BS『トニー賞授賞式』覚え書き

ずいぶん前のトニー賞授賞式。
録画してたので、結構繰り返し観ていて、
忘れないためにちょっとメモっておくわ。

ブロードウェイなんて行ったことないし、
もちろん観た事ない作品ばかり。
でも、候補に上がるくらいの高レベルな作品揃いの中、
一番の見せ場を見せるパフォーマンスがどれも楽しい。

みなさまはどれがお気に入りかしら?
sasaはねえ『ハウ・トゥー・サクシード』と
『エニシング・ゴーズ』です。

『ハウ・トゥー・サクシード』は
ダニエル・ラドクリフの歌と踊りに感動。
ミュージカル俳優らしい発声で歌うし、ダンサーに負けないダンス。
すごいすごい!
ハリポタに選ばれたただのラッキーボーイじゃないのね。
映画の世界で大成功してもこんなチャンレジするなんて、
才能も努力も一流だわ。

『エニシング・ゴーズ』はサットン・フォスターの素晴らしさよ。
男性陣よりも背が高く、スタイルよいからタップの映えること☆
肩の力を抜いて、楽しそうに踊る姿がかっこいい!
声はどこまでも伸びるしね。
この作品、日本では亜門さん演出/大地真央さんで
何度か上演されているようですね。

どちらもリバイバル作品。
名作は色あせないもんですなあ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です