博多座『三銃士』3回目☆



◆日時:2011年9月17日(水)17:00

今回は子ども達と一緒に行ってきました。
週末なので、お席は結構大入り。立ち見もいましたよ。

王子はね、今日も安定した素晴らしさ。
2公演だし、疲れていることもあるだろうに、
あの気迫とサービス精神、頭が下がります。
コンスタンスとのラブソング、やっぱり素晴らしいわ。
王子は文句なく素晴らしいけど、こんなに美しいハーモニーになるのは
相手が和音さんだからだと思うのよね。
王子があれだけ声量を出して歌っても、全く負けない。
とてもかわいらしいのに、とても美しく力強い歌声。
このカップル、また拝見したいわ。

そして、観れば観るほどリシュリュー卿がおかしい。
ポイントは手の動きね。
おべっかつかいながら必死に王を操ろうとするシーンの
手をグーにして首をちょっとかしげる仕草が最高☆
会場もだんだん理解してきたようで、ちょっとした動きに笑いが起きていました。
祐様が歌ではなく、あんなに長台詞をしゃべるのも初めて観たかも。
リシュリューってオリジナル版でもこんなおかしなキャラなのかしら。
祐様が確立したものだとすれば凄い。

三銃士についても触れてなかったわね。
『ひとりは皆のために』が何度も出てきますが、3人のバランスが絶妙。
あんまりさとしさんソロのロッカー的歌は好きではないんだけど、
3人のアカペラは、カズさんの声が若干抜きん出て響く中、
さとしさんと岸さんの声がかぶさってバランスよいわあ。
普段からいつも一緒という仲の良さも、ステージによ〜く表れてます。

先日のトークショーで、さとしさんが「ミレディの飛び込む姿が美しい」
と話されていましたが、sasaも1回目観た時からあの姿が心に残っていました。
今日も集中してみていたら、ミレディは心を決めたら、そのまま迷いなく飛び込むのね。
普通、飛び込む前に、一旦立ち止まって意を決したりしそうだけど、
瀬奈さんのミレディは、駆け上がるとそのまま飛び込むの。
この迷いの無さ、潔さが、あの姿を美しくしてるのね。
こういうちょっとしたことの積み重ねがステージを左右するんだろうね。

sasa大注目のダンスシーンもだんだん要領がわかってきましたが、
う〜ん、やっぱり際立ったダンサーさんがいない。
振付けもあまり美しくない。
ちょっと人数も多すぎない?
全員がダンサーさんで構成されているわけではないので仕方ないけど、
ここで感動できないのは残念…。

子どもたちの感想といえば「結構お笑いなんやね」。
長男、リシュリューのおかしさに気づいたようで、
結構クスクス笑ってました。

3階席から3回観たわけですが、銀橋シーンの多いこの作品、
1階への羨望は高まる一方で、確実にあと1回追加ですな。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です