『Wicked』魔法のリハーサル見学会

期待していたリハ見第3回は、
sasaの予想が見事に当たり『人生を踊り明かそう』でした。
でも、もちろん涛さんではなく、北澤フィエロです。
グスン…

ステージを観る限りは、もう完成されているようなのに、
裏では毎日、あんなに修正調整が加えられているんですね。
立ち位置とか、リフトのタイミングとか
ばらつき方とか、歌の強弱とか、細かい指示が出ます。

そして北澤さん、今日からなので、大阪で経験ありとはいえ、
会場の大きさや共演者との関わりなど調整事項が多いようです。
北澤さんご自身が「よろしくお願いします」と言いながら
リハーサルされてました。
本を取り上げて放り投げる方向もボックと確認。

ディラモンド先生前田さんからは、
生徒たちが本を投げるシーンも
それぞれの思いがあって投げるのだから一様にはならないはず
というご指摘が。
そんなところまで作り込んでいくのね。

フィエロの見せ場シーンだというのに、
涛さんではないことがつくづく残念ですが、
キャストの揃う、華やかなシーンなので、
見応えがありました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です