博多座『ナイツテイルー騎士物語ー』


■日時:2021年11月27日(土)12:30
1幕80分 休憩30分 2幕80分
■会場:博多座F列
■出演:アーサイト 堂本光一
パラモン 井上芳雄
エミーリア 音月 桂
牢番の娘 上白石萌音
シーシアス 岸 祐二
ジェロルド 大澄賢也
ヒポリタ 島田歌穂

折井理子 七瀬りりこ 水野貴以 小西のりゆき 中井智彦
神田恭兵松野乃知
石井亜早実/咲花莉帆/遠藤 令/富田亜希/門間めい
知念紗耶/酒井比那/尾久葉優衣/原 梓
柴田実奈/田中真由/萬谷法英/広瀬斗史輝
山科諒馬/樋口祥久/後藤裕磨/茶谷健太
シュート・チェン/前山義貴/東問一貴/中野太一

初演で大阪まで見に行って感動した記憶はあるけど、
いやあ、やっぱりこれは名作ですね。
王子と光一くんのダブルキャストがキラキラだし、
次から次に名曲オンパレード。

オープニングは長尺とってなかなか始まらない。
待って待って…た~っぷり時間をかけて
じゃじゃ~ん!光り輝くオープニングです。
涙出できたよ。

なにせ2列目なので王子の表情もよく見えて、
最初から最後まで嬉しそう楽しそうなのよ。
この作品、窮地でも辛くはないもんね。
いい意味で内容がお気楽な作品。

最初は王子だけ見てたんだけどね、
まあ、王子はとにかく目立つところにいるから安心。
神田くんを探し、松野くんを確認し、
新たにお友達に山科さんをおすすめされたもんだから
目が足りない。大忙し。
2列目なのにオペラグラスで端から端まで確認。

まあ、これは前回と同じ感想ですけど、
二人で歌わせるのは光一くんに酷じゃない?
王子のふわっと大きく響かせる歌声に対して、
光一くんの歌はふつうの歌手。
王子が気を遣いながらうまく調和させてるのがわかる~
王子の度量の大きさも感じるよね。
ごめんねえ、差をみせつけちゃって。
我らが王子は堂々たるトップです。

で、他にもお楽しみはいっぱいで、
確か上白石萌音ちゃんが歌だけじゃなくてダンスも上手だったよねえ、
あれって気のせいかなあと思ってたら
いやはや、やっぱり踊れるじゃん!
歌も上下のアップダウンが大きい難曲なのに
音程しっかりしてて、何よりそれを自然に歌ってしまうところがすごい。
たとえるとすれば、松たか子さんのような自然な上手さ。
台詞も朝ドラの時とは全然違うの。
歌もダンスもお芝居も実力ある女優さんだなあ。

雄鹿の松野さんはGQ組なのでご贔屓ですが、
期待通りの美しさ。
途中で、後方で開脚しながらうんうんと話を聞いてるシーンがあるのですが、
そこがまたしなやかで可愛い。
森で王子と顔とつきあわせるとことろも
二人でえっ?となって楽しい。

神田くんは重要な家臣役で活躍するのだけど、
ダンスシーンなどを見守る方で参加しないのが残念。
台詞が多いのは嬉しいね。

山科さんは今回お友達からおすすめされたのですが、
バレエダンサー、元ミストフェリーズ客演
というので期待☆
その通りに、前半でかなりピルエットが多く、
細身というよりしっかりした体格で
しっかりした軸でくるくる回転がきれい。

光一くんは、ダンスでエミーリアの結婚相手を競うシーンがあるのですが、
んん?ダンス揃ってないぞ、
ソロのダンスもう~ん…
いや、そんなはずないよね、
ジャニーズだし。
わざとずらしてるのかな?
お辞儀の腰の下がり方も、脚を高く上げるのも
王子の方が柔らかかったぞ。

音月さんは村人と一緒にちょっとだけダンスするのですが、
ほんのちょっとなのに、明らかに形が綺麗。
もっと踊ってほしい。

カテコでは王子、お決まりの博多弁大サービス
「~しとろ?」はまだしも
「好いとう」とか「帰ってきたばい」とかは
福岡におる時から言ったことなかろ?
と突っ込みたくなる。

奮発してA席1回だけにしたけど、
概要理解してからの感動なんだよなあ。
堪能するにはリピが必須。

コメント

タイトルとURLをコピーしました