恐怖のエレベーター

elevator

先日の断水に続き、今日はエレベーターが…。

4階から「下る」ボタンを押して待っていると
けたたましい非常ベルと共に、階下の方から子どもたちの叫び声が…。
「開かんよ〜!助けて〜!」

さっきまで大人数で廊下を走り回って鬼ごっこしてたし、
どうせまたふざけてるんだろうと思ったけど、
とりあえず、階段でだーっと1階まで駆け下りました。
すると、ほんとにエレベーターの中に子どもたち8人が閉じ込められている…。

すぐエレベーター会社に電話すると「大至急で伺います」。
ちょうど、お母さんたちの集まりがあっていたので、
そこに報告に行き、管理組合の会長さんに連絡し、
警備会社にも来てもらって、救出を待ちます。

エレベーターの中で汗だくの子どもたち。
ササにできることと言えば、
騒いだら体力消耗するので、座っておとなしくさせることと、
出て来た時にすぐ飲めるようにお茶を準備。

警備会社は10分くらいで飛んできてくれたけど、
肝心のエレベーター会社はなかなか到着しません。

中の子どもたちの様子は、汗びっしょりなものの
相変わらずふざけて元気にしてるから大丈夫そう。
これでぐったりしてたら心配だったけどね。

「大至急」だったのかもしれないけど、
エレベーター会社の到着までには25分かかりました。
長かった〜!

すぐにドアは開いて、子どもたちがどどーっと出て来て、
それと一緒に中からもわーっと熱気が。
やっぱり暑かったんだ。
こんな時期だから心配しました。

それとね、最初子どもたちが非常ボタンを押した時、
けたたましい音が鳴ってたのに、誰も出てこなかったの。
非常ボタンってよく鳴るじゃない?
故障とか検査とかいたずらとかで。
そのせいで、非常事態という緊張感がすっかりなくなってるのよ。
これって大きな問題だと思う。

うちのマンション築22年とはいえ、
長期修繕計画も厳しく設定されているし、
水道管洗浄やエレベーター修理などもきちんと行われてるのよ。
それでこんなことになるとは…。

今日はとりあえず、ひと安心だったけど、
エレベーター怖いです…。

コメント

  1. taki より:

    あの非常ボタン、確かにたまに鳴ってても「またいたずらかい」ってあまり気にしないよね。
    sasa家はエレベーターを使う階だし、怖いねぇ。
    今回のことでしっかり点検してもらって、原因究明&きちんと修理してもらえるといいね。

  2. sasa より:

    非常ベルって「狼少年」のような存在になりつつあるよね。

    ほんと、昨日はエレベーターの前に立ちながら、
    新築のtakiちゃんいいなあと羨んだよ。

タイトルとURLをコピーしました