映画『NINE』

NINE

昨日はね、もう1本楽しみにしていた映画を観ました。
ミュージカル映画『NINE』。
去年、新妻聖子ちゃん、シルヴィア姐さんによる
ミュージカルも上演されましたね。

こちらはねえ、華やかな世界を期待してたら、
辛かった、苦しかった。
昔は数々の名作を作り出したものの、
今やスランプのグイド・コンティーニ監督が
新しい映画の製作に入るのですが、
アイデアが浮かばない、脚本が書けない。
愛する女性たちの力を借りてもダメで、
結局みんな離れていってしまう…。
途中に歌や踊りのシーンが入ってても、
話の核は彼の心の葛藤だから
追いつめられてキツイわ。

そんなツライ内容ですが、
出演者のみなさんはほんと素晴らしかった。
グイド役のダニエル・デイ・ルイス、
歳を重ねてますますイカしてます。
身のこなしも軽いし、歌も上手なのね。
ペネロペ・クルスは猫のようにしなやかな。
あんなに無邪気にニャアニャア甘えられたら、
そりゃあグイドも惚れますわ。
ケイト・ハドソンは初見でしたが、あんなに踊れるんだ。
ニコール・キッドマンは圧倒的に美しいわあ。

あれ?そういえば、ペネロペとニコールが共演って
大丈夫なのかしら?
一緒のシーンはなかったから撮影では会わなかったのかな?
な〜んてゴシップ的なことも考えたりして。

往年の仲間役のジュディ・ディンチはさすが。
グイドに対する大きな愛が感じられます。
そして、妻役のマリオン・コティヤールは
映画『エディット・ピアフ』の時あまりに役に入り込んでて怖かったけど、
品があってほんとに美しい女優さんね。
目元が深くて彫刻のようだったわ。

そして、そんなみなさんの歌とダンスが素晴らしいこと!
だって、普段は普通の動きと台詞だけで演じてるじゃない?
映画『スィニートッド』でジョニー・デップとヘレナ・ボナム・カーターの
歌が上手なことにもびっくりしたけど、
俳優さんってみなさんこんなに歌えるものなの?
やっぱり演じる力があると歌でも表現できるってことかなあ。

と、ストーリーは辛くて、
ぱあっと心の晴れる、明るいミュージカルではなかったけど、
豪華キャストのゴージャスなパワーには感嘆する映画でした。

コメント

  1. ややや より:

    ゴージャスなだけじゃなくて、それぞれの役者さんが
    役にはまっていて素晴らしいよね。ケイト・ハドソンが
    踊れるのには、私もびっくり。しかも、あの衣装は
    5キロくらいあったらしい。あのメンバーの中で大女優
    役だった二コールのオーラもすごかった。

  2. sasa より:

    みなさんそれぞれの魅力を競いあうように出してたよね。
    ニコールは近づき難い程の美しさだった。
    どんどんきれいになるね。
    松岡くんがグイドをどんな風に演じたのか気になる。

タイトルとURLをコピーしました