劇団四季『Wicked』4回目☆



■日時:2011年4月26日(火)18:30
■会場:キャナルシティ劇場
■キャスト:山本貴永(グリンダ)、江畑晶慧(エルファバ)
      北澤裕輔(フィエロ)


次男と2人で行く予定が、長男の予定も空いたので、
慌ててもう1枚チケット追加しました。
もちろん3人とも2階最後方のC席ですよん♪
確かに遠いけど、一度始まるとお話の中に引き込まれるから
そんなに気にならなくなるのよ。
シティ劇場はこじんまりしてるしね。

で、本公演から北澤フィエロです。
いやあ、イケメン王子ぴったりの端正なお顔立ち。
体もスリムだし、踊りも普通にいけてます。
でもさあ・・・
sasaはやっぱり涛フィエロが好き☆
あの膝下を揺らしたり、腕を直角にブランとさせる奇妙な踊りなんて、
あんまりカッコいいポーズとは思えないのに、
涛さんだとキマルんだよねえ。
かなりハードな動きも、踊りがしっかりしてるから
歌が息切れしない。
北澤さん、動きが激しいところでは歌が荒くなります。

それに、グリンダとボックのやりとりと見てる時、
涛フィエロは面白おかしそうに薄笑いで見てるんだけど、
北澤フィエロは魂胆ありそうな意地悪顔。
*北澤さんファンごめんなさい…。

『この幸せ』で、エルファバの悪口を聞いてる時の
涛フィエロの斜め下目線も悲しげで良かったんだよなあ。
歌も踊りも揺るぎなく安定してたし。

まあ、これは好みの問題ですからね。
sasaの優先順位が「動き」にあるというだけです。

劇団四季の『作品至上主義』というのにも少し慣れてきました。
役者さんが変わっても、良い作品はちゃんと成立するんだなあと。
実際、沼尾さんが抜け、涛さんが抜けても、
やっぱりまた『Wicked』観たい!
そして、今度は困ったことに次男までまた観たいと言うので、
チケット追加は確実でしょう。

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “劇団四季『Wicked』4回目☆

    やっぱりお気に入りは李涛さんなのね
    中国の歌劇団出身だからりすべての基礎がしっかりしているのでしょうね
    ウイキッドお話がしっかり出来ているからキャストが代わっても楽しめるのね

    8月まで沢山見ましょうね

    とりあえず新キャスト楽しみにしてます

  2. 2 thoughts on “劇団四季『Wicked』4回目☆

    ★ゆうさん
    55がノーチェックだったのが残念です。
    でも、涛フィエロ3回も観られてラッキーだったかも。

    ダンサーさんにお目当て探したんですけど、
    お一人いくつもの役をされてるし、メイクと衣装が派手だから
    まだまだ確定できないよ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です