『キャンデイード』記事@朝日新聞

asahi

実家からもらってきました朝日新聞6月3日夕刊の『キャンディード』記事です。
朝日新聞のHPでも同じ内容が見られるけどね。

確かに王子、あごのラインと首なんかが痩せてる?
『母』を読んだばかりなだけに、多喜二に見えたりして。
記念すべき10周年の舞台ですからね。
今日は貸し切り公演でお祝いしてもらったのかな。
見事なルックスと美しい歌声、表現力・演技力も兼ね備え、
次々に新しい役に挑戦し、
10年間、人気実力ともにトップを走り続けているのは素晴らしいことです。

『キャンディード』レビューをいくつか見る限り、評判もよく、
新妻聖子ちゃんの歌が絶賛されているのも嬉しい。
記事の聖子ちゃんコメントは「きちんとしたキャラクターを提示したい」。
はい、聖子ちゃんいつもきちんしっかり者ですね。

コメント

  1. hiro より:

    行ってきました「キャンディード」
    18世紀の身分制度や奴隷制度が残る時代。パングロスから「楽天主義」の教えをうけ、後にマーティンから「悲観主義」の教えをうけるキャンディード。
    純真ゆえに人を疑わず、クネゴンデを好きになってお城を追い出されて放浪の旅に出る。国々におきる天変地異、宗教裁判、戦争、伝染病・・・その時々に出会うことを学び、精いっぱいに生き抜き、最後には人から教えられた思想ではなく、自分で大切なことは何かと気づく物語。
    難しい役だとは思いますが、芳雄くんも「自分自身のこの10年とキャンディードの旅の道程が重なる」と言っているように今ぴったりな役だと思いました。
    ミュージカルというのとまた違った感じの舞台でした。この時代の宗教、思想をよく知ってから見るともっと理解が深まるのだと思います。
    が、思っていたよりわかりやすく、この世界に入りやすかったです。
    舞台装置は簡素で、円環に木箱(いろんなものに変化)くらい。キャンディードはよく動く(痩せるはずです)
    市村さんは物語の進行役ヴォルテールと家庭教師パングロスの二役。出ずっぱりで膨大な台詞に驚きます。
    聖子ちゃんの歌は素晴らしいです。ブラボー!
    見応え十分な3時間20分の舞台。

    FC貸切のため終演後イベントがあり、(森光子さんからの花束を抱えた)新納さんがゲストでした。プライベートでも仲のよい二人ですから想像できると思いますが、楽しいトークでした。
    昨日は一番後ろの席に芳雄くんのご両親もいらしていました。帝劇が息子のファンで埋め尽くされているなんて、どんなお気持ちでしょうね。

    プログラムで少し勉強して、19日もう一度よく観たいと思います。
    来年3月ウェディングシンガー再演決定しました!

  2. ややや より:

    sasaさんより前に失礼します。hiroさんの書き込みを読んで、
    『キャンディード』がますます楽しみになってきましたよ。

    9月の王子コンサートはちゃんと仕事を休めるように、7月に
    雑用を引き受け、「9月○日はどーしても休まないといけない
    からっ」と宣言済みです。

  3. sasa より:

    ★hiroさんへ
    詳しいレビューありがとうございます。
    キャンディードの成長のお話に重なるような
    めくるめく旅のような10年間だったのでしょう。
    お話は思想など凝っているので難しそうかなと思っていましたが、
    わかりやすいんですね。
    新妻聖子ちゃんもやっぱり素晴らしかったんだ。
    相当ハードな歌だと聞いているので、千秋楽まで声が無事であることを願います。
    1回の観劇で満足だったということは2回目はますます期待できますね。
    きっと新しい発見満載なことでしょう♪

    森光子さん、ジャニーズじゃないのにファンなのでしょうか?
    ニイロ兄さんはエリザベート以来の仲だから、駆けつけてくれたんですね。
    ニイロブログに、2ショットで登場してます。
    ルドルフとトートダンサーの衣装付き。
    楽しいトークだったでしょうねえ。

    はあ〜、観る予定が全くないだけにため息が出ます…。

  4. sasa より:

    ★ややちゃん
    評判良いから楽しみよねえ。
    いいなあいいなあ。
    秋の遠征を少しセーブして2回に分けるべきだったかと思い直したりして。
    コンサートのお席がいいといいなあ。

タイトルとURLをコピーしました