映画『告白』

kokuhaku

実はここのところ、隙あらばといくつか映画観ております。
『告白』は以前、本についての記事を書いたことがありますが、
とても面白かったので、是非映画も観たいと思っていました。
松たか子さんが森口先生役をどう演じるのかも気になる。

小説と映画、両方を追うのはありだと思うけど、
このお話については、最初の衝撃があまりにも強いので、
後者となる方はつらいかなあ。
ササ個人としては小説から先に入り、
凡人には予想できない展開に目をまわしながら読んだので、
その内容を知った上で、冷静に観てしまった映画は
かなり印象の弱いものとなってしまいました。
映画での出来が悪いとかそんなことではなく、
これはあくまで順番の問題。

とはいえ、小説の結末も既にうろ覚えで、
最後ってこんなにリアルな復讐だったっけ?
会社で同僚たちに確認したところ、
リアルそうな復讐シーンも実は現実か幻想かわからない
というのが一般的解釈らしい。

それにしても、美しい俳優さん勢揃いでしたね。
松たか子さんも、木村佳乃さんも好きだし、生徒役の子たちもきれい。
ピントずれまくりのウェルテルは、この俳優さん誰だっけ?
と思いながらずーっと観ていて、エンドロールで岡田将生くんだと判明。
え〜!『重力ピエロ』で観た、儚く美しい岡田くんが大好きなだけに、
このおまぬけ役、あんまりじゃない?

そして、映画ポスターの松たか子さん、怖い。
こんな怖い顔をどアップにされてもどっしりと構えている松さんは
役者根性と度量が大きい方なんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました