オクターブ☆

昨日もピアノの先生の情熱的なレッスンだったんだけど、
先生が身悶えするほど羨ましがるのは、長男の手の大きさ。
大きいといっても男子だからこのくらい普通だと思うけど、
「え〜!ドからミまでとどくの〜?羨ましすぎる〜!」って。

正確には、その先の黒鍵までいけるの。
今、ショパンの『雨だれ』だから、
オクターブ以上楽勝で弾けることがとても有効みたい。

でも、sasaも昔から指が長くて、ドからミまで届いてたから、
それがそんなにラッキーなことだとは知らず…。
先生は手が小さくてオクターブがやっとだから
大変なんだって。

ピアノ弾きでもないのに手が大きくて申し訳ない気分だわ。

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “オクターブ☆

    親子そろってドからミまで届くなんてびっくり!長男くんまだ中2なのにねぇ!ただ手が大きいだけで、ピアノ弾くにはとってもお得よね。
    ちなみに、うちの長男はこの間オクターブが届くようになったばっかり・・・
    ほんと身体小さいわ。
    「雨だれ」いいね~!

  2. 2 thoughts on “オクターブ☆

    ★takiちゃん
    先生が気分盛り上げてくれるから、「雨だれ」長男にしてはノリノリで弾いてるのよ。
    先生は「こんな風に弾いて」の指導はあるけど、
    「どうしてできないの!?」みたいな否定的発言は絶対になく、
    「いい音出てきたねえ」「やっぱ男の子は音が違うねえ」とか
    とにかく褒めてくれる。
    子育てもこうでなくちゃ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です