オリンピック5日目☆体操男子個人総合

また体操、それも橋本君について。
日本チームから個人総合に進んだのは
橋本くんと北園くん。
4人のメンバーから若い方の2人。

予選1位の橋本くんには期待がかかります。
床を伸び伸びと
あん馬もダイナミックに
吊り輪がなぜか減点され
跳馬は着地がラインから出る。
平行棒も大きくて美しい。
落下も大ミスもなく着実に演技を進めていく。

今回知りましたが、この順番が「正」であり、
これができるのは上位者だけらしい。

で、最後の種目は得意だけど失敗もありうる鉄棒。
この時点で、中国肖若騰選手が1位。
鉄棒で予選と同じ点数を出せば逆転できるけど、
なにがあるかわからいし、
緊張して見守る。

橋本くんは大きいから
離れ業の時、鉄棒から大きく離れて
見ている方は心配になる。
でも、確実に鉄棒を掴んで、
着地が一歩出たものの無事終了。

この時点で、すでに優勝を確信。
日の丸を背に掲げています。

点数が出た!
着地が予選ほどの出来ではなかったものの
高得点で逆転優勝!

実は北園くんも追い上げてきていて6位。
インタビューでは、ほんとはメダル狙っていたって。
オリンピックに出る人は
当たり前にテッペンを目指すものなのね。

とはいえ、ちょくちょく富田コーチがいないか探るのですが、
今や審査員だったのね。
スーツを着て、あの静かな佇まいで
マスクから優し気な目だけ見えて
審査員席に座っていらっしゃいました。

今、順天堂大の先生だから
橋本くんのことも指導してるってことね。
「美しい体操」を受け継いでいくのかも。

で、Twitterで世の反応を読んでみると
sasaと同じく、アテネの富田選手の鉄棒が頭に浮かんだ人の多いこと。
NHKの刈屋富士雄アナの「栄光への架け橋かけるのは…」
の実況とともに、富田選手が放物線を描く、
17年経っても、みんな覚えてるのねえ。
それくらい名シーンだったのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました