博多・天神落語まつり2010「今、この三人会 其の二」

◆日時:2010年10月31日(日)15:30
◆会場:福岡銀行ホール 21列
◆出演:桂文珍、立川志の輔、三遊亭歌之介

今年で4年目となる落語の祭典。
著名な落語家さんたちほとんどが、この3日間は博多に集まります。
昨日は次男と一緒にご招待の「こども寄席」
今日は「今、この三人会 其の二」に行ってきました。

この「今、この三人会 其の二」ね、
「博多・天神落語まつり」の29あるプログラムの中で、
最もチケットが取れなかった一番人気の会です。
発売日に電話を丸一日かけてもつながらず、
翌日の昼やっとこさつながった時にはもちろん完売。
ちょっとした不思議なルートで手に入れた貴重なチケットです。
お席は最後列だったけど、贅沢言ってる場合じゃありません。

ご出演の3人の落語家さんの中でもお目当てはもちろん志の輔さんね。
文珍さんは去年も聴いて、とても面白かったのですが、
志の輔さんと一緒だと残念ながら霞んでしまいます。
それほどに志の輔さんは秀逸。

今回の演目は新作落語「バールのようなもの」。
「バールのようなもの」とは「バール」なのかそうでないのか。
という、どうしてネタにしようと思うのかわからないものに注目して
それを笑いに変えるところが凡人には図りかねる才能です。
内容は、ほんっとくだらなくて、それ、どっちでもいいやん!
と言いたいようなテーマなのにそこにこだわって笑いにする。

志の輔さんを「ためしてガッテン」でしか観たことない方、
ちょっと話の上手な進行役くらいに思っているかもしれないけど、
高座でのキレはあの比ではありませぬ。
くだらない内容でありながら、知性が感じ取れます。
ほんっとあの才能を、司会のために使うのは勿体ない!

今日もまた、口を閉じる暇も無く、
アゴが痛くなる程笑い転げた高座でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください