映画『英国王のスピーチ』


映画の日にやっと観ました『英国王のスピーチ』。
もう5月だよ。出遅れすぎ!

吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が
妻の愛と矯正師の力で克服し、国民に愛される王になる
アカデミー賞受賞作品ですね。

まあ、伝統的なイギリスという大好きな世界に、
コリン・ファースとヘレナ・ボナム・カーターですので、
気に入らないはずはありません。
コリン、スーツも軍服もよくお似合い。
濃紺地に金ボタン、袖にラインの入った式服なんて抜群☆
それでいて、ユーモラスでチャーミングよね。
ヘレナは、そうそう!こんな上品な役をもっとやって欲しいわ。
『猿の惑星』以来、キワモノばっかりじゃないの!
うまれついた気品と品格があるのですから。
ジェフリー・ラッシュのシェイクスピア役者も
可笑しみと味があるわあ。

次男だから国王になる教育も受けてないし、
兄のわがままでいきなり転がり込んで来た王位。
真面目で内気な性格は国王の器でもないし。
それでも、逃げ出したり断ったりはできない運命。

スピーチのシーンなんて、固唾を飲んで見守ってしまいますね。
国民は「国王の声」を待っていて、
国王もそれを届けなければ!という思いは溢れているものの、
声にできない。
消沈する国民。
期待に応えられない国王。
みんなが辛い。

ウルッときたのは、国王が即位後のスピーチに失敗して帰宅し、
愛する子どもたちをいつものように抱きしめようとしたところ、
幼い子ながら「陛下」とお辞儀をされたシーン。
家族だけが心を許せるよりどころだったのに、
国王になると、それもままならないのね。

お話は開戦スピーチを成功させ、ハッピーエンドで終わるわけですが、
ジョージ6世の苦労がこれで解決!なはずはないしね。
この先、さらなる困難を乗り越えていけねばならないことは
世界史知らなくても想像つく。

でも、そういう時でも地道にひとつひとつを積み上げていけば
その誠実さは一線を画した国民にもちゃんと伝わるんだなあと思った。
実際、愛され国王になるわけですから。
それに、吃音に悩んでいてもジョークを忘れないのが英国紳士だね。
あちこち、ふふっと笑うシーンがありました。
作品全体のウィットと大らかさは、
コリンとヘレナとジェフリーのキャラクターが大きいよね。

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “映画『英国王のスピーチ』

    ついに観たのね。やっぱりいいよねー、この映画。
    もう一回観たいもん。

    ヘレナ、上品で、しかもいい奥さんで、よかったでしょ。
    子供たちも気品があるよね。特に、エリザベス役の子。
    コリン・ファースはいい感じで年をとってるし。
    これにジェフリー・ラッシュとくれば、間違いないよね。

  2. 2 thoughts on “映画『英国王のスピーチ』

    ★ややちゃん
    ほんと遅ればせながら。
    子どもたち、お人形のように可愛かったね。
    それに思ったのは、こんなお父さんの姿を見てたから
    エリザベスはどんな状況にあっても『クイーン』であること
    が最優先だったんだなあと。

    『シングルマン』も観ておきたかった。
    それにしても、コリンのことを
    K.ファース、コリン・ファーズ、コリン・ファレル…
    と間違えたレビューの多かったこと。
    それに『マンマ・ミーア』のコリン・ファースと言われるのも
    不思議よね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です