映画『アリス・イン・ワンダーランド』

Alice2

公開から1ヶ月以上も経って、昨日やっと観ました
『アリス・イン・ワンダーランド』。
超話題の映画って期待しすぎることがあるから注意注意!

ストーリー的には大感動!とか大泣き!というものではないので、
キャラクターとか映像の美しさ、それにヘレナとジョニデを楽しみます。
ヘレナ・ボナム・カーターは大好きな女優さんなのに、
『猿の惑星』以降、こんな奇妙な役ばっかり。
今回も頭が異常に大きい「赤の女王」です。
ササにとって、ヘレナといえば『眺めのいい部屋』。
上品なドレスを着たお嬢様役がとても素敵だったのです。
実際、上流階級出身だしね。
今回またまたおかしなキャラクターにさせられて、最初はムッときてたんだけど、
ずーっと見てるとあれれ?意外に愛らしく見えてくる。
仲間に見捨てられてショボンとしたところなんか、特にかわゆし。

そしてジョニー・デップは相変わらず特殊なメイクがよくお似合い。
それでいて、少年のようにかわいいのは、相当な美形だからよね。
マッド・ハッターは最初、善人か悪人か判別し難かったけど、
見た目の奇怪さと違って性格はいたって普通。
ジョニデが演じるからには、一筋縄でいかない人格であって欲しかったな。

アリス役のミア・ワシコウスカは、ほんと美人さんだけど、ちょっとクールすぎる印象。
ファンタジーとかワンダーランドとかいう空想めいたキャラクターには
現実的すぎる気がしました。

そして、これって結構常識らしいんだけど、
3Dで観たければ吹き替え、字幕で観たければ2Dなんですね。
(3Dで字幕を読むと酔うから)
ジョニデやアラン・リックマンの声が聞きたいながらも今回は3D吹き替え版を選択し、
映像がきれいだから飛び出す絵本のようでよかったけど、
さすがに3Dメガネで見続けるのは目が疲れます。

あれだけ完成度の高い作品だから、きっとね、
もっと細部にわたっていろんな趣向が凝らされていたと思うの。
ミュージカルではないけれど、1回ではほとんど見落としてるんだろうなあ
と思うと悔しい…。
吹き替え2Dでもう一度観たいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました