劇団四季『キャッツ』

cats1

◆日時:2010年3月27日(土) 17:30開演
◆会場:キャノン・キャッツ・シアタ-
◆キャスト:
cats2

『キャッツ』は当時小学4年生だった王子が観たのと同じ百道浜のテントと
ロンドンで計2回は観たことあるんだけど、
正直なところ全く覚えてないの。
それくらい感動しなかったってこと。
だから、福岡シティ劇場での公演も一度も行ってません。
これが大失敗、悔やんでも悔やみきれない。
だってシャオチャンが出演してたはずだから。

退団した今となっては、
もちろんシャオチャン出演の『キャッツ』を観ることはかないませんが、
それでも1100回以上演じたというミストフェリーズをどうしても観てみたい!
ということで、横浜キャッツシアター行って来ました。

ミュージカルって、一回目はストーリーを追うのに必死で終わってしまうことがよくあります。
二回目以降、いろいろなものが見えて来て感動につながっていくのね。
その後はもう中毒状態。
今回はたった一度のチャンスなので、万全の予習でのぞみましたよ。
何度もCDを聴いて、曲順もストーリーも覚えたし、猫たちの特徴もおおかた把握。

その甲斐あって、迷うことなく感動の域に入っていけました。
こんなに素敵な曲とダンスなのに、
なんで前回は感動しなかったのかなあと不思議。

で、お目当てのミストフェリーズですが…主役級の猫なのね。
ほとんどセンターにいるし、ソロも長い。
華があって人気者。

今回演じていたのは松島勇気さん。
パンフレットによると、小さい頃からバレエを習っていたそうです。
じゃないと、あんなにクルクルまわれないよね。

とはいえさあ…
シャオチャンミストの方が格段上だったろうことは容易に想像できちゃうのよ。
松島さんはピルエットの頭の部分が少し傾いていてあんまりきれいじゃないの。
シャオチャンの軸はまっすぐだからね。
クルクルクルクルnotitle168 さぞや美しかったろうと思うわ。
V字開脚もジャンプの時のバネが違うのよ。

あ〜、シャオチャンのミストを観なかったことが
返す返すも悔やまれる〜!

コメント

  1. ゆう より:

    こんばんは

    キャツツのレポートありがとうございました
    私は初演の時に二回見ましたが記憶に残っていたのはメモリーのシーンと鉄道猫のシーン
    舞台のゴミゴミしたところ猫が近くにやって来た事
    ミストフェリーズは残念ながら記憶には残ってませんでした
    五反田でキャツツをしていた時に行っていたらと後悔しましたよ

    ミュージカルは何度か観るうちにその隠れた面白さに気付き虜になってしまいますね

    シャオチャンが取り持つ縁
    不思議です
    ミストフェリーズはマジシャン猫
    シャオチャンもマジックを使って出会いを作り出して下さっていると想像してしまいました

    博多座でお目にかかれるのを楽しみにしてます

  2. sasa より:

    おはようございます。
    『キャッツ』のレポというより「シャオチャンミストを想う」記事
    になってしまいましたね。
    まあ、仕方ないか。

    私も、2回観ていてミストフェリーズの記憶が全くないのは不思議です。
    あんなに目立つスター的存在なのに。

    今回は不思議なご縁にビックリですね。
    「V」ファンという方はいても、いずみんだったり新上さんだったり。
    まさしく直球シャオチャンファンは初めてです。
    私も楽しみにしてます♪

タイトルとURLをコピーしました