、サラ・ブライトマンが登場。
ウェバー氏がサラを「私のAngel of music」と言って紹介したのが泣ける…。
ファントム4人に最後はラミンファントムも登場して
“Sing for me”と詰め寄られながら歌う「Phantom of the opera」。
サラ、ちょっとお太りになった?
もともとスリムというよりはたっぷりボディだったけど。
声もハリ的には現役シエラクリスには及びませんが、
声自体が異次元なのよね。

まあ、とにかく胸いっぱいお腹いっぱいの贅沢な時間でした。
ヴァンパイアに浮気してはおりますが、やっぱり大好きな作品です。

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン

    こっちでも期間延長で上映されてるんだけど、上映してる映画館がちょっと遠くて、上映時間は午後しかないもんだから、けんさんの帰りに間に合わないんだよねぇ。本当に残念。

  2. 2 thoughts on “『オペラ座の怪人』25周年記念公演 in ロンドン

    ★takiちゃん
    3時間あるもんねえ。がっちり時間空けないと観られない。
    でもなんとかなるようだったら観て欲しいわ。感動がずっしりくるよ。
    福岡なんか、たった1週間の限定公開だったからさあ…ひどいわあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です