映画「おのぼり物語」王子☆舞台挨拶

onobori

日時:2010年7月18日(日)14:35開映
場所:シネ・リーブル博多駅

行って参りました、王子の舞台挨拶。
舞台といってもね、今回の会場シネリーブル1って
座席数80席のちいっちゃな劇場なのですよ。
スクリーンの前にちょこんと置かれた、
1段くらいの低さの小さなステージ上でのご挨拶でした。
ササ、入場の整理番号38番だったんだけど、
おひとりさまだったこともあって、端っこながら2列目のお席をゲット。
ステージまで5m以内の至近距離です。

「それでは、井上芳雄さん登場です!」の声で登場した王子はね、
きゃあ〜☆と叫びたくなる程のかっこよさでした。
久しぶりにお目にかかって、こんなにかっこよかったんだ!と再確認。
髪の毛の横分けブローが特に素敵だったの。
分け目がかなり右サイドに寄っていて、そこから左に緩やかに流れています。
色は奥の方が黒髪で表面が茶色のメッシュカラーです。

そしてファッションはイマドキの若者スタイル。
グレーと白のタンクトップを重ね着した上にカーキのカーデを羽織り、
その上に白地にとても小さな黒ドット柄のベスト、その上に黒ベスト、
そして首まわりには細かいストライプの黒の細いタイを巻いていました。
ズボンは黒っぽい、ピチピチではないけど細めのパンツ。

へ〜、王子ってこんなファッションもするんだぁ。
個人的にはハイゲージニットとかのきちんとシンプルスタイルが好きだけど、
これはこれで新鮮。
イケメンオーラ全開のスタイルでしたよ。

舞台挨拶自体は15分くらいあって、
お話の内容は、

☆関西弁
この映画では関西弁をしゃべっています。
外国語しゃべってるような感じ。
共演の肘井美佳ちゃんも福岡だし、
関西弁を博多弁にしてくれないかと言ってみたんですけど、ダメでした。
今日は肘井美佳ちゃんも来たいと言ってたんですが、予算の都合で…。

☆スタッフの結束力
撮影したのはちょうど一年前くらい。
たった2週間で撮ったんです。
毎日睡眠時間4時間くらいで、朦朧として覚えてないシーンもある。
でも、役者以上にスタッフの方たちは準備や片付けもあるからもっときつくて、
僕、文科系ですから、体育系のノリってほんとは好きじゃないんですが、
みんなの結束力がすごかった。

☆ご両親の存在
僕、ほんとに親孝行で、2年前くらいに親孝行はもう十分じゃないかと
思ったこともあるくらいなんですけど(笑)、
この先、歳をとってどうなるかわかりませんから、
その時には両親をみられるくらい立派な大人になっていたい。

地元ですから、会場はご両親?をはじめ、
親戚や知り合いがいっぱいだったようです。
ときどきコメントしづらそうにしてました。

でも相変わらずトークは切れがあって冴えてます。
上手ですねえ。
と思っていたら、饒舌が災いして最後に失言が…。
「みなさんへのメッセージを」という問いかけに
「たいした映画じゃありませんが…」

むむ?

王子自身が一番慌てる
「いや、『たいした映画じゃない』というのはそういう意味じゃなくて、
『踊る大走査線』みたいに派手なこととか大事件は起きないってことで…」
かなりシドロモドロ…会場は大爆笑。
王子のトーク、本音やブラックが多いですからねえ。

で、結局言いたかったのは
「大きな事件とかは起きないけど、
自分や自分の周りの人に重ねあわせやすい映画だと思う。
この映画を観て何かを感じて
エネルギーにして欲しい」ということでした。

はい、とても楽しいご挨拶でした。
王子、ありがとう♪

コメント

  1. ややや より:

    おー、王子、そんなに素敵だったのね。
    背が高くて何でも似合うけど、
    細身のパンツは本当に似合いそう。
    『キャンディード』で引き締まって、ますます
    スタイルが良くなっているしね。

    コンサートのお衣装も楽しみだわ♪

  2. sasa より:

    あまりのかっこよさに感動したよ。
    シャツも結構肌にぴたっとしてて腕が細かった。
    きっとニイロ兄さんみたいなピチピチパンツも似合うと思うけど
    キャラが違うしね。

    コンサートはミュージカル仕立ての部のお衣装がどんなものかしら?

  3. hiro より:

    レポありがとうございます!
    芳雄くんのその失言。。目に浮かびます~あはは。。。
    昨夜遅くブログがアップされていましたので、衣装も見ました。
    スタイリストさんが選んでくださったのでしょうね。素敵です!
    明日からいよいよ「ドラロマ」が始まりますね。
    せっかくの帰郷も、とんぼ返りでちょっと可哀そう・・・

  4. sasa より:

    ★hiroさん
    はい、この失言シーン、かなり盛り上がりました。
    おかげで客席もリラックスして、みんなで上映を楽しむ雰囲気になりましたし。
    あの重ね着テクはスタイリストさんでしょうね。
    かなりの枚数の重ね着でしたから。

    ばたばたの帰郷だったようで、実際
    「さっき着いたので、ここがどこかよくわからなくなってました」だそうです。
    もう明日には新公演なんですね。人気者は大変!
    黒一点、どんなSHOWになるのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました