劇団☆新感線『髑髏城の七人』


◆日時:2011年10月10日(日)12:30
◆会場:青山劇場
◆作 :中島かずき
◆演出:いのうえひでのり
◆出演:小栗旬 森山未來 早乙女太一 小池栄子 勝地涼 仲里依紗
    高田聖子 粟根まこと 河野まさと 千葉哲也 ほか

これ、キャストが豪華すぎるでしょ。
古田さんや橋本さんが出ないとはいえ、客演がスゴ過ぎ!
sasaのお目当ては『変身』で度肝を抜かれた未來くんですが、
周りの様子も未來くんファン多しと観た。

そして、その未來くんは期待どおりの素晴らしさ☆
今回は悪役のトップ「天魔王」。
動きはもちろんのこと、台詞まわしもよいのよねえ。
目ヂカラも低音での凄みも有無を言わせぬものがある。
ぽわわんとした役とか無機質な役もあうのに、
こんな悪の権化もいけるというのはどういうことでしょう。
殺陣もキレがバツグンで、かっこい〜!
願わくば、『五右衛門ロック』のようなダンスシーンがあると嬉しかったな。

殺陣といえば太一くん。
ゲキシネ『蛮幽鬼』でも拝見しましたが、
闘ってるというより、ありゃあ舞いだもんね。
未來くんとの殺陣シーンは最高の美しさです。
ススススッと歩む所作も美しい。

そして、なんといってもキーになっているのは勝地涼さん。
台詞はイキがいいし、動きが軽やか。
何をやっても巧いなあ。
笑いも取れるし、愛されキャラだから、勝地さんが出てくると
ファンでもそうでなくでも客席の様子が嬉しそうにしてるのがわかる。
舞台に風を呼ぶ感じです。

仲里依紗さん、先日たまたま新作の映画試写も拝見したのですが、
肝の座った若手さんですね。
錚々たるるキャストの中、初参加なのに堂々としたものです。
声が枯れたまま突っ走ってた割りには
台詞もきちんと聞こえました。

後で気づきましたが、この日は前楽だったのね。
立ち見もいっぱいでしたよ。

そして、この熱さが新感線なんだなあと思った。
ゲキシネであれだけのパワーが伝わるのも
生がこれだからなんだ。
全員が全力疾走なの。
これでもかこれでもかと攻めてくる感じ。
日本で一番チケットの取れない劇団、拝見できて良かったです♪

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “劇団☆新感線『髑髏城の七人』

    よくチケット取れたよねー。
    小栗旬くんはいかがでした?

    森山未來くん、『モテキ』といい、
    大活躍だね。

    新感線、私も一度生で拝見したい。

  2. 2 thoughts on “劇団☆新感線『髑髏城の七人』

    ★ややちゃん
    小栗旬くん、主役なのにひとことも書いてないの、不自然よね。
    でも、そういうことなの。
    『オレンジ』の時もそうだったけど、ピンと来なかった…。
    観るならネタものではなく、今回のようないのうえ歌舞伎か、
    音ものをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です