ミュージカル『ブラッド・ブラザーズ』2回目

bloodbrothers1

■日時:2010年4月27日(火)13:00
◆会場:博多座
◆出演:藤岡正明、田代万里生、鈴木亜美、金志賢、下村尊則ほか

『ブラッド・ブラザーズ』2回目、藤岡×田代のヤングチームです。

やっぱ2回目って全然違うわぁ。
1回目はね、お話を理解しようと頭が一生懸命考えている状態。
きっと観る方としてもそれなりに緊張してるんだと思う。
それが、2回目は余裕ができてゆったり感じる体勢なの。
だから台詞が頭ではなくて、心にしみ入るって感じ。

で、今回の注目はヤングチームのミッキー&エディ。
ミッキー藤岡くんはサイゴンのクリスで観ていて、
風貌がごっついのが苦手だけど、声はかなり好き♪
今日も子どもにしてはがっしりした体格が気になりつつも
声が良いし歌が上手。
Wの相手が武田真治くんだから厳しいだろうなあと思ってたけど
結構迫ってましたよ。

そしてエディ田代万里生くん、ササ初めてお目にかかります。
さすがに若いので、7歳の役が岡田さんよりずっと自然。
目の色も青いんじゃないかと思うくらいイギリス人の役が似合ってます。
笑うとね、すっごく大きな可愛らしいエクボが出来るのです。
で、歌は2幕にソロが1曲だけあって、これがねえ…
ホンモノが本気出すと違うぞ!というところをみせつけてくれました。
歌を専門にやるってこういうことなのねって。
特に高音が高貴な美しさ!
王子から浮気する気は毛頭ありませんが、
王子の次を行くのは万里生くんに間違いないでしょう。
実際『エリザベート』のルドルフに入ってるしね。

もともと歌が少ないし、派手さもないのですが、
どの曲もメロディが素敵。
耳によく残ります。
子どもたちがワイワイ歌う「指をクロスにして〜♪」の歌なんて結構お気に入り。
ササも、ふと気づくと指をクロスにしてたりします。

1回目では見えてなかったこと、聞こえてなかった台詞が
今日はいっぱい入ってきました。
観劇は回を重ねる事が大切だと再確認。

コメント

  1. hiro より:

    >観劇は回を重ねることが大切
    わかりますぅ・・そのとおりですね!
    1回目は観ることに力が入って、かえって見落としてるところがあったり
    します。2回目以降は本当に台詞のひとつひとつが「あ~こういうこと!」
    と納得したり、余裕をもって楽しめたり。

    万里生くんもやはりお上手なんですね!
    お顔が好みではないのですが(失礼!)歌の上手さは確かだと聞いていま
    した。前に芳雄くんブログで「芸大の後輩」と肩を組んでるお写真を見ま
    したが、お顔が小さいですよね。

  2. sasa より:

    昨日、「こんなシーン初めて見た」とか
    「この台詞初めて聞いた」とかいうことが多く、
    それって1回目にちゃんと観られてないってことですもんね。
    今回は2回だけだったので、その先にはもっと感動の世界が広がっていたはずなのですが…。

    万里生くんは高音が輝くような美しさで、
    こんなに歌の少ない作品は気の毒なくらいでした。
    唯一のソロでは、ご本人も、ここは自分の見せ場だ!
    とシャキンっと顔つきも変わってました。
    入り待ちの時の写真を見せてもらったのですが、
    若者らしいラフなスタイルはいい感じでしたよ。
    あ、でも浮気はしません。

タイトルとURLをコピーしました