NHK『カズオ・イシグロをさがして』

映画『日の名残り』は穏やかな気持ちで観られたのに
映画『わたしを離さないで』はあまりにもショッキング。
この作品を読み解くヒントがきっとあるはず…
と期待して録画していました。
作家自身が語るのではなく、作品を通じて感じて欲しい
というポリシーでこれまで表に出ることは少なかった。
でも、いざ出るとしっかりいっぱい話してくれてました。

やっぱり原作読まないとダメね。
原作には、映画では読み取れなかったことがいっぱいあるようです。
それに、なんて静謐で美しい言葉遣いなんでしょう。
これは翻訳家の力?
日本人が原書で読んでも感じられるものなのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました