胃カメラ

不調が長かったので、先週、胃カメラ検査を受けました。
確か以前も一度、喉から入れたことある気がするのですが、
今回はカメラを鼻から挿入する「経鼻内視鏡検査」。

胃の中をきれいにしたり、鼻から喉を局所麻酔したりした後、内視鏡を挿入。
先生が少しずつ奥にカメラを挿入し、
モニター画像を見ながら説明してくださいます。

事前にもらった案内には、「経鼻内視鏡検査のメリット」として
1、苦しくない
2、検査中に医師と会話ができる
3、すぐに日常生活に戻れる
って書いてあったけど、
十分苦しかったよ〜。
苦しいから、先生とお話なんかできなかったよ〜。

まあ、体の中に異物を入れるんだから、気持ち悪いのは当たり前だよね。

検査の結果、胃にはどこも異常はなく、
先生も「きれいな胃です」と太鼓判。
何事もなくて良かったです♪

P1010571

コメント

  1. taki より:

    鼻から入れる胃カメラなんてあるのねぇ!
    しかし胃カメラ飲んでみようかなって思うくらい、ホントに調子悪かったんだねぇ。
    いつ病気や故障が来てもおかしくない年齢になっちゃったし
    検査は大切ね。
    とりあえずきれいな胃確認おめでとう!

  2. sasa より:

    ありがとう。
    喉から入れると舌の付け根にあたるから、
    鼻の方が楽っていう話なんだけど、
    そうかなあ。
    苦しくていっぱいいっぱいで、先生が説明してくれてても
    返事ができるかどうかくらいだったよ。

タイトルとURLをコピーしました