ソナチネ

sonatinen

先日のレッスンでソナチネを弾いている時、
先生「ソナチネ結構好きやろ?」
長男「うん」
先生「そうやろうねえ。好きやけん音が違うもん。」

え〜!!そうなの〜?

ササも子ども時代にソナチネ弾いたけど、好きじゃなかった。
なんといっても、あの文字の小ささ、ちまちました大量の譜にウンザリだった。
ロマンチックな曲でもないしさあ。
淡々と譜を読んで弾いてるけど、長男もきっとつまんないだろうなあと思ってたの。

ところが、譜の量は多いけどわかりやすいし、
その通りに弾けばいい感じになるし、
速く弾くのが楽しいんだって。
速弾きが好きってところは男の子だからかなあ?
メトロノームと競うように弾くの、楽しんでるらしい。

ふ〜ん、そうかあ。
残念ながら、ピアノの音色から長男の心情は汲み取れなかったわ。

ソナチネになった時にお月謝がアップしたので、
きっとソナチネってピアノを習う上で大事な通過点なんだろうね。

コメント

  1. taki より:

    ソナチネが好きってのは男の子っぽいのかもね。
    速く弾くのが楽しいってあたりも。
    男子って、ドリルみたいに淡々と仕上げるのが得意よね。公文とか。
    公文といえば、中学の頃、公文で数学がずっと先まで進んでて
    数学だけ特別よく出来たKくんっていう小さい男の子がいたねっ!♪

    部活とピアノ、出来るだけ両立できるといいね。
    あ、両立って普通勉強と両立か!

  2. sasa より:

    「子犬のワルツ」もかなりの速さよ。
    でも、ショパンよりソナチネの方が圧倒的に速いらしい。

    公文やってたかどうかは覚えてないけど、小さいKくんというのは
    takiちゃんのこと好きだった、笑顔のかわいいKくん?

  3. taki より:

    ホラ、あなたの好きだった可愛いKBくんよ♪
    この会話、中学生レベルじゃないの
    お互いもう子供が中学生だっていうのに。

  4. sasa より:

    私がすっかり忘れてたこと、よく覚えてるね。
    汗出たよ…。

    長男、その手の話は全くしてくれないのよねえ。
    女には興味ない姿勢を装ってます。
    中学生なんだから、そんなはずないんだが…。

タイトルとURLをコピーしました