劇団四季『エビータ』

evita1

いやあ、今日はほんっと家から一歩も出ずにダラダラ過ごすつもりだったのよ。
それがさあ、今朝ネットをチェックしたら
・なんと!最前センターのお席
・それも大幅ディスカウント
のチケットをみつけちゃったのよ。
もともと
・大好きなアンドリュー・ロイド・ウェバー作品である
・この作品を最後に四季はシティ劇場を撤退する
・野村玲子さんを初見できる
から、C席でも取ろうかと迷ってたし。

言い訳はこのくらいでいいかしら?
結局のところ観に行ったわけよ。

◆日時:2010年5月3日(月・祝)13:00
◆場所:福岡シティ劇場
◆キャスト
evita2

感想はね、思い切って行って正解でした。
やっぱりササはアンドリュー・ロイド・ウェバーの作品が好き☆
どの曲もすんなりといかずひねりが効いてるの。
アンドリューさん意地悪してるの?っていうくらい、音の上下移動が凄まじい。
その分、聞いてる方は予想できないところに転がるメロディーを楽しめるし、
キャスト同士の歌の掛け合いも絶妙。

野村玲子さんについては、あんまりいい評判聞かないけど、
ササは好きでしたよ。
あんなに難しい歌を正確に歌える人ってそうそういないんじゃないかな。
確かに見た目の高齢感は拭えないし、声が少し割れてるような気もしたけど、
オペラ座のクリスティーヌ演じる訳じゃないんだから、
多少年齢いってても気にならないし、強く風格ある方がいいと思う。

そして、チェの芝さん、歌の上手さも存在感も素晴らしいですね。
黙ってエビータやペロンの様子をうかがっている時も、
なにか企んでいるようないやらしく怪しい立ち姿。

やっぱりササはCFYのようなただただ面白おかしい作品より、
このくらいストーリー性のあるミュージカルが好きだなあ。
それに最前列というのは、
ほんの2m先くらいで役者さんたちが全身全霊で演じているのを
目の当たりにするわけですから、
当然こちらに届くパワーが違います。

今日はありがたいご縁に感謝☆でした。

コメント

  1. ゆう より:

    こんばんは
    真夜中ですね
    エビータ良いお席で見ることが出来てよかったですね
    舞台から近いとささやき声や足音そして空気の動きが感じられますよね
    1日に私も下手サブセンター最前列でみましたが芝さんの細かい演技と歌声に感動しました
    高木さんがアンサンブルになってから舞台の隅にいましたが一市民としてエビータの歌に涙して歌っている姿に私も涙してしまいました
    暗闇の中でしたのにライトの加減で涙が落ちる姿はとても美しかったです
    高木さんの歌声もホントに綺麗なソプラノですね
    くせになるアンドリュー・ロイド=ウェバーなのでCD購入して帰りました

  2. sasa より:

    おはようございます。
    ゆうさん夜更かしさんですね、「夜型ですから〜(byクロロック)」かな?

    『エビータ』同僚たちからの評判はあんまり良くなかったんですよ。
    展開が早すぎるとか、歌が聞き取りにくいとか。
    でもそんなことは全くなく楽しめました。
    『オペラ座の怪人』はかなり聴き込んでいるので、複雑な旋律にもついていけたのかも。

    四季に詳しくないので、センターに立ったかわいらしい女性の歌をなんとなく聴き始めると
    歌声の美しさにびっくりしました。
    アンサンブルにもいらっしゃったんですね。
    みなさんの顔をおひとりずつ観たつもりですが気づきませんでした。

    芝さんも評判通りの素晴らしさ。
    他の方が歌っている時もついつい芝さんの様子を確認してしまいました。
    いやらしい表情がいいですねえ。

    やっぱり最前のお席は格別なもの。
    シティ劇場で貴重な観劇ができました☆

    追伸:そうそう、まだ発表がないですよね?何故かなあ?

タイトルとURLをコピーしました