ギンギラ太陽’s「おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!」


■日時:2021年8月26日(木)18:30
■会場:イムズホール
■演出・作・出演:大塚ムネト
■出演:上田裕子 杉山英美 宗真樹子(劇団きらら) 福澤究
大城真和(Aプロ) 松尾佳苗 関岡マーク 他

8月31日でイムズが閉館します。
地元福岡の被り物劇団ギンギラ太陽’sが
思い出のイムズホールで
イムズへの感謝を込めて、イムズ全面協力の公演。

こんな時期ですが、4日間のチケットはほぼ完売で、
別れを惜しむ中高年観客の多い観劇となりました。

いつものように、事実をしっかり調べた上でのお話なので
ほ~と知らなかった事実に驚かされる。

あの地に何を作るかのコンペがあって
数社の中から「モノ」ではなく「コト」を発信する
というコンセプトで選ばれたらしい。

イムズはsasaが大学4年生の時にできて、
入社した会社から近かったことと
広告関係の仕事だったので
思い出深いビルです。

大塚さんにとっても、地元に根付いたネタを試行錯誤している時に
イムズマンを思いつき、
イムズに無許可で公演。
それを何も言わずにいてくれたイムズあってこその劇団だと
大感謝。
今回の脚本についても、イムズの古い資料も公開して
協力してもらったそうです。

イムズとソラリアが兄弟分のような関係で
天神の未来をソラリアに託していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました